【インタビュー】解散直前の「バニラビーンズ」最後までバニビらしく

【インタビュー】解散直前の「バニラビーンズ」最後までバニビらしく

【インタビュー】解散直前の「バニラ
ビーンズ」最後までバニビらしく

リサの人生初○○!
──まずは、リアルセレブのリサさんの9月27日のツイッターを読んでビックリしたんですけど、人生初のラーメンを食べたと。
リサ「食べました!」
──しょうゆラーメンの写真がアップされていましたが、お味はいかがでしたか?
リサ「思ったより美味しいぐらいで、それほど衝撃はなかったなぁと思ったんですけど(笑)
20代のうちに済ませておいてよかったなぁと思います。」
──ちなみに、カップラーメンを食べたことは?
リサ「ないです。」
──ラーメンの他に、これはまだ食べたことがないなぁというものはありますか?
リサ「回転寿司はないです。」
──私は逆に回ってない寿司の方がないです(笑)。牛丼は?
リサ「吉野家の牛丼を、父親が株主なので優待券が大量に届いて、高校生の時、友達と1回だけ行きました。それっきりです(笑)」

解散発表のコメントは2ヶ月かけて、ギリギリまで考えました
──8月1日に解散発表がありました。公式コメントから一部を抜粋させていただきます。
レナさんは「みんな、ごめんね。バニラビーンズを守りきれませんでした。」と。
レナ「その解散発表のコメントは2ヶ月かけて、ギリギリまで考えました。5月30日に(解散を)言われたんですけど、その日に1回書いていて、そこからだいぶ変えました。
でも、終わっちゃうけど、音楽は残り続けますって、どうにか自分を言い聞かせて。自分に向けて書いたような文章になったんですけど、ファンの方がどういうふうに受け取ってくれたかっていうのは、怖くて聞けないです。」
──リサさんは「素直な気持ちと向き合うと、今は大きな寂しさと、そこに見え隠れする悔しさで心がいっぱい」と。
リサ「解散が決まってから発表までは2ヶ月ぐらいあったので、悲しいという気持ちはなくて。
それよりも、今までいた場所だったり、一緒にやってきた人たちだったりとか、会いに来てくれるファンの人たちに会えなくなると思うと、寂しさの方が圧倒的に大きいなと思って、素直な気持ちをシンプルに書きました。」

解散9日前の心境
──解散発表直後に「TIF」がありました。2010年の第1回から皆勤賞のバニビさんにとっては、特別な思いがあったんじゃないかなと思います。最後のTIFはいかがでしたか?
レナ「また来年もバニラビーンズは出るんじゃないかと思わせるようなパフォーマンスが出来たかなと思います。
唯一、『来年もまた会いましょう』って言えなかったことが悔しかったんですけど、『これからもTIFは続くので、来年もまた遊びに来て下さいね』って、私たちが言えることはそれが一番かなって思ったので、それを言って、ハケました。」
リサ「夏は必ずTIFでライブをして、汗をかいて、ヘトヘトになるのが恒例行事だったので、それも最後なんだと思うと、やっぱり寂しさはありました。でも、いい夏を過ごしてきたなと、ライブをしていて思いました。」
──ファンの方からは、どんなことを言われましたか?
レナ「私たちが、どちらかというと、あっけらかんとしていて、『解散しまーす!』『えーっ!?』みたいなMCをしちゃうので、お客さんも、自分たちもしっかりしなきゃって思ったのか、そんなに悲しい感じで声をかけてくる人はほとんどいなくて、『お疲れ様』って言われるのが多かったです。
『11年間アイドルでいてくれて、ありがとう』っていう言葉が一番多かったなぁっていう印象があります。」
──他のアイドルさんからは?
レナ「アプガのメンバーが、『バニビ姉さ~ん!』って来てくれて、みんな泣きそうな感じで、『何でやめちゃうの?』って言ってくれたことが印象に残っています。
あと、PASSPO☆ちゃんも、『解散組だね~』って。フィナーレの時、隣だったので。その時はしんみりしましたね。」
──PASSPO☆さんは9月22日、ベイビーレイズJAPANさんは9月24日に解散となりました。バニビさんはあと9日ですが、今の心境を聞かせて下さい。
レナ「この後、神戸のお客さんと対面するんですけど、顔を合わせるのが辛いなぁって、ステージに上がる前は気が重いです。ステージに上がったら大丈夫だと思うんですけど。
解散を発表した後は、自分たちが悲しいとか、寂しいとかよりも、今まで私たちの現場に来てくれていた人が、どうなっちゃうんだろうっていう心配の方が大きいんですよね。そのあたりのケアを大事にしていきたいです。」
──ファンの皆さんへの気遣いの方が気持ち的には勝っているわけですね。よく解散直前のアイドルの皆さんは「まだ実感がない」と、おっしゃることが多いんですけど。
レナ「実感がないのは同じですね。安室ちゃんがラストライブの直前に、『いよいよ時が来た』って言っていて、安室ちゃんですら、直前にならないと実感しないんだなと思って。
解散した後も実感がないかもしれないです。長期休暇ぐらいの感覚でいるのかなと思います。」
──リサさんはいかがでしょうか?
リサ「あと9日しかないのか、9日もあるのかっていうのがあって…。」
レナ「(深くうなずいて)うん。」
リサ「それは2ヶ月前と一緒だなって。あと2ヶ月しかない、いや2ヶ月もあるみたいな。
ありがたいことに、毎日のようにライブがあるので、それをひとつひとつ丁寧に、楽しんでいくしかないなと思っています。
(解散は)来月っていうイメージがあったから、まだまだ先だなと思っていたんですけど、あと9日って聞いて、意外とすぐだなって。時が来ている!と思いました(笑)」

