オジー・オズボーン、イアン・ギランらとプレイしてきたアイルランド出身のギタリスト、バーニー・トーメが、日曜日(3月17日)亡くなった。誕生日の前日、66歳だった。
月曜日(18日)、彼のFacebookに「バーニー・トーメ 18.3.1952 - 17.3.2019」との悲報が掲載された。
先月中旬、トーメは重度の肺炎により入院し、Facebookには「バーニー・トーメは極めて具合が悪く、気管支肺炎で集中治療室にいます。彼のために祈ってください」というメッセージが投稿されていた。

オジー・オズボーンは、「なんて悲しい日だ。俺らはまたもや偉大なミュージシャンを失った。バーニーは黄金の心を持つ寛大な人だった。とても惜しまれる。彼の家族、友人、ファン達へ心から哀悼の念を捧げる。安らかに、バーニー」と追悼した。
トーメは、1982年にランディ・ローズが亡くなった直後、短期間ではあるが、オジー・オズボーンのツアーに参加。オジーの妻でマネージャーのシャロンは「バーニー・トーメが亡くなったなんて信じられない。バーニーは、オジーと私が非常に必要としているときに助けてくれた。私たちはそのことを絶対に忘れない。彼の家族に愛とお悔やみを」と、追悼と謝意をツイートしている。
イアン・ギランは「バーニー・トーメが昨日、2019年3月17日に亡くなったと知り、とてもとても悲しく、動揺している。あの男には多大なリスペクト;人として、プレイヤーとして。バーニー、向こうでGive ‘em Hell(一発見舞ってやれ)だ。No Laughing in Heaven(天国に笑いはない)? いまはある!」との言葉を寄せた。
合掌。

Ako Suzuki

関連記事

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。