渋谷区公認、配信プラットフォーム「
バーチャル渋谷」オープン 『攻殻機
動隊』の魅力を語るOPイベントも

KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業5社で組成する『渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト』の一環として、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」が5月19日(火)からオープンする。

「バーチャル渋谷」は、自宅に居ながらも活動を止めることなく、アーティストのライブやアート展示、トーク・イベントなど「渋谷」らしいコンテンツを発信・体験できることをコンセプトとしており、先端テクノロジーとエンターテイメントを組み合わせることでバーチャル・イベント会場と、リアルな渋谷の街と連携し、同一コンテンツを表現するデジタル・ツイン(ミラーワールド)の2つの体験を提供(※)。本プラットフォームは、11月開催の渋谷区共催事業『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020 (SIW)』における都市型イベント会場としても展開する予定だという。

デジタル・ツイン(ミラーワールド)におけるイベントは今夏予定

なお、5月19日(火)に行われるオープニング・イベントでは、「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点にて、『攻殻機動隊 SAC_2045』を含む『攻殻機動隊』シリーズのファンであるDJ LOVE(SEKAI NO OWARI)や、にじさんじ所属バーチャル・ライバー・アンジュ・カトリーナのほか、「渋谷未来デザイン」フューチャー・デザイナー・若槻千夏、S/U/P/E/R DOMMUNE代表・宇川直宏らがアバターとして登場する、トーク・イベントが実施される。
なお、『渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト』は、「渋谷」における経済や文化の流れを止めずに、エンターテイメントで新しい体験価値を創出することで、文化創造都市である「渋谷」をサポートしていくという。


【イベント情報】

『#渋谷攻殻 NIGHT by au 5G』

日時:2020年5月19日(火) 19:00〜19:45

概要:生粋の攻殻機動隊ファンが「バーチャル渋谷」にアバターで集結。最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』の世界とも融合したバーチャル渋谷のスクランブル交差点で攻殻機動隊シリーズの魅力について熱く語ります。このテーマでなければ絶対に集結しない異色のゲストと共に攻殻機動隊ワールドに陶酔できるトーク・イベントです。

テーマ:攻殻機動隊初心者講座と『攻殻機動隊 SAC_2045』のココがスゴイ!

出演者:
若槻千夏
DJ LOVE
宇川直宏
アンジュ・カトリーナ

参加方法:
バーチャル渋谷は、VRデバイス、スマートフォン、PC/Macからご参加いただけます。参加には cluster(https://cluster.mu) の無料アカウント作成と、ご利用されるデバイス用のclusterアプリのインストールが必要です。またイベントの様子は、YouTube Live、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト公式Twitterでも同時中継します。

参加は こちら(https://cluster.mu/e/bee95acc-5c7f-4ebb-b08a-606348747487) から

■ 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト(https://shibuya5g.org/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着