Tom Misch、Loyle Carnerとのコラボ
でも話題のJordan Rakei、6月にニュ
ー・アルバム『Origin』リリース

Header Photo by Ellis Scott

ロンドンを拠点に活動するオーストラリア出身のマルチ・プレイヤー、Jordan Rakeiがニュー・アルバム『Origin』を6月14日(金)にリリースされることが発表。現在、同作より新曲「Say Something」「Mind’s Eye」が公開されている。
Tom Mischを筆頭としたロンドンの最旬ポップ・シーンと、同郷のHiatus Kaiyoteらが活躍するネオソウル・シーンとのハイブリッドと形容される独自のサウンドを武器に台頭してきた彼は、Jorja SmithやSmphaなど、UKの「今」を体現するトップ・アーティストらと並んでLoyle Carnerの最新作『Not Waving, But Drowning』にゲスト参加したことでも話題となった。

2017年に発表され、高い評価を獲得した『Wallflower』以来およそ2年ぶりとなる本作『Origin』は、ディストピア的未来、とりわけ――チャーリー・ブルッカーの『ブラック・ミラー』や、マーガレット・アトウッドの『侍女の物語』、デヴィッド・リンチの『ツイン・ピークス』――にインスパイアされたアルバムになっているという。人間性や我々の存在意義に対するJordanの深い思索を活力の源とした本作は、テクノロジーの発達で感じる脅威に対応を迫られる主人公の旅を辿り、それがどんな風に目の前の経験や人々から我々を遠ざけてしまうか、という問題を扱っている。


【リリース情報】

Jordan Rakei 『Origin』

Release Date:2019.06.14 (Fri.)
Label:Ninja Tune
Tracklist:
01. Mad World
02. Say Something
03. Mind’s Eye
04. Rolling into One
05. Oasis
06. Wildfire
07. Signs
08. You & Me
09. Moda
10. Speak
11. Mantra
12. Always Coming [Bonus Track for Japan (BRC-598)]

※国内盤特典、ボーナス・トラック追加収録 / 歌詞対訳・解説書封入

■ リリース詳細(http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10248)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着