アイドル人生で一番の親孝行
──9月24日、「イナズマロックフェス」に4年ぶり2回目の出演を果たしました。ステージの映像をチェックさせていただきましたが、そのMCでも、あっけらかんと「私たち解散しま~す!」みたいな(笑)
2人「(笑)」
──レナさんにとっては、地元の滋賀県でのラストライブになりました。
レナ「あのサブステージに2回出た人って、ほとんどいなくて、異例なんですよ。それは、事務所からも私たちからも、バニラビーンズ解散するのでって、お願いして、『イナズマも10周年だし、一緒に盛り上げて下さい!』っていうことで、出演させていただいたんです。
アイドル人生の中で一番の親孝行が出来たかなと。4年前も家族が観に来てくれたんですけど、お父さん、お母さん、お姉ちゃん、妹が。でも今年は甥っ子(妹の子ども)も来てくれて、まだ生まれて6ヶ月なんですけど、大きくなった時に、ライブ観たって言ってくれたら嬉しいなって。6ヶ月って覚えているものなんですかね?」
──覚えてないです(笑)
レナ「ショック~!(笑)」
リサ「(笑)」
レナ「ステージに出た時、妹が子どもを抱え上げていて、あっ!って、その瞬間は伯母になりました(笑)。それがすごく嬉しかったですね。時が経つと、家族も増える(笑)。もう思い残すことはないです。」
──主催の西川貴教さんからは何と言われましたか?
レナ「イナズマロックフェスは、1年目だけお仕事で観に行けなかったんですけど、2年目からは毎年プライベートで観に行っているんです。
西川さんからは、『イナズマのことも愛してくれているし、滋賀のことも大事にしてくれているから、最後に出てもらえてよかった。これからもイナズマよろしく!』っていう感じで、声をかけていただきました。」
──リサさんはいかがでしたか?
リサ「レナちゃんの地元なので、連れて行ってもらった感じです。そんなことがなかったら、出演させてもらえることもなかったと思いますし。
私は東京で生まれて、東京で育っているので、凱旋ライブって言える場所がないんです。あと、地元にはこんなにいいものがあるとか、ラジオに出て、『帰って来ました!』とか、そういうのが一切ないので、すごく羨ましいなと思いました。でも、その空間に一緒にいれたことが、すごく嬉しかったです。」

