【インタビュー】次世代K-POPボーイ
ズ・グループATEEZ、日本初取材「す
べての年齢層の方々に共感していただ
ける音楽を」

8人組K-POPボーイズ・グループ“ATEEZ”(エーティーズ)が、5月に幕張メッセ開催されたK-Cultureフェスティバル<KCON 2019 JAPAN>で初来日を果たした。韓国でデビューしてからわずか8ヶ月というATEEZだが、その完成度の高い楽曲とパフォーマンスが新人らしからぬ存在として注目を浴びている。1月にリリースした2ndミニアルバム『TREASURE EP2:Zero To One』は米ビルボードチャート5位にランクインし、先日行った世界ツアーではロサンゼルス、ニューヨークなどアメリカ5都市、そしてロンドン、パリなどヨーロッパ10都市で公演し、全ての公演で全席完売を記録した。

BARKSでは、そんな彼らの記念すべき日本初取材を実施。グループの魅力やメンバーひとりひとりのキャラクター、そしてこれから本格化していく日本での活動について、今の心境を聞いた。クールなアーティスト・イメージを持つ彼らだが、取材現場ではとても親交的で礼儀正しく、またメンバー間に宿る深い信頼関係が垣間見られたことが印象深い。ダイナミックなナンバーも繊細なバラードも縦横無尽にパフォーマンスし得るのは、このチームワークがあってこそなのだろう。次世代グローバルパフォーマンス・アイドル=ATEEZに、ぜひ期待して欲しい。(編集部)

◆ATEEZ 画像

  ◆  ◆  ◆

■ 僕たちは、音楽のジャンルにこだわっていない

── 今日が、日本での初インタビューと聞きました。

全員:(日本語で)よろしくお願いします!

HONG JOONG:ATEEZのジャパン1stインタビューです。

SAN:(日本語で)緊張しますが、頑張ります!

── まずはATEEZ結成の経緯から教えてもらえますか?

HONG JOONG:全員が事務所のオーディションを受けて集まったんですが、まず僕が最初のメンバーになり、そこに1人ずつ加わっていって。今の8人が揃って、もう2年になります。

YUN HO:(集まったのは)まさに運命ですね。

WOO YOUNG:ちなみに僕が最後にオーディションで入って、末っ子です。

SAN:本当の末っ子(最年少)は、JONG HOです。

JONG HO:はい、僕ですー!

WOO YOUNG:加入した順番でいうと僕が末っ子です(笑)。

HONG JOONG:全員が集まった後はみんなで合宿生活をしながらチームワークを高めて、(韓国での)デビューに至りました。今では家族よりも近い存在で、毎日楽しく活動しています。
── ATEEZというチームの色や武器はどんなところだと思いますか?

YUN HO:第一に、パワフルなパフォーマンスです。あとは表現力豊かなところもグループの特徴だと思います。

WOO YOUNG:ATEEZにはスペシャルな存在がいて、それがリーダーのHONG JOONGさんなんです。楽曲の作詞作曲プロデュースをこなし、まさにチームの中心的存在です。

HONG JOONG以外:すごーい!!

HONG JOONG:いやいや(照笑)。僕は確かに曲を作ったりしますが、ラップの歌詞はどれもMIN GIさんが手がけていて。レコーディング中も、みんなで意見を出し合ってプロデューサーの方と相談しながらまとめていくので、全員が素晴らしい才能を持っていると思います。

── 楽曲のスタイルはどういったものが多いのでしょうか?

HONG JOONG:まず僕たちは、音楽のジャンルにこだわっていないんです。グループとして投げかけたいメッセージや、聴いてくれる皆さんに届けたいと思うメッセージをメインに音楽を作っています。しいて言うなら、若い世代の人たちをはじめ、すべての年齢層の方々に共感していただけるようなトレンディーな音楽を発信したいと考えています。

SEONG HWA:多彩な楽曲とパフォーマンスをお届けしたいです。

WOO YOUNG:例えば、韓国でリリースした2枚のミニアルバムはすごく強烈というか、鮮烈なイメージだったと思います。でも今度、6月に発表する『TREASURE EP.3:One To All』は爽やかなイメージ。そのギャップも聴いてほしいです。


▲『TREASURE EP.3:One To All』(ILLUSION VER./WAVE VER.)
◆インタビュー(2)へ
■ 僕たちは“家族”です

── メンバーのキャラクターも詳しく知りたいのですが、せっかくの全員インタビューなので他己紹介スタイルでいきたいと思います。

SAN:それは面白そうですね。

── ではテーブルの並び順にお隣の人を紹介する形で、リーダーのHONG JOONGさんからスタートしましょう。

HONG JOONG:はい。僕の隣のYUN HOさんなんですが、見ての通り、すごく身長が高いんです。(YUN HOに)身長は、どのくらい?

