Beverly、夜限りのスペシャルワンマ
ンライブ

Beverlyが、9月14日(土)東京・渋谷にあるMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、一夜限りのスペシャルライブ<Beverly LIVErally #01>を開催した。
今回の公演は、彼女の最大の魅力である歌声を存分に味わうことができるよう、ヴォーカル・キーボード・ギターというシンプルなアコースティック編成となっていた。

暖かいピンクの照明に包まれたBeverlyが、1曲目に披露したのは「Mama Said」。この曲は、彼女が生まれて初めて作詞に挑戦した曲。手拍子が続くなか、オーディエンスは彼女のハイトーンボイスに魅了されていく。「Never Ever」、「A New Day」と続けて披露すると、「お久しぶりですね!!ずっと会いたかったよ」と、挨拶では凛と歌う彼女とはまた違った可愛らしい一面が見えた。今回のライブタイトルである<Beverly LIVErally #01>に込められた意味については、「私は歌うことが大好きで24時間歌っていたい。ずっとステージに立っていたいから、LIVEがRallyしていくようにつけました」と英語と日本語で説明した。
そんな歌うことが大好きな彼女が、大人な雰囲気と圧倒的な歌唱力で歌い上げたのは「Empty」だ。「Empty」は、小栗旬主演ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系)の挿入歌に起用され、主題歌の「I need your love」とともに彼女の代表曲のひとつになっている。今回も、ピアノ、ギターそして彼女の声、一つ一つの音が体に入ってくる感覚に陥る一曲に仕上がっていた。ここまでは立て続けにオリジナル曲を披露したBeverlyだが、ここでカバー楽曲も歌唱。Alicia Keys「If I Ain’t Got You」、映画アラジンで話題になったNaomi Scott「Speechless」、Andra Day「Rise up」を披露した。

キーボードのミトカツユキとのクロストークでは、ミトカツユキが大好きだという「キン肉マン」の話に興味津々。「キン肉マンはマッチョですよね?」「ミトさんあとで一緒に見ましょう!」と二人のナチュラルな会話で観客の笑いを誘った。そんなアニメが大好きだという彼女が歌う、テレビアニメ『フルーツバスケット』のオープニング曲「Again」をミトカツユキのKeyとともにしっとりと歌い上げ、続いて、再び和田健一郎(G)と3人で爽健美茶 2018年 キャンペーンソングの「LOVE THERAPY」、公式日本語カバーの「Despacito」を披露した。
今回はアコースティック編成のため、着席をして聞いていたオーディエンスのうずうずしている様子を感じ取ったのか、「Stand up everyone!!」と呼びかけ、Stevie Wonder「Don’t you worry bout a thing」、「JUMP!」、「Sing my soul」を披露し、一体感をさらに高めた。「本当に楽しい時間はあっと言う間ですね。みんなの終わらないで!という声が嬉しくていつも思い出して眠れないです」と離れがたい気持ちを表した。感謝の気持ちを持って届けたいと彼女が本編最後に選んだ曲は、Whitney Houston「I Will Always Love You」。一人一人に届くように手を伸ばして歌う彼女の姿が、このライブが永遠に続くことを祈っているように見えた。

再び現れたBeverly。最近始めたという自身のInstagram LIVEでのコラボレーションについて話し始めると、オーディエンスからの「もう一度見たい!」という声に応え、プライベートでも親交のあるシンガーソングライターのLeolaがサプライズ登場。Beverlyのオリジナル曲である「Just once again」を2人で披露した。
さらに、「特別な夜にふさわしいサプライズを持ってきたよ」と2019年11月20日に3枚目となるオリジナルアルバムの発売が決定したことを発表した。前作のオリジナルアルバム「24」の発売から約1年半。ファンからニューアルバムの発売を希望する声が多く寄せられていた中での、待ちわびた発表に拍手が鳴り止まず、Beverlyは「Endless Harmonyだね!すごい!ありがとう」と感謝の気持ちを述べた。

ここでもうひとつサプライズを用意していた彼女。なんと新曲「Life at the party」を初披露したのだ。この楽曲は、彼女が作詞を行い全編英語詞のラテンのリズムが特徴的な一曲。初披露とは思えないくらいの会場のボルテージが、「Life at the party」の魅力を物語っていた。そして、最後は感謝と祈りを込めて彼女が大切にしている曲「Amazing Grace」で一夜限りのスペシャルワンマンライブの幕を閉じた。

写真◎田中聖太郎

セットリスト
M01 「Mama Said」
M02 「Never Ever」
M03 「A New Day」
M04 「Empty」
M05 「If I Ain't Got You」(Alicia Keys)
M06 「Speechless」(Naomi Scott)
M07 「Rise up」(Andra Day)
M08 「Again」
M09 「LOVE THERAPY」
M10 「Despacito」(Luis Fonsi)※公式日本語カバー
M11 「Don’t you worry bout a thing」(Stevie Wonder)
M12 「JUMP!」
M13 「Sing My Soul」
M14 「I Will Always Love You」(Whitney Houston)
-Encore-
EC01 「Just once again」(with Leola)
EC01 「Life at the party」※新曲
EC02 「Amazing Grace」

ニューアルバム『タイトル未定』

2019年11月20日(水)発売

【AL+DVD】
価格:¥4,000+税(AVCD-96378/B)
【AL+Blu-ray】
価格:¥4,800+税(AVCD-96379/B)
【AL】
価格:¥3,000+税(AVCD-96380)

<収録曲>
【CD】
・「Everlasting Sky」【劇場版 仮面ライダービルド Be The One 主題歌】
・「Endless Harmony」【TVアニメ「FAIRY TAIL」ファイナルシリーズ 第1クール エンディングテーマ】
・「Again」【TVアニメ「フルーツバスケット」オープニングテーマ】
・「Adventure」【スマホゲーム「テイルズ オブ アスタリア」新章「「アヴァロンに眠る輝石」編」テーマソング】
・「探しに行こうよ」【サガテレビ開局50周年記念キャンペーンソング】
 (順不同)他、全12曲収録予定。

【DVD/Blu-ray Disc】
・新曲 MUSIC VIDEO
・ワンマンライブツアー「Beverly 2nd JOURNEY 「24」ライブ映像(2018/7/8代々木YAMANO HALL)

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着