神はサイコロを振らない 初の映画主題歌に決定!SNSで超フライング弾き語り投稿!

神はサイコロを振らない 初の映画主題歌に決定!SNSで超フライング弾き語り投稿!

神はサイコロを振らない 初の映画主
題歌に決定!SNSで超フライング弾き
語り投稿!

映画の主題歌に決定

2020年要注目の4人組ロックバンド「神はサイコロを振らない」が映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』(10月23日公開)で初映画主題歌を担当することが決定した。
この映画主題歌を担当するのが「神はサイコロを振らない」。
もう会うことができない恋人を想うバラード「夜永唄」が、SNSを通じて広まり、YouTubeに公開されているリリックビデオが1,200万回再生を超え話題を集める。
8月には、テレビ朝日「関ジャム」にてSNSで話題のアーティストとして紹介。
8/16からはYouTubeでのファーストテイク「夜永唄」の音源も配信リリースされ、今もっとも勢いのあるアーティストとしてさらなる注目を集めている。
【歌詞コラム】「泡沫花火」神サイ渾身の夏ソングで紡ぐ、実ることのない一夏の恋
https://utaten.com/specialArticle/index/5532
柳田周作まさかの解禁やぶり!
今回、主題歌を作るにあったって”作りながら何度も泣いた”というボーカル柳田周作が、早くみんなに聴かせたい一心で主題歌解禁日前にもかかわらず「世界で一番優しい歌」と自身のTwitter/Instagram/TikTokに弾き語り映像を超フライング投稿。
映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』WEB予告編の中でアーティスト名を伏せて楽曲は使用されていた為、公式発表はされていないものの、投稿を見て同曲と分かったファンから「神サイ、ついに映画の主題歌か!」「勢いハンパない!」「最高にいい曲、早く劇場で聴きたい!」とコメントが殺到した。
「神はサイコロを振らない」のヴォーカル柳田周作は、今回の主題歌決定に関して
「この楽曲『目蓋』が完成した時は、自分で作って自分で泣いてたのですが、予告編を見た時は、自分たちの楽曲が映画に使われることを夢見ていたので、再び号泣してしまいました。
フライングで投稿してしまってギターの吉田に突っ込まれた時は、「歌は誰にも奪えないんだよ、吉田くん」と虚勢を張りましたが、解禁日を間違えただけです。ユニ◯バーサルの皆さん、すんません。」
とコメント。
【特集】神はサイコロを振らない、儚くて激しい気鋭のロックバンドの魅力に迫る
https://utaten.com/specialArticle/index/5281
サブカル愛に満ち溢れた映画
▲(c)2020メ~テレ
本映画は、名古屋が生んだ、遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」を舞台にしたサブカル愛に満ち溢れた、フルスイングムービー。
2019年5月14日から6月25日にメ〜テレのテレビドラマでその個性を出し過ぎな、誰かの”好き“で溢れかえった本屋を舞台に、自称「空っぽ」の杉下とその仲間たちが過ごしたハチャメチャで刺激的な青春の日々を描いたドラマ「ヴィレヴァン!」が放送。
深夜にも関わらず名古屋を中心としたサブカル戦士たちの熱いハートに火をつけ、カルト的人気を誇った。
そして2020年、第二弾となるドラマ「ヴィレヴァン!2〜七人のお侍編〜」(2020年10月クール/全6回)の制作が発表され、立て続けに映画版『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』の制作も発表され話題を集めた。
出演は、岡山天音、森川葵、最上もが、本多力、柏木ひなた私立恵比寿中学)、平田満、滝藤賢一らドラマ「ヴィレヴァン!」主要メンバーは全員続投し、映画版スペシャルゲストには萩原聖人安達祐実が参戦!
監督は、第一弾、第二弾ドラマと同様「左ききのエレン」「ボイス」の後藤庸介がメガホンをにぎる。
主題歌が幻想的な余韻へと誘う
自身初となる映画主題歌の「目蓋」(読み方:まぶた)は、雑踏や時計の音がノスタルジックな感情を呼び起こさせ、誰もが経験したことがあるであろう、一人部屋の中で眠れない夜を思い起こさせる。