リサ「いつも夢があったから続けて来られた」
──ラストシングル『going my way』が9月18日に発売されました。
レナ「いつもお世話になっている関谷謙太郎さんに作詞していただきました。関谷さんはもともとバンドをされていて、そのバンドも解散しているんですけど、自分のバンドの時だったら書けない解散の悔しさとかが、今回私たちだったら書けるんじゃないかということで、お願いしました。
レコーディングの前日まで、落ちサビのところが決まらなかったらしくて、それくらい頭を悩ませて書いて下さった曲なんです。going my way、最後までバニビらしく行けっていうメッセージのプレゼントですよね。」
──『going my way』の好きな歌詞の部分を、おふたりそれぞれ教えて下さい。
レナ「私はその落ちサビの♪涙なんかいらない 似合わないわ 明日は明日の風が吹く どこへゆこうか♪の部分が好きです。一歩外から見ると、私たちって、こういうふうに見えているんだなって思いました。」

リサ「私は2番の♪憂鬱な雨にメランコリー うんざりはするけれど 世界はときどきファンタスティック 夢を持ち続けて♪という部分が好きです。
雨って悲しいこととか、紆余曲折、大変だったことの比喩だと思っていて、11年間それを乗り越えて来て、『世界はときどきファンタスティック』っていうのは、夢が叶ったりとか、そういう嬉しいこともあるんだよっていうことだと思っていて。
いつも夢があったから続けて来られたんだなと思っているので、この曲を聴いているみんなにも、どんな世界で生きていても、夢を持ち続けてほしいなっていう気持ちで歌っていますし、自分にも言い聞かせて歌っています。」

「君」か「あなた」で最後まで悩んだ
──カップリング曲の『ラストソング』の方も、好きな歌詞の部分を教えて下さい。
レナ「《ラストソング》は、私が歌詞のアイデアを作詞家さんと一緒に考えさせてもらって、選曲もさせてもらったんですけど、今までバニビのために書いてもらった曲のストックが何百曲もあるんですよ。
その中から絞っていって絞っていって、この曲にしたんですけど、たまたま《going my way》も作って下さった大隅知宇さんの曲で、これは縁があるなと。
歌詞のどこが好きっていうよりかは、最後まで悩んだところなんですけど、“君”っていう表現になっているんですよ。そこを“あなた”にしたいって、作詞家さんと話していて、“君”って突き放している感じがするなと思って。
でも、“あなた”にすると寄り過ぎるっていうか、“君”っていう言い方にしたからこそ、《ラストソング》っていう残酷なタイトルになっちゃっていますけど、バニラビーンズはラストだよっていうことを思い知らせたい、ちゃんと理解してもらいたいっていう思いで作った曲なので、なぜ“君”にしたかっていうところを読み取ってくれたらいいなと思います。
1回、“あなた”で歌った仮歌もあるんですけど、やっぱりちょっと寄り過ぎかなって。最後は寄らずに、ステージと客席っていう境界線があるっていうことも知ってもらいたかったから、“君”にしました。」

──リサさんが好きな歌詞の部分は?
リサ「♪はかなく消えるもの 心で全部 ギュッと憶えていよう♪です。
物も思い出だけど、見て来た景色とか、出会って来た人たちとか、はかないもの、アイドルもはかないものなので、重なるものがあるなと思って、そういうものも全部憶えておいてもらえたらなぁって思います。」

ラストライブも普段通りに
──10月6日に、Shibuya duo MUSIC EXCHANGEで、ラストワンマンライブが開催されます。どんなライブにしたいですか?
レナ「11年間のバニビの活動を振り返りつつ、解散した後も、バニラビーンズは続いていくんじゃないかというライブにしたいなと思っています。でも、普段通りのライブが出来ればと思います。」
リサ「特に最後というところにこだわらず、10周年のライブも同じ場所だったので、いつもどおりのライブを観てもらえたら、それでいいかなと思います。」
──その翌日の10月7日には「T-Palette Records Presents バニラビーンズに感謝祭」が新宿ReNYで開催されます。たくさんのアイドル仲間や、掟ポルシェさん、吉田豪さんらも駆け付けて下さるそうですが、こちらの見どころは?
レナ「最後までずっと出ずっぱりの、11年間で初めて主役になれる(笑)イベントになると思うので、これはもうT-Paletteさんが私たちを送り出してくれるお祭りですね。掟さんが言っていたんですけど、バニラビーンズは10月6日に解散して、7日に再結成するんだって(笑)」
リサ「一夜明けて再結成(笑)」
レナ「そういう感覚でやればいいよって言って下さっていたので、後夜祭的な感じで楽しんでいただければと思います。でも、他の出演者の皆さんが全員オープニングアクト扱いっていう謎のイベントです(笑)」
リサ「10月7日は、ピチカート・ファイヴ小西康陽さんと野宮真貴さんも来て下さるので、私たちも楽しみたいし、最後も華々しく、キラキラしたステージを、みんなに観てもらえたらいいなと思います。」

