日常に潜むyonigeを『顔で虫が死ぬ』で知る

日常に潜むyonigeを『顔で虫が死ぬ』で知る

日常に潜むyonigeを『顔で虫が死ぬ』
で知る

単純に見たこと・感じたこと
最新アルバム『HOUSE』を初めて聴いた時、ド頭から衝撃が走ったんです。題名は『顔で虫が死ぬ』。すぐに意味が分かっちゃいました。あれでしょ?子供の頃からずっと、あったかくなると経験するあれ!
チャリとか乗ってると顔に飛び込んでくる虫ですよ。(笑) みんな最低でも30回くらいは経験してるんじゃない?いや…もっとかな?どうしてyonigeはこれを歌にしたんでしょうか?たぶんね…意味はない!(笑)
意味がないことに意味があったんでしょうね。ちょっと何言ってるか分からないですが、こんな普通過ぎることって文字にすることがとっても難しいんです。
顔で虫が死ぬ

水のある所にいっぱいいましたよね~!蚊の大群!!「あ、いるな」って気付いてもチャリで突進していくしかなくって…。
どうしてそんな所に行くのかというと、歌の練習?それともギターの練習?あえて意味を考えるとするならば、この状況は今のことじゃなく学生時代のことではないかと…。
顔にあたっただけで虫は死んじゃうんですよね、確かに…。うん、殺傷力スゴイ!虫にとっては命がけですよ。
yonigeの心情を考えてみる…
この楽曲を初めて聴いた時、分かったことが一つあったんです。多分…多分ですけども、ただ純粋に楽しく歌いたかっただけなのではないか?
その証拠に、曲のアレンジはとてもアップテンポな疾走感に溢れているんです。まるで目の前を自転車に乗っている女の子が全速力で走っているかのような!
歌詞はとても普通のこと。でも楽曲は楽しく走り抜けていく!これ、初めて感じる衝撃でした。(笑)
作って歌っているyonigeのお二人も相当気持ちいいはず!だって、こんなに普通の事を気負わず楽しく歌うことができるなんて…ミュージシャンの特権でしょ?(笑)
アルバムを聴きすすめていくと…
2曲目にある『リボルバー』。おぉ…!1曲目とはまったく違ったyonigeの真骨頂かのような単語が並んでいました。
リボルバー
主人公は彼氏に付き合って…みたいな情景が簡単に分かりますよね。もっともっとたくさん”自分はやらないけど”みたいなことを付き合ってきたんでしょう。
そして、彼氏も嫌々主人公に付き合っていました。そんなことを一緒にしてくれるだけで、主人公は満足で満たされていたんでしょう。
でもそれは過去のことなんです。日常を過ごしているうちになんとなーく忘れていく自分がいるんですね。
最後の歌詞の一行に「失くなっても替えがあるビニール傘」とありますが、これは思い出のことでしょうか?それとも彼氏そのもののことでしょうか…?知りたい!(笑)
yonigeの楽曲について、もう一つの特徴は歌詞に”英語”が一切入っていない事です。あぁ…どうりで!
ハートにすぅっと沁み込んでいく感じ…これって歌詞が全部日本語だからなんです♪ヴォーカルの牛丸ありさはハーフですが、これってどうしてなんでしょう?理由を知りたい所ですが…。
笑おう
アルバムの最後は”au 三太郎シリーズ 笑おう篇”のCMソングになっている『笑おう』です。ハイ、そのまんまですね。(笑)
この楽曲は、とにかく”笑う”ということだけに特化した歌詞になっています♪もちろん全て日本語。一度聴いたら簡単に口ずさめる親しみやすい一曲です♪
多少嫌なことがあった日でも、この曲を聴いたら悩んでいる自分が馬鹿らしくなってしまうほどです。(笑) 意外にも曲のアレンジはパンチが効いています♪
これ聴いて愉快になれなかったら…重症です。「一緒に笑おう」のフレーズを歌っている自分は思わず笑ってしまうんですよね~♪
CMの世界観にもピッタリとはまっている楽曲だと感じます♪
そしてyonigeを聴き終わる頃には…
2018年10月にリリースされたアルバム『HOUSE』。全7曲を最後まで聴き終わる頃には、女子なら確実に”3人目のyonigeメンバー”になっています。(笑)
普段の私達となんら変わりがないyonige…虜になってしまう!歌詞がいちいちカッコつけてないからとっても親近感が沸いちゃうんです♪
いい意味で力が入ってないヴォーカルの甘ったるい声と、パンチがある演奏…そんなロックな所にも女の底力を感じて好感が持てます♪
まだまだまだ…この先のyonigeがどうなっていくのか追いかけてみたい…!そんな気持ちにさせられます♡
TEXT:時雨

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」