ただただ毎日を普通に生きることの難しさ、愛とは何なのか?と考えさせれられるような書き下ろし楽曲となっている。
エンドロールに響くその切ない歌声が、ヴィレヴァン!らしい軽快なテンションやコミカルさから一転、キャラクターたちの感情や物語を切なくエモーショナルで幻想的な余韻へと誘う。
▲予告編
映画制作者コメント
本作の主題歌楽曲について、監督兼プロデューサーの後藤氏は「映画版として、よりエモーショナルな感情表現を意識していくなかで、映画を観終わったあと現実世界に戻る前に、『あれ?意外と深いこと言ってたな』『泣けるのはナゼだろう?』という余韻を楽しんでもらいたく思っていました。
今回の「神はサイコロを振らない」の楽曲を聞いた瞬間にイメージがバシッと重なりました。
映画では、ヴィレヴァン!のバカバカしい世界観をたっぷり味わっていただきつつ、でも映画館を出る前には、ちゃんと感動で心を清めていただけるシステムになってます。笑」とコメント。
さらに、曲を聞いた出演者の岡山天音さんからは
「こんなにも優しくて色っぽいバラード曲が主題歌とは!まさかの組み合わせ!
この楽曲がヴィレヴァン!の世界観と如何に溶け合うのか。新しいヴィレヴァン!の爆誕を確信しております。
公開まで今しばらくお待ちを!」
というコメントが寄せられた。
ポスタービジュアルのお披露目
▲(c)2020メ~テレ
さらに、本作の本ポスタービジュアルが完成しお披露目となった。
名作映画をオマージュしたような?イラストで描かれたキャラクターたちが散りばめられ、ディーテルまでこだわった、まさにヴィレヴァンらしいビジュアルとなっている。
ポスターは本作が公開予定の劇場やヴィレッジヴァンガード店頭などで随時掲出されていく予定となっている。
神サイ 柳田周作 コメント
代わり映えもしない日々と等間隔にやってくる憂鬱の波を突きつけるように、時計の音が一定のリズムを保ったまま仄暗い部屋の片隅から微かに聞こえてくる。
無理やり閉じた目蓋の内側では今夜も寝かせまいと、焼きついたブルーライトの残党達がざわめき合っている。きっと眠れないのはそいつらのせいであって、何かに傷ついたり誰かを傷つけてしまったりした分の代償なんかではないはずだ。
そう言い聞かせている間にも鼓膜にぺったり貼りついてくる時計の音が、安心感のような、それでいて焦りに似た奇妙な感覚に陥らせる。
このまま月でも落ちてきて自分ごと吹き飛ばしてくれないものかと願う真夜中、月明かりとこの歌でぼんやりと照らして欲しい。
柳田周作
映画情報
『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』
<Credit>
出演:岡山天音、森川葵、最上もが、本多力、柏木ひなた(私立恵比寿中学)、水橋研二、落合福嗣、小林豊(BOY SAND MEN)、大場美奈(SKE48)/萩原聖人、安達祐実/・平田満・滝藤賢一
監督:後藤庸介 
脚本:いながききよたか 
制作:コギトワークス 
配給:イオンエンターテイメント
公開:2020年10月23日
(c)2020メ~テレHP
<Story>
自称「空っぽ」の大学生・杉下啓三は、ヴィレッジヴァンガードで儲け度外視で集められたガラクタや、常識からかけ離れた変人バイトたちに囲まれはちゃめちゃで刺激的な日々を送っていた。
そんな、刺激にも慣れ始め早1年、平和だが、何かが足りていないことに気づく。
この世から“サブカル”がなくなっていたのだ!サブカルを、カルチャーそのものを取り戻すべく、杉下の壮絶なバトルがいよいよ幕を開ける!
「神はサイコロを振らない」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/23010
配信情報
●2020年10月上旬 配信予定
Digital Single「目蓋」(読み:まぶた)
●好評配信中
Digital Single「泡沫花火」(読み:うたかたはなび)
▷配信はこちらから
●好評配信中
「夜永唄 – From THE FIRST TAKE」 
▷配信はこちらから
▷「夜永唄」Official Lyric Video
▷夜永唄 / THE HOME TAKE

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着