バニビ解散後の2人は?
──そして気になる解散後ですが、レナさんは個人で活動を続けるということで、こんな活動をしていきたいというビジョンはありますか?
レナ「今、アイドルがたくさんいるじゃないですか。アイドルの子がセカンドキャリアを、また芸能界で活動したい子のための、いいお手本になれるような、第二の人生を歩めたらいいなと。急がず、焦らず、ゆっくりと模索しながら、頑張っていこうかなと思います。」
──当面はMCのお仕事が中心になりそうですが、歌の方は?
レナ「今のところ予定はないんですけど、チャンスがあれば歌も歌えたらと思っています。」
──そしてリサさんは、芸能界からは引退されるのでしょうか?
リサ「そうですね。一人でやることに特にピンと来なくて。出来ることがあるかもしれないけど、絶対にこれがやりたいっていうのはなかったので、新しい世界に羽ばたいていこうと思います。とりあえず、旅に出ます(笑)」
──世界中を旅しながら、これからのことを考えようと?
リサ「自分探しを(笑)」
──SNSは続ける予定ですか?
リサ「そうですね。消したりはしないです。黒歴史みたいになっちゃうのはイヤなので。みんながいつでも見返せるように。」
──解散後も更新していただいて、今、どこで何をしているのか、人生初の回転寿司は食べたのかとか、いろいろ知れたらいいなと(笑)。では最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。
レナ「バニラビーンズの音楽は、本当にいい音楽なんです。歌詞を読み返すと、ウルッときたり、ほっこりもするし、前向きにもなれたり、自然とパワーが湧いてきたりする曲もたくさんあるので、UtaTenで歌詞を見ながら、聴いてほしいなと思います。
私たちの曲って、(歌い方の)感情がない分、歌詞が入って来ない、伝わりにくかったかなって思うので。これからもバニラビーンズの音楽は残り続けるので、ずっと聴き続けていただければと思います。
『ラストソング』にも、そういう思いを込めていますので、バニラビーンズのことを思い出してくれたら嬉しいです。11年間、ありがとうございました!」
リサ「まずは11年間、応援して下さった皆さん、ありがとうございました。音楽を通して、たくさんの人に出会えて、いろんな人に曲を聴いてもらえて、いろんな場所でライブを出来たことが、いい経験にもなりましたし、人間力も上げてもらったと思います。
歌っていうのは、メッセージだと思うので、みんながそれぞれのタイミングで、またバニビの曲をたまに聴いて、それぞれに思うことを、そのシチュエーションに合う音楽を取り入れてもらえれば嬉しいなって。
置き土産じゃないですけど(笑)。音楽として、メッセージを残していけるのは、いいお仕事をさせてもらったなと思います。11年間、ありがとうございました!」
インタビュー取材後、バニラビーンズは神戸でリリースイベントを行った。9月30日に大阪で開催予定だったリリースイベントが台風24号の影響で中止になり、これが関西でのラストライブとなった。この日も「私たち10月7日で解散しまーす」と、あっけらかんと話す2人。だが、その表情には、どこか寂しさが宿っていた。
最後に歌ったのは、2008年5月にリリースされたバニビの代名詞ともいえる『二コラ』。2人が10年以上歌い続けながらも、全く色褪せないこの曲。バニビならではの清涼感、せつなさに、心がギュッと締め付けられる。“しあわせなラストソング”だった。
「以上、バニラビーンズでした。アデュー。」
ラストライブも2人はいつもどおり、この言葉を残して、ステージを後にするだろう。私たちはその瞬間を、一緒に過ごした11年間を、“ギュッと憶えていよう”。
それが2人への「ありがとう」になるから。
TEXT&PHOTO:ポッター平井

プレゼント応募について
Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)アイドルUtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、アイドルUtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
10/22 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utaten_idolからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着