YUN HO:185cmです。


▲YUN HO

HONG JOONG:そんな身長を生かしたダイナミックなダンスがとても印象的で、かわいさと茶目っ気も持ち合わせています。あとは、歌声もとても美しいです。

YUN HO:ありがとうございます。MIN GIさんは、僕がメンバーの中で一番長い付き合いで昔から、パフォーマンスもさることながらラップも素晴らしくて。パフォーマンスとラップ、その2つがチームの中でも際立っていて、カリスマ性のあるメンバーです。


▲MIN GI

MIN GI:YEO SANGさんは、見ての通りビジュアル担当です。また、僕が出会った人の中でトップクラスに努力をする人だなと思います。努力する中でどんどん自分をレベルアップさせていく、情熱的なところも持っていると感じています。


▲YEO SANG

YEO SANG:SEONG HWAお兄さんは、自分のダンスと歌のスタイルを持っていて、それを常に発展させていこうと努力をしています。一方で、僕ら弟たちの面倒もよく見てくれる、とても面倒見のいいお兄さん。ステージの上と普段とのギャップのある素敵なメンバーです。


▲SEONG HWA

SEONG HWA:SANさんは、どんなコンセプトの楽曲でもそれを上手に表現できる力があります。明るい曲を歌うときは表情やパフォーマンスも明るい雰囲気になりますし、強烈な曲を歌うときは全てが非常に力強くなります。リードボーカルとして歌声もすごく良くて、近くにいていろんなことを学べるメンバーです。


▲SAN

SAN:(拍手をして)心が温かくなりましたー(笑)。僕が紹介するのはWOO YOUNGさんなんですが、僕とWOO YOUNGさんは普段から友人として親しくしていて、プライベートでは天真爛漫でかわいいところがあります。でも、いざステージに上がると本当にセクシーな姿を見せてくれる。人はこんなにも変わるものなんだなって思わせてくれる人です。


▲WOO YOUNG

WOO YOUNG:JONG HOさんはグループ最年少なんですけど、お兄さんたちの前で愛嬌を振りまくときは、すごくかわいい末っ子です。ただ、大人っぽい面も持っていて、年下だからといって萎縮したり、お兄さんたちの陰に隠れることはない。あとはメインボーカルを担当してるだけに歌がとても上手で、僕はSANさんとJONG HOさんが一緒に歌うバラードが大好きです。


▲JONG HO

── では最後に、JONG HOさんがHONG JOONGさんを紹介してください。

JONG HO:HONG JOONGさんはリーダーとしてみんなを引っ張ってくれて、僕たちが判断に迷ったとき、いつも正確な判断をしてくれます。彼がリーダーとしていてくれることがとても幸せだなと思います。あと、何かひとつのことを練習するとき、集中して最後までやり通すのは難しいことだと思うんですが、それがきちんとできるのがHONG JOONGさん。そういう力があるからこそ、さまざまな楽曲を作ったりできるんだと思います。HONG JOONGさんが作り出すメロディーや歌詞はいつも最高です。チームのブレーンであり、とても優秀なリーダーです。


▲HONG JOONG

HONG JOONG:おー! コメントが素晴らしい!

── お互いを認め合い、褒め合うことができる素敵なグループですね。

HONG JOONG:はい、僕たちは“家族”です。

YUN HO:これがATEEZです!

◆インタビュー(3)へ
■ 日本の「ATINY」の皆さんともっと近づける

── 続いては、これまでに発表した音源について聞かせてください。まだATEEZを知らない方々に聴いてほしい曲やおすすめの1曲はありますか?

