【レポ&インタビュー】岩佐美咲、切
ない表情と豊かな表現力でファンを魅
了したカラオケパーティ

岩佐美咲が、2019年9月8日(日)東京八重洲の「HIT STUDIO TOKYO」にて、<岩佐美咲カラオケパーティー>を開催し、採点カラオケに挑戦したりじゃんけん大会を実施するなど大盛り上がりのイベントとなった。
このイベントは、全国のカラオケDAM設置店で岩佐美咲の最新曲「恋の終わり三軒茶屋」を歌い、抽選で選ばれたファンを招待して行われたもの。台風が近付いている中、熱心なファンが多数会場に集まった。開演前、司会の西寄ひがしが登場しておなじみの軽妙なトークで客席を温めると、お客さんの「わさみん!」(岩佐の愛称)コールに呼びこまれて岩佐美咲がステージに登場。1曲目に歌うのは、デビュー曲「無人駅」だ。胸に手を当てながら、切なげに歌い上げる岩佐。最前列では、「岩佐美咲ファンクラブ」と描かれた黄色い法被を着たファンがズラリと並び、ペンライトを振りながら声援を送る。
歌い終わると、客席を見まわした岩佐は、「みなさん、こんにちはー!岩佐美咲です!出来上がってますね!100点のお客さんです(笑)」と第一声。ピンクと紫を基調とした着物をクルッと回って披露する岩佐に黄色い声援が飛んだ。AKB48時代から数えると今年でデビュー11年目になる岩佐。最初の頃は芸能活動を楽しむ余裕がなかったものの、今は1つ1つ楽しめるようになったそうだ。2018年から「DAM CHANNEL 演歌」2代目ナビゲーターを1年間務めていた岩佐について、西寄が「わさみんは話が上手い!」と評すると、お客さんたちも「上手い!!」と絶賛の声が上がり、岩佐は「いやいやいや(笑)」と謙遜しつつ嬉しそうだ。
2019年2月に発売された最新シングル曲「恋の終わり三軒茶屋」については、「ここまでの歌謡曲テイストの曲はなかったので、歌っていて楽しい。キャンペーンに行っても、ファンの方から「歌えるように練習してます」とおっしゃっていただいています」と、新境地的な楽曲であることを伺わせた。続いて披露された曲は、「恋の終わり三軒茶屋」の特別盤に収録されている、川中美幸「遣らずの雨」のカバー。しっとりと感情を込めた歌いっぷりに、うっとりした様子で聴き入っているファンたち。歌い終わると「わさみ~ん!」と声援が飛んだ。
歌の世界のみならず、最近は舞台の経験も踏んでおり、「ちょっと前に水森かおり先輩の舞台に出させていただいたんですけど、演技って本当にむずかしいなって」と言う岩佐に、西寄は「わさみんの演技は、良い意味で普段と変わらないから、アドリブなのかな?って思いますよ」との声に、「本当ですか~!?褒め上手!」と笑顔で応える岩佐。ますます活動の幅を広げている様子だ。

