ゲスの極み乙女。はリスナーを後悔させるほどの天才バンドである

ゲスの極み乙女。はリスナーを後悔させるほどの天才バンドである

ゲスの極み乙女。はリスナーを後悔さ
せるほどの天才バンドである

その才能を誰もが認めるバンド、ゲスの極み乙女。
川谷絵音を中心に結成されたバンド、ゲスの極み乙女。は2014年にメジャーデビューを果たし、その後も第一線で活躍し続けています。
ポップなメロディが特徴の彼らの楽曲はCMなどにタイアップされることも多く、誰もが一度が聴いたことがあるというだけでなく、そのキャッチーで頭に残るメロディーは誰でも一曲は口ずさめるのではないでしょうか。
すべての逆境を打ち破ってしまう川谷絵音の音楽センスは「天才」と評価されており、生み出され続ける彼の音楽に多くの人が魅了されています。
また、メンバー全員がハイレベルな演奏テクニックを持ち合わせており、川谷絵音の作曲センスに加えてバンド全体としてのサウンドも高い評価を受けるまさに完璧なバンドです。
個性的でありながらキャッチー。今回は、センスの塊と評されるゲスの極み乙女。のおすすめソングをご紹介します!
一瞬であなたも虜に!ゲスの極み乙女。のおすすめソング
パラレルスペック
テクニカルなベースのサウンドが光る1曲。キーボードのサウンドがアクセントとなり、一気に楽曲全体を鮮やかにしてくれます。
Bメロの攻撃的な歌と楽器の応酬からのメロディックなサビ。MVで演出されている通り、本当にサビで周りの景色が明るくカラフルになるような感覚になります。
人が持ついろんな表情。見えない本当の姿。たとえどんなに近づいて向き合っているつもりでも、結局1人1人違う人格を生きているのであって平行線のまま理解しあったりわかりあったりすることはできない。
そんな人間模様が描かれたような楽曲です。
デジタルモグラ
イントロからテクニカルでかっこいい『デジタルモグラ』。
Aメロの、歌の後ろで鳴るキーボードの流れるようなメロディが美しさに惹き込まれます。
個性的なメロディが印象的ですが、それだけが主役というわけではなく各パートの演奏が映えるメロディ構成となっているところに、川谷絵音の作曲とメンバーの演奏に対するセンスが感じられます。
「モグラ」とは、地下に潜って隠れて活動する存在のこと。
隠れて調査して、他人のプライベートや秘密を配信する「デジタル」な「モグラ」。しかも「最新機能付き」で手ごわい。そんな「デジタルモグラ」に常に監視されている。
「みんないつだって見られてんだって」。それは芸能人だけでなく私たちも同じです。自分の姿がSNSで知らないうちに勝手に拡散されていることある。
メディアを風刺したような歌詞や「デジタルモグラ」という言葉のセンスが、さすが川谷絵音という1曲です。
イメージセンリャク
こちらも社会を風刺するような1曲です。
イメージを作り上げることができれば勝ち。しかしいつしか本当の自分を殺され、イメージに踊らされてしまう。
世の中だって、そんな作り上げられたイメージに踊らされているのではないか、そんなメッセージも込められているように私は感じました。
他人に対して勝手なイメージを作り上げ、イメージからはずれれば裏切られたと勝手に批判してしまう。正義のイメージに乗っかって、自分も正義になったと勘違いしてしまう人。
当事者もその周りもイメージに振り回され踊らされている社会を風刺した楽曲なのではないでしょうか。
ドグマン
配信限定シングルである『ドグマン』は、日本テレビ系のドラマ「ブラックスキャンダル」の主題歌にも起用された楽曲です。
幻想的で美しいサビで、一瞬でこの曲の虜にさせられます。
他の曲とはまた違った雰囲気の1曲で、2番のAメロとCメロは必聴です!ゲスの極み乙女。が奏でる天才的な演奏とサウンドに震えます。
秘めない私
キテレツな歌詞に不思議なメロディ。こちらもまたこれまでの楽曲とは違った雰囲気を持ち、川谷絵音が作る音楽の幅広さには圧倒されてしまいます。
サビのベースがしびれるのですが、この曲のサビではベースがビートを刻んでいます。
それは、ドラムのほないこかがサビではボーカルになるためであり、奇想天外な演出を思いつく川谷絵音の音楽センスとそれをやりこなしてしまうバンドとしてのレベルの高さを改めて見せつけられます。
ハイスペックすぎるバンド、ゲスの極み乙女。
トゲのある歌詞。尖った音楽でありながら美しさも感じさせられる。
ゲスの極み乙女。だけのサウンドが確立されており、耳心地がよくオシャレなのに攻撃的な彼らの音楽はクセになる魅力を持っています。
川谷絵音の音楽の才能は確実でゲスの極み乙女。のファンはまだまだ増加中ですが、「なぜ今までこのバンドの音楽を聴いてこなかったのか」と多くのリスナーを後悔させるほど、どの楽曲にも才能とセンスと魅力的なサウンドが盛りだくさんに詰まっているのです。
TEXT ぽんつ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen