© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX

© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX

ディズニーファンのための「キングダ
ム ハーツIII」基礎講座

「キングダムハーツ」シリーズが初めての人でも『キングダム ハーツIII』が始められる! どんなところが魅力なのか。ストーリーの不安も解消できるように、徹底案内! グーフィーとドナルドファンはやらなきゃ損!? とびきりの写真を撮ってSNSでシェアもできる!

2019年1月25日にスクウェア・エニックスよりPlayStation4 / Xbox One用ゲームソフト『キングダム ハーツIII』が発売になりました。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
気になるけれど、『キングダム ハーツIII』からプレイするのは不安と思う人も少なくないかと思いますので、初心者さんでも楽しめるポイントを紹介します。
『キングダム ハーツIII』の主人公のソラ「キングダム ハーツ」シリーズは、ディズニーとスクウェア・エニックスから生まれたロールプレイングゲームです。
2002年3月に第1作目『キングダム ハーツ』(対応機種:PlayStation2)を発売して以来、これまでに11作品(ファイナルミックス版も含めると19作品)を発表し、全世界で累計2,500万本以上を出荷・販売する大人気シリーズとなっています。
これまで11作品出ていることもあり、ストーリーと登場人物がいっぱいでわかりにくいとの心配もあるかもしれません。
ですが、それは気にしなくて大丈夫! 全シリーズをプレイしてきた私でも、整理が難しかったストーリーで忘れていることも多かったのですが、物語はしっかり理解できました。
それ以外にも、『キングダムハーツIII』オフィシャルサイト内「IIIに繋がる物語たち」にて物語を予習することができます。
ゲーム内でも同じものを見ることができるので、都度物語の確認がしやすくなっています。
予習はここでOK! まずは『キングダム ハーツIII』をプレイしてみて、もっと世界に触れたくなったら、追加で過去作品をプレイするのもいいと思います。
そして、「キングダム ハーツ」シリーズの主人公、ソラ。
ソラは選ばれし者が持てる武器「キーブレード」を手にした少年です。
「キングダム ハーツ」シリーズでは幼馴染のカイリと親友のリクと再会するために旅をしてきたところから、いつしか世界の異変に立ち向かう旅となったのです。
『キングダム ハーツIII』では、いずれ訪れる脅威に備えて、7人の光の守護者を揃えるため、様々なディズニーの世界を旅することになります。
ディズニーマニア的『キングダム ハーツIII』での胸熱ワールド『アナと雪の女王』のアレンデールや『塔の上のラプンツェル』のキングダム・オブ・コロナなどディズニーの作品を舞台にしたワールドは魅力的な世界ばかりです。
その中でも、私がオススメするのは『ベイマックス』を舞台にしたワールドの「サンフランソウキョウ」です。
和洋折衷の独特の世界観をそのまま闊歩することができるのです。
ヒロとベイマックスだけでなく“ビッグヒーロー6”とともにワールドを飛んで駆け回るのは「最高! 」としか言いようがありません。
そして、ストーリーも『ベイマックス』を観た方なら間違いなく嬉しくなれるお話で、私はこのワールドで号泣しました。
もう、このために『キングダム ハーツIII』をプレイしていたのかもしれないと思うくらいの、クライマックスでした。
SNSで写真をシェアできる!他……
一緒に戦ってくれるドナルドとグーフィーのファンはやらなきゃ損!ソラはドナルド、グーフィーと旅をしていきます。
旅の途中では、ドナルドとグーフィーが度々語りかけてくれる場面も。
助けを求められて回復をしたら、お礼を言ってもらったり、逆に助けてもらうような場面があったり……。
三人の絆を強く感じることができて、ドナルドとグーフィーを身近に感じながら旅をすることができます。
旅を一緒にすることで、もっと二人のことが好きになること間違いなし!
そしてバトルでも、ドナルドとグーフィーは大活躍! それぞれのキャラクター特有の連携技があり、敵に大ダメージを与えることができます。
カメラ機能でSNSにシェアできる!ゲーム内のカメラを使って撮影した画像をTwitterなどのSNSで共有することができます。
カメラを向けるとキャラクターたちは個性豊かなポージングをしてくれて、自撮りモードではソラとキャラクターとの撮影も可能!
見晴らしのいい場所で絶景の写真を撮ることができるのです。
ストーリーを進めていくと、写真を撮る時に使える機能が増えることも……。
友達とゲームの進行具合を報告しあったり、フォトジェニックな一枚を撮って自慢することもでき、『キングダム ハーツIII』のあなただけの思い出を振り返ることができます。
ゲーム本編以外にも楽しめる要素がたくさんの『キングダム ハーツIII』
ここから初めてもまだまだ大丈夫! 難易度も選べるので、ゲームビギナーでも安心してはじめてみてください。

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」