また、6月から8月まで、ビッグエコー三軒茶屋店で「恋の終わり三軒茶屋」のコラボルームを開いていたということで、話題はカラオケへ。普段からよくカラオケに行くそうで、仕事で歌ってからカラオケに行くこともあるほど好きなんだとか。最近歌った曲を聞かれると、「あいみょん!」と答え、思わずどよめく客席。西寄の「ちょっと歌ってくれませんか?」とのリクエストにすかさず応えて、「麦わらの~帽子の君は♪」と、あいみょんの「マリーゴールド」のサビを歌い上げる大サービス。見事な歌唱力にグッと引き寄せられる、ちょっと鳥肌もののシーンだった。思わぬサプライズにお客さんも拍手喝采だ。2019年11月6日(水)には、岩佐美咲大全集アルバム第2弾『美咲めぐり~第2章~』が発売される。アルバムには、オリジナルのシングル曲の他、歌謡曲、ポップスを中心にカバー曲を収録しているとのこと。アルバム収録曲の中から、3枚目のシングル「鞆の浦慕情」を歌唱した。
ここで、カバー曲でのカラオケ採点に挑戦することに。歌うのは、酒井法子の大ヒット曲「碧いうさぎ」。カラオケではよく歌っているそうだが、お客さんの前で歌うのは初めてとのことで、注目が集まった。いつもの演歌、歌謡曲の歌い方とは違った、オリジナルに忠実な歌いまわしをしているのが新鮮だ。「碧いうさぎ」ということで、青いペンライトを点灯させて応援するファンたちもさすが。得点は「92.175点」!見事な高得点に、「すご~い!」と客席から拍手が送られると、「いや~リハーサルより良かったです(笑)」と、安堵の表情を見せた。
続いてプレゼントをかけてのじゃんけん大会を実施。勝利した人は、ビッグエコーの店員の制服を着た岩佐美咲のポスター(サイン入り)をもらえることに。「これはレアですよ!」と本人が言うように、このイベント用に作られたという、超貴重なポスターだ。じゃんけんを勝ち抜いた10名にプレゼントされた。さらにそのビッグエコーの制服着用の際に着けていたネームプレートにサインを入れて1名にプレゼント。再びじゃんけん大会を行い、1点モノの超レアなネームプレートを手に入れた幸運なお客さんは、板橋区から来たという男性。さっそくプレートを胸につけて大喜びの様子だった。
最後は、お待ちかねの「恋の終わり三軒茶屋」を歌唱した。ムードたっぷりに大人の恋愛を描いた歌謡曲だ。切なげな表情と指の先1つにも感情が見える豊かな表現力でファンを魅了した。改めて思ったのは、歌の上手さと声の良さ。若くて張りがあることに加えて、往年の昭和の歌手が持っていた独特の哀愁のようなものが感じられる。歌い終えた岩佐に万雷の拍手が送られた。
歌い終わると、「今日は、お天気が危うい中、ありがとうございました。普段は歌えない歌も歌えて、良い思い出になりました。「恋の終わり三軒茶屋」、まだまだこの1曲を歌っていきます。みなさんもカラオケで歌ってください!ありがとうございました!」と感謝の挨拶で、イベントを締めくくった。

終了後は、CDを購入またはアルバムを予約した方との特典会(握手とサイン)を実施。この日だけの特製名刺がもらえるということもあり、ほとんどのファンが参加していた。
■岩佐美咲インタビュー

――おつかれさまでした!はじめてのDAM★ともカラオケパーティーはいかがでしたか?

岩佐美咲(以下、岩佐):とてもアットホームな雰囲気でした。みなさんが飲み物を飲みながら歌を聴いてくださるというのも、なかなかないことでしたし、すごく盛り上げていただきました。私も普段は歌わない曲を歌ったりして、ここでしか楽しめないレアなイベントになったと思います。

――お客さんは、西寄さんの前説からすでに盛り上がっていて、雰囲気が出来上がっている感じでしたね。

岩佐:そうですね。普段からイベントに来てくださっているお客さんもいらっしゃったので。そういう方が率先して盛り上げてくださって良かったです。

――採点カラオケで酒井法子さんの「碧いうさぎ」を歌いましたけど、カラオケでよく歌っているんですか?

岩佐:好きな歌でよく歌っています。お客さんの前で歌ったのは今日が初めてだったんですけど、改めて良い歌だなと思いました。今日は採点機能を使って歌ったので、どうしてもビブラートとか細かいところを見ちゃいました(笑)。よく、カラオケで良い得点を出す歌い方があるって言うじゃないですか?今日はそういうことを意識せずに、92点が出せたので、意識して歌ったらどれぐらいだったのかな?ってちょっと気になりました。

――意識せずにこの高得点ですもんね。

岩佐:ということは、意識して歌ったら95点ぐらいは取れたんじゃないかな?って(笑)。今度やってみようかなって思いました。

――「碧いうさぎ」は、普段の岩佐さんの歌い方とは違いましたよね。

岩佐:ポップスの方が自由に軽めな感じで歌ってるかもしれないですね。本番前にもオリジナルの曲を聴いていたのもありますし、もともと好きな曲って原曲が焼き付いているから、無意識に寄せちゃう部分があるかもしれないです。

