【イベントレポート】TOWA TEI、ラジ
オ公開収録で「今年はいっぱい作品が
作れた」

TOWA TEIがナビゲートを務めるJ-WAVE『SWEET ROBOTS SHOW』の公開収録が、文化の日でありレコードの日でもある11月3日(日)、東京・代官山 蔦屋書店にて行われた。
限定100名のオーディエンスが見守るなか、福岡在住のグラフィックアーティスト・KYNEと、モデル・水島サトリをゲストに迎えて、リラックスした雰囲気で番組がスタート。TOWA TEIの話によると、KYNEとは3年前に博多のイベントでDJをした際知り合ったそうだ。それ以来、ふたりは交流を深めて、この日リリースされた12インチ「ON AIR EP」のアートワークをKYNEが手掛けることになった。

「ON AIR EP」は『SWEET ROBOTS SHOW』から生まれたコラボレート企画盤だ。そこからまず1曲かけることになり、TEIは女優・のんをフィーチャーした「RADIO」を選ぶ。この曲は番組でのんが歌詞を朗読した音源を使用したもの。曲に合わせて朗読したわけではないのにトラックにばっちり合っていることに驚くKYNEに、TEIは「彼女は音楽的な人だから大丈夫」と太鼓判を押す。
ジャケットアートワークはKYNEに全面的に任せて一発でOKが出たとか。KYNEは魅力的な美少女をモノクロで描くグラフティで注目を集めており、「ON AIR EP」でもキュートな“KYNEガール”がカヴァーを飾っている。しかも、レコードの片面はKYNEのドローイングがレリーフで刻まれた特別仕様だ。ちなみに、KYNEが仲間のNONCHELEEEと立ち上げたアトリエ兼ショップの名前は「ON AIR」。東京店がオープンした際のイベントにはTEIがDJとして駆け付けた。
そのイベントに現れた謎の老婦人の話やショップの近所の美味しい店の話で盛り上がった後は、KYNEの選曲で八神純子「Touch you, tonight」をプレイ。KYNEは今回の番組用に7インチ・シングルを大量に持ってきており、「八神純子は見つけると買ってしまう」らしい。80年代カルチャーから影響を受けているKYNEだが、八神の歌には強く惹かれるものがあるようだ。

一方、TEIが選曲したのは、収録が放送される11月6日(水)にアナログでリリースされるソロ・デビュー・アルバム『FUTURE LISTENING!』(95年)より「Luv Connection」。TEIいわく『FUTURE LISTENING!』のアナログで重要なのは“ジャケットが見開きになって自立した状態で飾れること”。「仏壇みたいでしょ(笑)」とTEIはジャケットを立ててみせる。見開き部分には、五木田智央、伊藤桂司のアートワークがデザインされていて、ジャケット全体がひとつのアートとして楽しめる。またサウンド面では、2018年にメンバーとしてSweet Robots Against The Machineのアルバム『3』に関わった砂原良徳がアナログ用のリマスターを担当。2枚組にしたことで音圧がアップするなど、こだわりづくめのアナログとなっている。

そして、TEIは同じ日にリリースされるコンピレーション『ARBEIT』についても紹介。同作はTEIがプロデュースやリミックスなどを手掛けた曲を、レーベルを越えて2枚組31曲というヴォリュームでまとめたものだ。当時のマスター音源はDATのため、現在の自宅の機材では聴くことができず、TEIはヤフオクでDATのプレイヤーを購入。『ARBEIT』用に新しいミックスを施していることを明かした。小泉今日子、ダウンタウン(ゲイシャガールズ)、ピチカート・ファイヴtofubeatsと多彩なメンツが並ぶコンピレーションだが、視聴者からの「今後やってみたい人は?」という質問にTEIは「内緒です!」と答えてファンに期待を抱かせた。
▲TOWA TEI

