sumika「絶叫セレナーデ」は新しい彼らに出会える?魅力を歌詞と一緒に紹介!

sumika「絶叫セレナーデ」は新しい彼らに出会える?魅力を歌詞と一緒に紹介!

sumika「絶叫セレナーデ」は新しい彼
らに出会える?魅力を歌詞と一緒に紹
介!

sumikaってどんなバンド?

▲sumika / 絶叫セレナーデ【Music Video】
2013年5月結成され、2017年に発売された1stアルバム『Familia』はインディーズながらオリコンチャート5位を記録。
翌年に行われた全3日間の日本武道館公演は、全て完売。
その勢いは止まらず、2019年3月に発売された2ndアルバム『Chime』は、各配信チャートで一位を獲得しました。
発売に伴い開催されたsumika『Chime』Release Tourでは、全国16都市24公演のツアーを大成功に収めた大人気バンドです。
sumikaのバンド名には「様々な人にとってsumika(住処)のような場所になってほしい」という想いが込められています。
由来のとおり、たくさんの人にとって彼らは住処のような存在になっているでしょう。
sumika初のサマーソング「絶叫セレナーデ」
『絶叫セレナーデ』は映画『ぐらんぶる』の主題歌として書き下ろされ、2020年7月29日にデジタル配信リリースされました。
彼ら自身初となるサマーソングであり、暑い夏を盛り上げてくれる1曲です。
ライブやフェスで一気に盛り上がること間違いないでしょう。
【特集】呑む!そして脱ぐ!愛すべきバカ達、それが「ぐらんぶる」!
https://utaten.com/specialArticle/index/4394
MVでは彼らがアニメーション作品となり、夏祭りや花火、常夏ビーチといった夏の風物詩を楽しむ姿が描かれていてます。
またギターボーカル片岡健太の描いたイラストが、映像のどこかに挿入されているのも見どころの1つです。
ぜひみなさんも、どこに隠れているか探してみてくださいね。
彼らが見せた新たな一面と魅力はここ!
『絶叫セレナーデ』は、80年代の歌謡曲のようなメロディが印象的な曲です。
とても親しみやいメロディと思わず体が動いてしまうようなリズムで、聴くだけで気分が上がってしまいます。
今までsumikaの楽曲になかったメロディが彼らの新たな一面となりました。
このように幅広いメロディを奏でられるのも彼らの魅力といえます。
なんといってもこの曲の注目ポイントは、今までになかった擬音を活用した歌詞。
かっこつけずに言葉の意味を追求するのではなく、言葉遊びをしながらメロディをハメていったため、歌詞にはカタカナがたくさん入り混じっているそうです。

絶叫セレナーデ 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/mi20072210
さっそく冒頭の部分からカタカナで描かれていますね。
メロディに合わせて、歌詞も80年代の歌謡曲を意識したそうです。

絶叫セレナーデ 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/mi20072210
カタカナや擬音語を多く使用すると、どこかダサさを感じさせますがそれをかっこよくしてしまうのが彼ら。
人生も夏の花火のようにハジけよう!
『絶叫セレナーデ』の歌詞をみていくうちに、どこかメッセージ性を感じます。
果たしてどのようなメッセージが込められているのでしょうか。

絶叫セレナーデ 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/mi20072210
サビの部分では花火を連想させるような歌詞が描かれています。
「OH」の部分をライブやフェスで一緒に歌えば、さらに盛り上がりそうです。
夏は1年の中でも特にイベントが多い季節。
楽しいイベントや盛り上がるイベントが多いからこそ、花火のようにハジけて楽しもう!というメッセージが込められている気がします。
もしハジけすぎたらAメロでも描かれたように、すべては「海のせい 夏のせい」なのでしょう。

絶叫セレナーデ 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/mi20072210
この部分では人生は、短く一度きりしかないと描かれています。
夏の季節も人生と同じであっという間にすぎてしまいますし、夏の季節は1年に一度きりしかありません。
「Do it」を和訳すると「やれ」という意味になります。
一度きりしかないのだからやっちゃえ!と背中を押してくれているのかもしれませんね。

絶叫セレナーデ 歌詞 「sumika」
https://utaten.com/lyric/mi20072210
人生は一度切りしかありません。
のうのうと過ごせば、あっという間に過ぎてしまうでしょう。
「たった一度きりしかない人生を夏の花火のようにハジけて楽しもう。」
そのようなメッセージが『絶叫セレナーデ』には、込められている気がします。
みなさんもたった一度きりしかない人生を夏の花火のようにハジけて楽しみませんか?

TEXT 萌依

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着