コックピットに入る貴重な体験も!P
RIZMAX・森崎ウィンが好きな飛行機B
EST3

7人体制となって初リリースとなるアルバム『FRNKSTN(フランケンスタイン)』を4月17日に発売するPRIZMAX。ハリウッド映画への出演や、ミャンマーでレギュラー番組を持つなど、飛行機に乗る機会も多い森崎ウィンに好きな飛行機を教えてもらいました!ちなみに飛行機好きの彼の機内での過ごし方は、ゲームやアニメ、フライト状況の画面を眺めるなど、あまり寝ずに過ごすことが多いそうです♪

【PRIZMAX サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
4月13日〜20日に掲載されるランキング&インタビューの記事下に8つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、20日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!
【1位】エアバスA380
世界初の総2階建て、4発エンジンの超大型旅客機です。映画『レディ・プレイヤー1』の完成プレミア開催に伴い、アメリカからイギリスに行くときにA380に初めて乗ったら、機体が大きいから揺れないし、コックピットの中にも入れてもらうという特別な体験もできて。A380を世界でもっとも多く運行しているエミレーツ航空が発注数を大幅削減したことで生産中止になったという発表が少し前にありましたけど、すっかりファンになっちゃった僕としてはとても残念です。
【2位】ボーイング787-9
“ドリームライナー”とも呼ばれるボーイング787は、中型機でありながら長距離を飛べる、次世代中型ジェット旅客機です。従来機に比べて客室内湿度、耳への気圧負担感にしても快適性が向上していて、室内光はLED、天井は少し高くなっていて窓も大きく、その窓はシェードを開け閉めするのではなく、電子カーテンの光量を乗客自らがボタン調節できるんですよ。ついこの間、アメリカに行くときにも乗ったんですけど、乗り心地の良い機体です。
【3位】ボーイング767-300ER
国内線・近距離国際線用としてANAやJAL、デルタ航空などで使用されているボーイング767-300ER。なぜ好きかというと、ANAが僕の故郷・ミャンマーに直行便を出してくれているんですよ。セミワイドボディ機と呼ばれジャンボ機よりもずっと小さい機体ではあるんですけど、各種システムの自動化やデジタル技術を採用しているハイテク機。エンジンが4発あるジャンボ機と違って双発(ふたつ)エンジンで飛ぶ、地球に優しい機体でもあります。

アーティスト

ランキングBOX

“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。