SAN:僕は2枚目のアルバム(『TREASURE EP.2:Zero To One』)に収録されている「HALA HALA(Hearts Awakened, Live Alive)」を紹介したいです。この曲はすごく爆発的なパフォーマンスで、そういう僕たちの長所を思う存分お見せできると思うからです。ラップもカッコよくて、終わった後もずっと耳の奥で響いているような感じがします。メインボーカルで歌っているJONG HOさんのハイトーンも素晴らしいので、ぜひ聴いていただいて、ステージも観ていただきたいです。
YUN HO:僕は1枚目のアルバム(『TREASURE EP.1:All To Zero』)の「Pirate King」をおすすめしたいです。これは僕たちATEEZのスタートになった曲で、僕たちが本当に長い時間をかけて、精魂込めて完成させました。ここから一歩一歩成長していく姿を見守ってほしいという意味でも、「Pirate King」を聴いていただきたいです。
──日本のオフィシャルサイトが5月にオープンし、今後の日本活動にも期待が高まるところですが、皆さんの目標を教えてください。

HONG JOONG:目に見える目標も大事だと思いますが、これからたくさんのことを経験して、日本の「ATINY」(ファンの呼び名)の皆さんにお会いしたり、ステージをお見せできる機会がたくさんあればいいなと思います。

YEO SANG:僕も少し似ている考えなのですが、日本にいらっしゃる「ATINY」の皆さんに僕たちの音楽をたくさん聴いてほしいです。

YUN HO:日本のオフィシャルサイトがオープンしたので、日本の「ATINY」の皆さんともっと近づけるような気がしてとてもうれしいですし、日本公式Twitterも先日オープンしたばかりなので、そちらもぜひチェックしてほしいです。

── では最後に、日本のファンへメッセージをお願いします。

JONG HO:これからますます成長していく姿や素敵なステージをお見せしたいと思っているので、期待していてください。これからもたくさん愛していただければうれしいです。ありがとうございます。

WOO YOUNG:これからどんどん、いい思い出、幸せな思い出を皆さんと作っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

SAN:僕は今までずっと日本の「ATINY」に会いたいと思ってきました。想像の中や、夢の中ではたくさん会ってきたんですけどね。でもこれからは、それが現実となる日がたくさんやってくるのかなって。そんな時間を楽しみに、これから一緒に幸せになっていきましょう。愛しています。
SEONG HWA:まずは今、すごく緊張していて、ワクワクもしています。でも何よりうれしく楽しみなのは、これから「ATINY」と一緒に作っていく未来があるということです。これからも僕たちの音楽をたくさん聴いていただいて、元気を受け取ってもらって、明るいエネルギーで一緒に前へ進んでいけたらうれしいです。

YEO SANG:僕たちにたくさんの関心を寄せてくださって、感謝しています。たくさんのパフォーマンスと音楽をお届けして、これから日本の「ATINY」の皆さんといい思い出を作っていけたらうれしいです。

MIN GI:今まで日本の「ATINY」の皆さんとあまりお話する機会がなかったんですが、オフィシャルサイトや公式Twitterを通してこれからたくさんお話ができると思うと、うれしいです。

YUN HO:(日本語で)日本の「ATINY」、いつも愛してるよ。たくさん応援してください。

HONG JOONG:僕たちは今回、グループを結成してから初めて日本へ来ることができました。すごくうれしく思っています。今まで待っていてくださったことにも本当に感謝しています。これからもっと素敵な姿、頑張る姿をお見せしますので、今までと変わらずたくさん愛してください。そして僕たちはその愛に応えられるよう、また、一生懸命頑張るATEEZになります。(日本語で)ありがとうございます!

  ◆  ◆  ◆

取材・文◎川倉由起子
撮影◎大橋祐希

■【Release】

〇日本公式特典付き輸入盤ミニアルバムCD『TREASURE EP.3:One To All』
ILLUSION VER. ¥2,760+税

〇日本公式特典付き輸入盤ミニアルバムCD『TREASURE EP.3:One To All』
WAVE VER. ¥2,760+税

予約受付期間 2019年5月26日(日)~6月16日(日)
詳細は、ATEEZ JAPAN OFFICIAL SITEにて

関連リンク

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」