ミツメ / なめらかな日々 コンセプト
・アルバムの傑作『Ghosts』を象徴す
る1曲が先行リリース & MV公開――
悲しみの果て、消えゆく“私”を忘れ
ないで

ミツメは、東京のインディ・シーンを代表する4人組バンド。今年で結成から10年を迎え、春に5thアルバム『Ghosts』をリリースする(特設サイトは こちら(https://mitsume.me/ghosts) 。今後インタビューなどが追加される予定とのこと)。フル・アルバムは3年ぶり、つまり『A Long Day』(2016)以来というのはなんだか驚きだ。シングル作品の発表があったとは言え、それ以上にさまざまな活躍を見せているから。

そんな彼らの新作は「なくなってしまったものや、過ぎ去って行ったこと、それらの面影を感じる11篇の物語」を収録した一枚。そこにずらりと並ぶコンセプチュアルな曲目から、「なめらかな日々」が各種サブスクリプション・サービスにて先行公開されている。淡々とした歌いぶりから伸びやかな旋律へと一転するサビに注目してほしい。
そして、映像作家の芳賀陽平が監督したというMVも本日公開された(彼は以前 「オブジェ」(https://youtu.be/8tPyV-qEKoA) のMVも手がけている)。全編を覆う深い霧とは対照的に、女性の姿やそれにまつわる物が映り込むシーンにはパッと明るい色が差し込まれており、その対比は何とも美しい。また、彼女がレモン色の傘を手に団地を眺める様子からは、3rdアルバム『ささやき』へのオマージュも感じられる。

最後には、旧くからずっとミツメのアーティスト写真(今回、史上最高にカッコいい……)、ジャケット写真(これまた印象的)を撮り続けてきたトヤマタクロウも登場。ここで撮られたものは今後どこかで公開されるのだろうか、ぜひ楽しみにしたい。

ちなみに、盛況に終わった2月の “WWMM”のレポート(https://spincoaster.com/report-wwmm-2019) にて、現に私は「(楽曲)全体として虚無感と充足感との半ばにある暮らしを想起させた」と述べている。正直、その日は言葉の端々をどうにか掠める程度で、リリックを聞き取ることがほとんど叶わなかった。それなのにサウンドだけでこの印象とは、もはや恐ろしい気さえする。いつまでも彼らの底が知れない。

空白は、あったりなかったりする――いや、思い出したり忘れたりする。ぽっかりとした心は、謂わば幻影を投じるスクリーン。そうやって夢を見ていれば、ある意味“幸せ”だろう。しかしながら美化されたイメージとは虚しいもので、それが現実を充してくれることはきっとない。

ところで、日常感を醸し出すのに木琴の呑気な音はぴったりだ。そのさりげなさと愉しげな雰囲気に、私は「忘れる(Single ver.)」の残像を見た。でも瑞々しいはずの音が沈んでいるような瞬間もあり、なめらかな日々とは一体どんなものだろうとの疑問が浮かぶ。

それに音色だけでなく、歌詞からも吹っ切れない様子が伝わってくる。現在の生活は悪くないよと言う一方で、以前のざらざらした感触も(顧みれば)それなりだったのかもしれない。少なくとも忌避するものではなく、大げさに言えば愛おしいノイズだったのだろう。
また、「いさかいばかりが増え」「別の道を歩む」と歌っているが、(全体の流れからして)ありふれた痴話喧嘩やその結末として別れを迎えたと考えるとどうも引っかかる。3度繰り返されるAメロのなかで、もしも歌詞が時を遡っているとしたら――そうか、“ざらつき”は2人の間にあったんじゃない。彼/彼女の心に遺されたと考えるべきだ。そして十分悲嘆に暮れ、やがて忘れていくことで、なめらかさをやっと取り戻したに違いない。

まあ、こう言えば大抵響きよく聞こえる。ただ、ここでの“なめらか”は「手がかりがない」とか「立っていられない」とか、不安定な意味合いも含むのでは。だって、“穏やかな日々”が素直な表現だ。幸福や安心、あるいは自分自身に対する感じ方が大きく揺さぶられている。つらい想いさえも失くなってしまったら……。つまりはゴースト。

あなたは、いたりいなかったりする――いや、思い出したり忘れたりする。いるようでいない。


【リリース情報】

ミツメ 『Ghosts』

Release Date:2019.04.03 (Wed.)
Label:mitsume
Tracklist:
1. ディレイ
2. エスパー
3. ゴーストダンス
4. エックス
5. ふたり
6. セダン
7. なめらかな日々
8. クロール
9. タイム
10. ターミナル
11. モーメント

※CD、LP同時リリース


【イベント情報】

mitsume tour Ghosts 2019

日時:2019年5月26日(日) OPEN 16:00 / START 16:30
会場:札幌 Bessie Hall
料金:前売 ¥3500 / 当日 ¥4300

日時:2019年6月8日(土)
会場:台湾・台北 Legacy

日時:2019年6月15日(土) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福岡 INSA
料金:前売 ¥3500 / 当日 ¥4300

日時:2019年6月22日(土) OPEN 17:30 / START 18:00
会場:宮城・仙台 enn2nd
料金:前売 ¥3500 / 当日 ¥4300

日時:2019年6月29日(土) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:愛知・名古屋 CLUB UPSET
料金:前売 ¥3500 / 当日 ¥4300

日時:2019年6月30日(日) OPEN 17:00 / START 18:00
会場:大阪 umeda TRAD
料金:前売 ¥3500 / 当日 ¥4300

日時:2019年7月10日(水) OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京・恵比寿Liquidroom
料金:前売 ¥3500 / 当日 ¥4300

日時:2019年7月13日(土)
会場:杭州 MAO LIVEHOUSE

日時:2019年7月14日(日)
会場:上海 MAO LIVEHOUSE

日時:2019年7月16日(火)
会場:成都 NU SPACE

日時:2019年7月17日(水)
会場:北京 OMNI SPACE

日時:2019年7月19日(金)
会場:武漢 VOX LIVEHOUSE

日時:2019年7月20日(土)
会場:深圳 B10 LIVE

日時:2019年7月21日(日)
会場:香港 TBA

・チケット
オフィシャル・サイト先行予約(http://mitsume.me/) :3月4日(月) 20:00 〜 3月11日(月)

■ ミツメ オフィシャル・サイト(http://mitsume.me/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着