MASH、「人生のキャリアは年齢で決し
て区切れるものではない」

MASHが7月10日、名古屋PARCOにて路上ライブを行なった。
MASHは2006年にラッパーとしてソロデビュー、今ではマイクをギターに持ち替えてソウルフルな歌を届け続ける名古屋のシンガーだ。7月10日は、彼の39歳最後の日。路上でのライブにはMASHが歌い出す前から、平日だと言うのに約150人のオーディエンスが彼の登場を待っていた。

18時半。MASHが登場と共にギターをストロークし歌い出すと、仕事帰りのサラリーマンからOL、学生らが次々と足を止め、その熱く優しい歌声に吸い寄せられるように人だかりができた。ギターを弾いてラップをしたかと思うと即興で目の前の状況や想いを紡いでいくその姿は現代の吟遊詩人そのものに見えた。
そして「俺らこんな夜を探してた!」というMASHのライブで定番のコールアンドレスポンスに、そこにいる誰もが声を合わせて合唱し身体を揺らした。そしてライブ終盤で噴き出した汗もそのままにポツリポツリと語り出す。「明日で40歳。人は生きているのではなく、生かされているんだと最近強く思います。そして僕も今は歌っているのではなく、歌わせていただいているのだと感じます。そして40歳を目前にして改めて思うのは人生のキャリアは年齢で決して区切れるものではないんだということ」そんなMCの直後、彼が歌い出したのは、この日発売となった約10年ぶりのシングルより、タイトルトラック「たった16小節の夢」。

そして、最後にシングルの一曲目に収録の「星が綺麗な夜に」を美しいアルペジオの上で歌い切ると、町の空には初夏を思わせるような風が強く吹いた。そしてふと見上げた雲の隙間には、キラキラと星も輝き、まるでMASHの新たな門出やそこにいるみんなの人生祝福するように思えた。気がつけば300人を越す人が彼を囲み、彼の歌声やメッセージに酔いしれた。
「後から分かることばかり…」

彼の新曲の歌詞にあるように、人生はその時だけでは分からないことばかりだ。彼の歌を聴くとどんな些細な出来事にもきっと意味があるのではないかと思ってしまう。そして彼の挑戦は続く。現在名古屋から京都と続いている弾き語りツアーは、いよいよ日本を飛び出してアメリカのポートランドへと続く。アメリカの観客は彼の歌声に何を感じるだろう。ツアーファイナルは8月3日の東京。ぜひ生の歌を聴いて欲しい。

写真◎Kanji
「たった16小節の夢」

2019年7月10日(水)発売
AVCD-94514 1,080円(税込)
[収録曲]
1.星が綺麗な夜に
2.たった16小節の夢
3.マイホームタウン

スマプラ特典 僕がいた(2019.04.29 Live at ちくさ座)

<MASH HOUR「この道の先で待ってて」

2019年7月15日(月)Portland, OR U.S.A – Portland Roasting Coffee
2019年8月3日(土)三軒茶屋GRAPEFRUIT MOON

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着