金子有希、髙橋麻里、山田麻莉奈

金子有希、髙橋麻里、山田麻莉奈

【Kleissis インタビュー】
歌う、踊る、演じる、
ギュッと詰めてお届けできたらいいな

7人の声優によるヴォーカルユニット、Kleissis(クレイ・シス)。4月の記者会見でスマホRPGゲーム『アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実』(今夏リリース)に7人がキャラクターとして出演していることが明かされた。新たな展開を迎えた今の心境と今後について山田麻莉奈、髙橋麻里、金子有希に語ってもらった。

ゲームの制作発表は、
新たな楽しみが増えた日でした

――4月6日にスマホRPGゲーム『アルカ・ラスト』の制作発表がありましたが、その発表の時はどんな気持ちでしたか?

金子:“やっと発表できた”という気持ちでした。でも、私たちは当然知ってはいたので、特に大きな心境の変化とかはなかったですね。

髙橋:ファンの人たちはビックリしたと思います。“こんなに大きなプロジェクトだったんだ!”って(笑)。

山田:制作発表の時、ゲームの映像とかを見てジーンときちゃって泣きそうでした。グループが出来てからの期間が長かったので“やっと”という気持ちもありましたし、ゲームを通して改めてファンの方も“この曲にはこういう意味があったんだ”って思いながら聴いてもらえるようになりましたし、新たな楽しみが増えた日でもありました。早くゲームをやってみたいです!

――その制作発表の時に《事前登録者数が1万人を超えたら新曲をリリースする》と告知されましたが、あっという間に1万人を突破しましたよね。

髙橋;すっごくありがたいなって思います!

山田:すぐに1万人を超えて、そのまま2万人も超えたというのを聞いてビックリしました。それでもう1曲作ってもらえることになったのでうれしいです!

金子:新しい曲は7月20日の結成1周年単独ライブで披露するので、まだファンの方は誰も聴いてないんですけど、これまでの楽曲とはまた違ったタイプの曲になると思います。

――これまでに7曲発表をされて、どれも思い入れが強いと思いますけど、特に好きな曲は?

山田:選ぶの難しいんですけど、私が演じるキャラクター《サユキ》に深く関わっている「贖いのアリア」かな。しっとりとした曲調が個人的にもすごく好きです。

高橋:私は「逆さまの世界にて」。Kleissisの楽曲って強い曲が多いんですけど、この曲は女性らしさや切なさが感じられて、ライヴで歌っていてとても気持ちいいです。

金子:私も「逆さまの世界にて」ですね。自分の担当曲というのもあるんですけど、より物語チックな歌詞とか、ダンスの振り付けも好きです。ファンの方たちが“ライブで一番化けた曲”だと言ってくださってるみたいで、それを知ってすごくうれしかったです。

――新曲の2曲のほかにも、今後どんどん曲が増えていくと思いますが、どんな曲を歌ってみたいですか?

金子:ハモリがたくさん入っている曲とか、セリフ入りとか、ちょっとミュージカル調になっている曲だったり。

山田:セリフ、いい!

金子:私は、ゲーム用のアフレコがまだ終わってないんですけど(取材時)、他のメンバーは録り終えてるから、それぞれのキャラの特徴がつかめてて、だからキャラの個性を生かしたセリフ入りの曲が欲しいなって。あと、全部の世界観をつなげたような曲とか。

高橋:全体的なことは、ねこさん(金子)が言ってくれたんですけど、あとはキャラを生かしたソロ曲もいいなって。

山田:キャラで歌うという意味では、キャラクター同士の関係性もあるので、ソロだけじゃなくてユニット曲も欲しくなりますね。全体で歌う曲があって、ソロ曲があって、ユニット曲があったら、ライブの構成も広がりますから。

―ーゲーム用のセリフの収録(アフレコ)も行われたということなので、それぞれのキャラについて改めて教えてください。

山田:はい、私が演じるサユキちゃんは天然でおっちょこちょいで守ってあげたくなる女の子です。積極的に行けない引っ込み思案なところは私自身と似てるかもしれないです(笑)。

高橋:私が演じるユンちゃんは、ユルふわで自由な子ですが、自分をしっかり持っていて周りに流されない性格。ポジティブで明るいところは私と似ています(笑)。

金子:私が演じるミウはサバサバした性格の女の子で、立ち位置としてはミオ(元吉有希子が演じるキャラ)と同じお姉さんキャラですけど、あまりお姉さんにしすぎないようにしたいなと思っています。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。