キース・ジャレット (c)Roberto Masotti

キース・ジャレット (c)Roberto Masotti

キース・ジャレット、
幻の作品が世界同時リリース
&ティーザー映像公開

キース・ジャレットのソロアルバム『ラ・フェニーチェ』が10月19日に世界同時リリースされる。同作はキース・ジャレットが2006年7月19日にベネチアのフェニーチェ劇場で披露したピアノ演奏を収録。12トラックを収めた2枚組CDおよびデジタル配信でリリースされる。

発表とあわせてアルバムのティーザー映像と、収録曲「ザ・サン・フーズ・レイズ」の先行配信がスタート。「ザ・サン・フーズ・レイズ」は、1985年に初演されたオペラ『ミカド』のためにウィリアム・S・ギルバートとアーサー・サリヴァンが書き下ろした楽曲だ。

キースは9月29日に国際展覧会『ベネチア・ビエンナーレ』音楽部門でジャズミュージシャンとして初めて金獅子賞を受賞する。同賞は、過去にピエール・ブーレーズやスティーヴ・ライヒといった現代音楽の作曲家たちが受賞している。

(c)Roberto Masotti

アルバム『ラ・フェニーチェ』
ティザー映像

アルバム『ラ・フェニーチェ』2018年10月19日発売
    • UCCE-1172/3/¥3,500+税
    • <収録曲>
    • ■DISC1
    • 1.パートI
    • 2.パートII
    • 3.パートIII
    • 4.パートIV
    • 5.パートV
    • ■DISC2
    • 6.パートVI
    • 7.ザ・サン・フーズ・レイズ
    • 8.パートVII
    • 9.パートVIII
    • 10.マイ・ワイルド・アイリッシュ・ローズ
    • 11.星影のステラ
    • 12.ブロッサム
    •  
    • ◎iTunes予約はこちら
    • https://itunes.apple.com/jp/album/1435138629?app=itunes
キース・ジャレット (C)Roberto Masotti
アルバム『ラ・フェニーチェ』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。