今年最もイビザ島でShazamされたのは
どの曲!? “パーティー・アイランド
”を盛り上げたトップ10発表!

毎年、サマーシーズンには世界中からクラブミュージック好きが詰めかけることで知られるイビザ島。
連日、有名DJたちによるレジデント・パーティーが行われるこの”パーティー・アイランド”では、今年どんな曲が実際に流行っていたのか?
そのトレンドの実態がShazamによって明らかになりました。実際にクラブでShazamされた回数が最も多かった曲のトップ10は以下のとおり。
1. Roberto Surace – ‘Joys’
2. Meduza Feat. Goodboys – ‘Piece Of Your Heart’
3. FISHER – ‘Losing It’
4. Peggy Gou – ‘Starry Night’
5. Calvin Harris & Rag’n’Bone Man – ‘Giant’
6. Marie Davidson – ‘Work It’ (Soulwax Remix)
7. Barbatuques – ‘Baianá ‘(Pablo Fierro Edit)
8. Guy Gerber – ‘What To Do’ (&Me Remix)
9. CamelPhat & Elderbrook – ‘Cola’ (Club Mix)
10. FISHER – ‘You Little Beauty’
1位はイタリア出身のアップカミングなハウスプロデューサーRoberto Suraceによる「Joys」。
エレクトロファンク・グループ、S.O.S.バンドの「The Finest」をサンプリングしたテッキーなハウストラックは、間違いなくフロアキラーです。
そして、3位にフィッシャーの大ヒット曲「Losing It」。4位に今年EDC JAPANでもプレイしたペギー・グーの「Starry Night」。
5位にカルヴィン・ハリス&ラグ・アンド・ボーン・マンのソウルフルなコラボ曲「Giant」といった日本でも人気のプロデューサーたちによるハウシーなトラックがランクイン!
そのほかに注目はクラブシーンのベテラン、ガイ・ガーバーによる8位の「What To Do’ (&Me Remix)」。
身体を揺らすビートに絡む美しいピアノフレーズが印象的なこの曲、実にイビザのサンセットがよく似合います。
今年のイビザ島では、フロアライクなハウスが人気だということがよくわかるこのランキング結果。
みなさんのお気に入りはランクインしていましたか?
Text by EDM MAXX編集部

EDM MAXX

EDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」。音楽、ファッション、カルチャー、ライフスタイルとして、“EDM”を誰でも分かりやすく、おもしろく情報発信します。 #edmmaxx

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着