大和田 慧、音楽と映像をクロスオー
バーするニューアルバム『シネマティ
ック』完成

大和田 慧のニューアルバム『シネマティック』がリリースされる。

「星」をモチーフに、人生で出会う忘れられない瞬間の記憶を映像的に表現した大和田 慧の真骨頂ともいうべき渾身の作品集となっており、名プロデューサーであるジョン・ブリオンによるプロデュース曲「まどろみ」(NHKみんなのうた2018年6〜7月のうた)に続き、同氏プロデュースによる「Closing Time」を収録している。

また、現在の音楽シーンで最重要ユニットと謳われるCRCK/LCKSのリーダー小西遼プロデュースによるクオリティ高いサウンドに仕上がった「Night Flight」、「星にならないで」、話題のシンガーソングライター、マイケル・カネコとのコラボ曲「Turn it around(feat.Michael Kaneko)」、日本テレビ系NNNストレイトニュースウェザーテーマ「I'll Be There」など、全8曲収録。群像劇とも言える、シネマティックな作品世界へと美しく昇華されている。

『シネマティック』

2019年6月5日(水)リリース
1,852円+税 Sam’s Up SMU-1002
収録曲
1. I’ll Be There
2. Night Flight
3. Everything ~どれでもない、そのすべて~
4. Closing Time
5. まどろみ
6. Finest Hour
7. Turn it around(feat.Michael Kaneko)
8. 星にならないで

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。