【シシド・カフカ】『シシド・カフカ
Tour 2016』2016年6月26日 at shib
uya duo MUSIC EXCHANGE

取材:榑林史章

 独特のリズムが特徴の「明日を鳴らせ」で始まったライヴ。足を踏み鳴らすような力強いキックと爽快なメロディー、シシド・カフカの生み出すピリ辛が心地良い世界へと誘う。プリッツのCM曲にも起用された「Hunger×Anger」では、観客も“腹ぺこ!”など声を揃えて歌った他、「朝までsugar me」はアイドルのライヴさながらのクラップとかけ声で会場がひとつになった。そんな様子に彼女は、“いいね”“今日は楽しくなること間違いないね”と嬉しそうな表情。中盤にはドラムセットの上に腰掛けて“応援してくれるみんなが、楽しいとか嬉しいと思ってもらえる音楽を作り続けていきたい”と、デビューからの4年を振り返りながら語った。それに続いた「群青」ではドラムは叩かずに座ったままで、実にエモーショナルな歌声を披露した。後半はリズミカルなドラミングを聴かせる「Obertura」を皮切りに、アッパーのナンバーで一気呵成。一緒にツアーを回ってきたバンドメンバーとの呼吸もぴったりで、大きくうねるようなグルーブで会場を熱狂の渦に巻き込んだ。アンコールでは6月23日に誕生日を迎えたばかりということで、“ハッピーバースデー カフカ”の合唱が。“年々歳を重ねることがどうでもよくなる。夏木マリさんも年齢は記号よ!って言ってたし”と、笑った彼女。アンコールラストでは「バネのうた」を披露し、バンドメンバーも観客も一斉にジャンプ。彼女もこの日一番の笑顔でジャンプ。全国9公演を巡ったツアーファイナルは、嬉しくて楽しいバースデイライヴになった。

セットリスト

  1. 明日を鳴らせ
  2. Hunger x Anger
  3. 朝までsugar me
  4. 負けないゲーム
  5. 100年ビール
  6. くだらない世の中で
  7. 群青
  8. Crying
  9. Don’t be love
  10. Spider trap
  11. Oberture
  12. Get up !
  13. ROLLING ROLLING
  14. ラヴコリーダ
  15. 特別な人
  16. キケンなふたり
  17. 春の約束
  18. <ENCORE>
  19. 最低な夜のあと
  20. さようなら あたし
  21. 愛する覚悟
  22. バネのうた
シシド・カフカ プロフィール

シシド・カフカ:メキシコ出身。ドラムヴォーカルのスタイルで2012年「愛する覚悟」でCDデビュー。13年9月に1stアルバム「カフカナイズ」発売。フジテレビ『新・堂本兄弟』『ファーストクラス』への出演や、『PRETZ』『SONY WALKMAN®』『Levis®』などのテレビCMでも話題に。15年6月にはセッションミニアルバム『K⁵(Kの累乗)』をリリース。各フェスへの出演の他、女優、モデルなど、多方面で活躍中!シシド・カフカ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • 臼井孝のヒット曲探検隊-アーティスト別ベストヒット20
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • G-NEXT POWER PUSH

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」