ミュージシャンの岡崎体育が、ブレイク後も暮らしていた実家を出たようだ。自身のツイッターで伝えている。

 2016年にアルバム「BASIN TECHNO」でメジャーデビューした岡崎。以降、注目度を高め、テレビ番組への出演をも増加し、2018年にはNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』でテレビドラマ初出演も飾った。

 独特の音楽センスや演出力などクリエイターとして評判を呼び、各方面から注目を集めてきた岡崎。ただ、ブレイクを果たして以降も実家暮らしを続けていることで有名だった。

 そんな岡崎が22日に自身のツイッターを更新。「実家を出ました! 自立できるように頑張ります!」と短いメッセージを寄せ、実家暮らしから卒業したことを報告した。

 この岡崎のツイートは大きな反響を呼び、「いいね」の数は瞬く間に続伸。現在は4万件に迫ろうとしている。

 ファンからは「おめでとう!」「巣立ち!」「最大のニュースきたー!」などのコメントが寄せられると同時に「巣立つ子供を送るような気持ち」「めっちゃお母さんみたいに心配してしまう」との声も見られる。

 さらに、この報告には氣志團綾小路翔も反応し、「いいね」を付けるとともに岡崎の投稿をリツイートした。

 綾小路は「親のすねかじり界、最後の大物が遂に…!!」とコメントし、「引っ越し祝いの定番・博多人形、良いの見繕っておきます!」と祝意を示した。

 今年に入り、一部媒体で実家暮らしを卒業することを宣言し、6月には、夢だったというさいたまスーパーアリーナでのコンサートを成功させていた岡崎。満を持しての報告にファンからは「岡崎体育第2章の始まり、楽しみにしています!」「やっぱり有言実行! 応援してます」などとエールが寄せられている。

 そんな岡崎は、約1年5カ月ぶりにアーティスト写真を更新。カメラマンは、メジャーデビュー以来の付き合いとなる神藤剛氏によるもので、モンゴルで撮影した。

MusicVoice

音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス

新着