ポール・スタンレー「ソウル・トレイ
ンの1stアルバム、ほぼ完成」

キッスのツアーで忙しいはずのポール・スタンレーだが、昨年終わりから取り掛かってきた彼のサイド・プロジェクト、ソウル・トレインの1stアルバムの制作も順調に進んでおり、間もなく完成予定だという。
スタンレーは米ラジオ局Real Radio 104.1のインタビューで、「ほぼできた。でも、リリースは待つつもりだ」と話した。「なぜなら、十分に注目されるべきだし、俺は完全にこれに専念する必要がある。だから、素晴らしいライブ・パフォーマンスができるまで、俺らがしかるべき方法でプロモートできるまで待つ。でも、ビックリするほどいい出来だ」

ザ・テンプテーションズやアル・グリーン、スモーキー・ロビンソンなどのソウルの名曲をカヴァーするソウル・ステーションは2015年秋に米カリフォルニアで初ライブを行ない、日本でも2018年1月に公演を開いている。
キッスは1月31日に最後となるツアー<End Of The Road>を開幕し、今月3日に北米ツアー第1弾を終了。来週月曜日(5月27日)からはヨーロッパ・ツアーを開催する。途中、数週間から2ヶ月の休みは入るが、年内は12月初めまで公演を開く予定。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。