AKB48チーム8行天優莉奈『明日よろし
く』で5周年コンサートを語る「初め
てバンドに挑戦しました!」

2019年4月19日、SHOWROOMの番組『明日よろしく』にAKB48チーム8香川県代表の行天優莉奈が登場。行天は4月13日、14日の2日間連続で山梨県河口湖ステラシアターで開催されたチーム8結成5周年記念コンサートの思い出について語った。

2014年4月3日に誕生した「会いに行くアイドル」をコンセプトにしたAKB48チーム8は結成5周年を迎えた。行天優莉奈は13日の昼の部、夜の部と14日の夜の部に参加。

行天は「14日の夜公演のユニットでは『イイカゲンのススメ』を披露しました。彩姉さん(山本彩)の衣装を着させて頂きました。インスタにも写真を掲載したので是非チェックしてください!13日の昼公演のユニットは永野芹佳と『ハートの独占権』を披露しました」と語っていた。また「私が選抜に選んで頂いた『Generation Change』も披露しました」と。
『イイカゲンのススメ』を披露する行天優莉奈

『イイカゲンのススメ』を披露する行天優莉奈

『イイカゲンのススメ』を披露する行天優莉奈

『イイカゲンのススメ』を披露する行天優莉奈

『イイカゲンのススメ』を披露する行天優莉奈

『イイカゲンのススメ』を披露する行天優莉奈

『イイカゲンのススメ』を披露する行天優莉奈

『イイカゲンのススメ』を披露する行天優莉奈

『ハートの独占権』を披露する行天優莉奈

『ハートの独占権』を披露する行天優莉奈

『ハートの独占権』を披露する行天優莉奈

『ハートの独占権』を披露する行天優莉奈

『ハートの独占権』を披露する行天優莉奈

『ハートの独占権』を披露する行天優莉奈

「今まで楽器を触ったことがなかったの
で、難しかったです」

「チーム8では毎年、バンド『エイトルズ』を披露しているのですが、今年は初めてそのバンドにベースで参加しました」と語った。今年「エイトルズ」で楽器を担当したのは、ギターが歌田と吉川、ドラムが山田菜々美と谷川、キーボードが左伴、ベースが行天、バイオリンが高岡、トランペットが清水、サックスが山本だった。

行天は続けて「バンドで『Overture』『AKB参上』『GIVE ME FIVE!』『生きることに熱狂を!』を披露しました。今まで楽器を触ったことがなかったので、難しかったです。凄く緊張しました。1日目は間違えましたが、2日目は1日目よりは弾けました。去年までは客席で盛り上げる方でしたが、今年は楽器を担当することができました。1日目はとにかく寒かったので、手を開くことができずに苦労しました。今回は練習期間もあり、頑張りました」と語っていた。
『エイトルズ』でベースを披露する行天優莉奈

『エイトルズ』でベースを披露する行天優莉奈

『エイトルズ』でベースを披露する行天優莉奈

『エイトルズ』でベースを披露する行天優莉奈

『エイトルズ』でベースを披露する行天優莉奈

『エイトルズ』でベースを披露する行天優莉奈

「ひだあやは本当に努力家です」

また山梨代表の左伴彩佳について行天は「ひだあやは4公演全部に出ていました。本当に凄いなと心の底から思いました。バンド、ミュージカル、タップダンスまでやって、あれだけやっていてよく倒れなかったなと尊敬しています。山梨は凄く寒かったです。同級生のひだあやは本当に凄いなと思いました。ひだあやは本当に努力家です。『大丈夫?』と聞いてもいつも『大丈夫、大丈夫』と言っていました」と語っていた。
『イイカゲンのススメ』を披露する左伴彩佳

『イイカゲンのススメ』を披露する左伴彩佳

行天優莉奈

行天優莉奈

行天優莉奈

行天優莉奈

行天優莉奈

行天優莉奈

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着