スピッツ、10周年を迎える恒例の夏イ
ベント『ロックのほそ道』がゼビオア
リーナ仙台で大団円

宮城・ゼビオアリーナ仙台にて、スピッツ恒例の夏イベント『ロックのほそ道~10th Anniversary Special~』が、8月31日(土)・9月1日(日)の2日間に渡って開催された。
2010年から始まった『ロックのほそ道』は、これまで宮城を拠点に福島・岩手・山形・青森・秋田と東北地方を行脚する形で開催されてきたイベント。今年は、10周年ということで、初のアリーナでの開催となり2日間で1万人の観客を動員し、東北の夏を盛り上げた。
スピッツ
スピッツ

スピッツ

初日には、第1回目から最多、6回目の出演となるフラワーカンパニーズ、同じく第1回目から出演、5年ぶり4回目の秦 基博、そして2年ぶりの出演となるMy Hair is Bad。2日目は、2015年以来4年ぶりの出演となるクリープハイプ、2012年初出演、今回で3回目のUNISON SQUARE GARDEN、そして、初参加のsumikaがそれぞれ熱いパフォーマンスでイベントを盛り上げた。
2日間に渡り、トリをつとめたのはスピッツ。最新シングル「優しいあの子」の演奏が始まると、観客はメロディーに合わせて体を揺らしたり口ずさんだりして表現し、会場はあたたかい幸せな雰囲気に包まれていた。疾走感溢れるロックナンバー「8823」で、会場の盛り上がりは最高潮となり、草野マサムネ(Vo/Gt)の「ロックのほそ道、またお会いしましょう」という一言で、『ロックのほそ道』の10周年を締めくくった。

撮影=内藤 順司
スピッツ
スピッツ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着