Hilcrhyme /
「事実は小説よりも奇なり」
-Vol.II 開幕-

遂に始まったHILCRHYME TOUR 2013「LIVE A NOVEL」
過去最高となる動員を記録し、各地で熱狂の渦を巻き起こしています!
第2回は始まったばかりのツアーの裏側をTOCがリポート!
この小説-NOVEL-の8人の登場人物。左上から横にSHIGE、HAYATO、SHO、Qooちゃん。左下からTAKU、TOC、DJ KATSU、SUGURUです。初日終演後の一枚。
高知公演、今年2月に閉館となったBAY5 SQUAREにて。また1つ素晴らしいライブハウスがなくなった。本当にお世話になりました。
京都公演 KBSホールにて。超巨大ステンドグラスはこの会場の名物。最後の一曲の時だけ使われるというとても贅沢なステージでした。
基本的に公演の午前中はその土地の名所をランニングしてます。見かけたら声かけてやって下さい★
移動中に一枚。イベンターの方と。

TOC's MESSAGE

あっどうもTOCです。連載二回目、遂にツアーがスタート!
ツアーめっちゃ楽しいです。もうね、ほんとに修学旅行なんですよ、ええ。

そしてLIVE。今回は本っっ当に盛り上がる!!特に初日の新潟県民会館は凄い騒ぎでした。そりゃそうだよなぁ…今までとLIVEが全然違うもんなぁ…。 最高のレスポンスをありがとう!

HilcrhymeのLIVEの見所はラップと歌とダンスと音の融合です。
魅せるところは魅せて、聴かせるところは聴かせる。

そしてお客さんとの「距離感」を一番大事にしています。 これから回る各地のファンの皆さん、待っていて下さい。

LIVEに足を運んでくれた皆さんに感謝と愛を込めて…とにかくあなたの近くに行きたいのです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着