アイアン・メイデン、ジューダス・プ
リーストからの共同ツアー開催要望に
「いいね」

ジューダス・プリーストのイアン・ヒル(B)とロブ・ハルフォード(Vo)からアイアン・メイデンと一緒にツアーをやりたいとの要望があったことに、スティーヴ・ハリス(B)がコメントした。
ヒルとハルフォードは、それぞれ、死ぬ前にやりたいとメディアに話していた。

これに対し、SiriusXMの『Trunk Nation』にゲスト出演したハリスはこう返した。「面白いことに、(ハルフォードの発言は)自分の目で見たよ。そしたら今日、イアン・ヒルも同じこと言っていたって誰かが教えてくれたんだ。まだわかんないけどね。できるかどうか、俺らのマネージメントが彼らのマネージメントと協議しなきゃならないだろう。でも、ああ、いいんじゃないか? 実現するようファンが強く求めることだってできる」

アイアン・メイデンとジューダス・プリーストは80年代初めに一緒にツアーを行なっており、ハリスはそのときジューダス・プリーストがプロモートしていたアルバム『Point Of Entry』(1981年)について「俺は、あのアルバムが本当に好きだ」と話した。「プリーストの作品の中で1番じゃないって思ってる人たちもいるだろう。でも、俺は、ツアーで聴いてたからだろう、本当にあのアルバムが好きだった」

アイアン・メイデンは先週、2020年の新たなツアー日程を発表。5月に日本ツアーを行なうことが明かされた。

スティーヴ・ハリスは、2020年1月、彼のもう1つのバンド、ブリティッシュ・ライオンのセカンド・アルバム『The Burning』をリリースし、1月中旬から2月に北米ツアーを開催する。

Ako Suzuki

関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着