Beingグループ、『富士急ハイランド
絶叫アイドルオーディション』を開催

“Beingグループ”と総合格闘技パンクラスなど数々のイベントをプロデュースする“スマッシュ”がタッグを組み、2018年3月27日にグランドオープン50周年を迎えた富士急ハイランドの“オフィシャルアイドル”を誕生させるオーディションの開催が発表となった。その名も『富士急ハイランド絶叫アイドルオーディション』だ。
Beingグループは、B’z、T-BOLAN大黒摩季倉木麻衣BREAKERZといった第一線級のアーティストが多数所属。平成の音楽シーンにて“ビーイングブーム”を巻き起こすなど日本のロック/ポップスを牽引してきた。

富士急ハイランドは、50年の歴史の中で“FUJIYAMA” “ド・ドドンパ” “ええじゃないか” “高飛車”をはじめとする絶叫コースターを次々と誕生させ、“絶叫といえば富士急ハイランド”というブランディングを確立。2018年7月からスタートした入園料無料化に伴って大幅な来場者増を記録している。

『富士急ハイランド絶叫アイドルオーディション2019』は、富士急ハイランドのオフィシャルアイドルグループを誕生させるために開催されるもの。応募は10代であれば男女を問わない。審査項目には“富士急ハイランドへの愛情”や、“絶叫コースターが好きか?”など、このオーディションならではの内容も加わるという。また、オーディション応募期間中は、富士急ハイランド内にオーディション特設ブースを定期的に設置、富士急ハイランド来場者が気軽に応募できるとのことだ。

応募要項など詳細は後日改めてオーディション特設サイトにて発表される予定だ。応募スタートは6月1日より。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。