――それができるのは実力があるからですよね。今日は改めて歌が上手いなあって思いました。

岩佐:本当ですか?嬉しいです!ありがとうございます。

――最新曲の「恋の終わり三軒茶屋」はどんな思いで歌っていらっしゃいますか。

岩佐:切ない大人の許されない恋愛を歌った内容の曲で、秋元康先生らしいなって感じる部分が歌詞の中にあったりして、切ない大人な部分を歌で出しています。ただ、メロディが歌謡曲テイストなので、“歌い込みすぎない”ようにしているというか。とくにAメロとかサビ前の部分とかは、物語や気持ちを語るように歌っています。
――歌はもちろんなんですけど、歌唱中の所作というか指先まで表現をしているように見えました。

岩佐:今回、三波春夫さんのご長女の三波美夕紀先生に所作の振り付けをしていただいているんですよ。すごく歌詞にあった動きをつけていただきました。

――お客さんも一緒にペンライトを振ってましたね。

岩佐:そうなんですよ(笑)、みなさん真似して動かしてくれるんです。

――11月6日(水)に岩佐美咲大全集アルバム第2弾『美咲めぐり~第2章~』が発売されますね。どんなアルバムになっていますか?

岩佐:オリジナル曲とカバー曲で構成されているんですけど、今回のカバー曲は演歌は1曲も入っていなくて、歌謡曲やポップスのカバーをしています。アニソンを収録していたり、新しいことずくめの1枚になっています。どんどん新しい自分をみなさんに感じていただきたいというのが、これからの私の目標の1つでもあるので、そういうところが詰まった1枚です。

――アニソンでは、「千本桜」「魂のルフラン」の2曲を収録していますね。この2曲をチョイスした理由は?

岩佐:もともと、私自身がアニメとかサブカルチャーが好きなんです。「魂のルフラン」は前からカラオケで歌っていましたし、『エヴァンゲリオン』はこれから映画もあって、さらに話題にもなっているときですし、アニソンを収録するとなったら入れたい曲の1つだったので。

――その他のカバーでは、麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」、山口百恵「秋桜」、石川ひとみまちぶせ」、森高千里「雨」が収録されていますね。これは1970年代~1990年代の女性歌手の曲を時代ごとに選んだんですか?

岩佐:ああ~、確かに!本当ですね。意識してなかったけど、そうなりました(笑)。それぞれカラオケで歌ってもいましたし、ライヴでも歌っていた曲でしたので、ご好評いただいた中から選んで今回収録することになったんです。本当に新しいことずくめで、挑戦の1枚です。このアルバムからも感じ取っていただきたいなと思うんですけど、これからも常に新しい自分に挑戦していきたいなと思っています。

取材・文:岡本貴之

リリース情報

『美咲めぐり~第2章~』
2019年11月06日発売
【初回限定盤 CD+DVD】
TKCA-74853 / \3,273+税
[CD] <収録内容>
1. 無人駅
2. 鞆の浦慕情
3. 鯖街道
4. 佐渡の鬼太鼓
5. 恋の終わり三軒茶屋
6. 雨
7. 秋桜
8. 魂のルフラン
9. まちぶせ
10. わたしの彼は左きき
11. 千本桜
-限定盤Bonus Track-
12. ごめんね東京[3rdコンサート(2017年7月22日公演)より]
13. 初酒[3rdコンサート(2017年7月23日1部公演)より]
14. もしも私が空に住んでいたら[4thコンサート(2018年2月4日1部公演)より]
[DVD]
鯖街道MV
佐渡の鬼太鼓MV
恋の終わり三軒茶屋MV
ジャケット撮影メイキング

【通常盤 CD】
TKCA-74854 / \2,818+税
[CD] <収録内容>
1. 無人駅
2. 鞆の浦慕情
3. 鯖街道
4. 佐渡の鬼太鼓
5. 恋の終わり三軒茶屋
6. 雨
7. 秋桜
8. 魂のルフラン
9. まちぶせ
10. わたしの彼は左きき
11. 千本桜無人駅 (※カラオケ)
12. 無人駅(カラオケ)
13. 鞆の浦慕情(カラオケ)
14. 鯖街道(カラオケ)
15. 佐渡の鬼太鼓(カラオケ)
16. 恋の終わり三軒茶屋(カラオケ)

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着