さらにTEIがらみの作品をもう1作紹介。TEIは5年振りの個展にあわせて、五木田智央との新ユニット・GLUE SCISSORSを結成し、TEIのコラージュ作品約50点を収めた個展用の画集に新曲「GLUE SCISSORS」を収録したソノシートが付属する500部限定ヴァージョンを発売した。その「GLUE SCISSORS」を、本来は45回転なところを33回転で再生。TEIは「45回転のものをあえて33回転で聴くのが好き」とレコードならではの楽しみ方を伝えながら、「ぜひ、画集を買って正解のヴァージョンも聴いてください」と宣伝した。

そして、KYNEがセレクトしたクリスマス・ソング2曲(杉山清貴「最後のHoly Night」、松田聖子「Pearl-White Eve」)をかけて早めのクリスマス気分に浸った後、3人それぞれが今年1年を振り返った。TEIは「今年はいっぱい作品が作れたのでやり切った気がする」とコメント。紹介されたTOWA TEI WORKSは彼の多才さを伝えるものばかり。来年の活躍も期待せずにはいられない、TOWA TEIの絶好調ぶりを伝える番組だった。

■『ARBEIT』


▲『ARBEIT』

2019年11月6日(水)リリース
発売元:BETTER DAYS (日本コロムビア)
CD(2枚組)¥3,000-(税抜)/COCB-54289~90

CD収録予定曲

Disc-1
01.「UCHUJIN」KOJI12000
02.「SHONEN B」ITSUJI ITAO
03.「NOW ROMANTIC」KOJI1200
04.「DRIVE」KYOKO KOIZUMI
05.「2AM」MIHO KARASAWA
06.「BRIGHTER THAN SUNSHINE」LEE JUNG HYUN
07.「PAC IS BACK!」TOWA TEI
08.「CHATR-GERMAN VERSION」TOWA TEI
09.「BUTTER」MIYAKO KODA
10.「WARAU ONNA」HI-POSI
11.「DAINIPPONJIN」TOWA TEI
12.「SLOW IS BEAUTIFUL」TOWA TEI WITH KUMIKO ASO
13.「WHAT IS COCONUT?」SENOR COCONUT
14.「DONE BY THE FORCES OF NATURE」JUNGLE BROTHERS
15.「KICK & LOUD」GEISHA GIRLS
16.「SUISEI FEAT.ONOMATOPE DAIJIN」TOFU BEATS

Disc-2
01.「TINY GIRL」SHACHO MOUSE
02.「CATHY」PIZZICATO FIVE
03.「BE A SUPERMAN」YMO
04.「TURN TURN」SKETCH SHOW
05.「MURASAKI☆SUNSET」KIRINJI
06.「ORANGE」BONNIE PINK
07.「MORE FUN-KEY-WORD」SCHADARAPARR
08.「MIRRORBALL SATELITE 2012」M-FLO
09「BOYFRIENDAYUSE KOZUE
10.「HEARTBEAT,HEARTBREAK」SHIHOKO HIRATA
11.「BOKUWASHIAWASEDATTA」MOONRIDERS
12.「LES CERFS VOLANTS」BENJAMIN BIOLEY
13.「SUPER FREAK」KAHIMI KARIE
14.「ATASHI WA KOKO YO」CHARA
15.「NINGYO」NOKKO

■『FUTURE LISTENING!』


▲『FUTURE LISTENING!』

2019年11月6日(水)発売
発売元:BETTER DAYS (日本コロムビア)
LP(重量盤2枚組)¥5,500-(税抜)/COJA-9364~5

LP収録楽曲
Side-1
01.I WANT TO RELAX,PLEASE!
02.TECHNOVA
Side-2
03.BATUCADA
04.LUV CONNECTION
Side-3
05.MEDETATION!
06.RAGA MUSGO
07.SON OF BAMBI
08.AMAI SEIKATSU
09.OBRIGADO
Side-4
10.DUBNOVA (Part1&2)

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着