【機材レポート】B'z、<LIVE-GYM 2
019 -Whole Lotta NEW LOVE->松本孝
弘サウンドシステムの全貌

B'zが6月8日の鹿児島アリーナを皮切りに、9月10日のマリンメッセ福岡まで、全国16ヵ所計36公演のアリーナ&ライブハウスツアー<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->を開催した。最新アルバム『NEW LOVE』を引っ提げて行われた同ツアーではサポートメンバーを一新。『NEW LOVE』で切り拓いた新境地はもとより、これまでの代表曲の数々にも進化したグルーヴが息づいていたことは
でご紹介したとおりだ。
BARKSは9月3日および4日に行われた幕張メッセ 幕張イベントホールのステージ上にて機材撮影を実施した。同ツアーの松本孝弘のギターサウンドシステムの全貌をご紹介したい。

   ◆   ◆   ◆

アルバム『NEW LOVE』レコーディングは松本孝弘自身が所有するヴィンテージギターを中心に行われたもの。これに加えて大きなトピックは、昨年のレコーディング前に入手していたGibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10の新登場にあった。結果的にアルバム収録全13曲中、9曲で使用されるなど『NEW LOVE』ギターサウンドの中核を担った存在のひとつと言って過言でない。そして開催された<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->でも“Oxblood”が大活躍。また、B'zのステージを思い浮かべるとき、いつもそこには“アンプの壁”が鎮座していたが、今ツアーの“アンプの壁”はこれまでとは一味異なるもので、開演を待つオーディエンスの高揚感を増幅させた。
<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->で松本孝弘が使用したサウンドシステムは、昨年のツアー<B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”>や<B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI->時のシステムを踏襲しつつ、今回のツアー用にモディファイが施されている。とりわけ、コントロールシステムは約10数年ぶりに刷新されていた。

ステージ上で使用されたギターはアコースティックを含めて全7本。Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10、Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283といった2本がセットリストの半数以上でプレイされていたことをはじめ、半音下げチューニングのナンバーでGibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163、トレモロアームを使用するナンバーでErnie Ball Music Man EVH Model PINK #86255、「マジェスティック」でFender Stratocaster 1969 Reissue、半音下げ(6弦のみC#)チューニングの「RED」でGibson Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellow prototype #001、アコースティックで披露された「裸足の女神」前半部でGibson CJ-165EC #02227034が登場した。

つまり、“Oxblood”と“Gold Top 1957 Reissure”といった2本のレスポールをメインに、チューニング違いやアーム使用などの用途に応じてギターがセレクトされていたようだ。ギターテック曰く、「今回もリハーサルでいろいろなギターを試しながら、イメージするサウンドにベストマッチするものをセレクトしていった」とのこと。以下、使用ギターの1本1本について解説したい。

   ◆   ◆   ◆

【GUITAR編】
▲<Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10>
1970年代前半にジェフ・ベックが愛用した“Oxblood”(オックスブラッド)を完璧に再現した限定50本のプレミアムなモデル。ジェフ・ベック本人が1本1本実際に試奏し、直筆サインと製造番号が施された。“Oxblood”とは、レコーディングのためにテネシー州メンフィスを訪れていたジェフ・ベックが立ち寄った際に出会ったギターであり、モディファイのために楽器店に持ち込まれていた1954製レスポールだ。オリジナルのゴールドトップがOxblood(くすんだ濃赤色)にリフィニッシュされているほか、オリジナルのP-90ピックアップはハムバッキングPUへ、50年代初期のラウンドネックはよりスリム化され、ペグも新しいものに交換されていた。なお、リアピックアップの上部ラインを基準に下方向ザグリ加工を行なったために、通常よりもブリッジ側に寄るという特異な仕様となっている。その結果、サウンド面でもトレブリーにシフトし、他のレスポールにはない独自のトーンを持つ。

ステージ初登場となった同モデルは、ブリッジとテイルピースが一体のバーブリッジによるテンション感とそのサウンドを松本孝弘自身が気に入ったことによって、アルバムレコーディングおよびライブでも多用されている。今回のツアーでは「今夜月の見える丘に」「OCEAN」「有頂天」「Da La Da Da」「ゴールデンルーキー」「Rain & Dream」「SICK」「きみとなら」「裸足の女神」で使用された。
▲<Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283>
アルバム『NEW LOVE』レコーディングでは「兵、走る」「SICK」で使用された1991年生産の1957年製ゴールドトップリイシュー。ピックアップにはオープンタイプの57クラシックを搭載。もともと付いていたピックガードを取り外し、ビス穴を木材で埋め込んでいる。

ツアー<B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS ->や<B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT->等でも活躍した同ギターは今回、「WOLF」「俺よカルマを生きろ」「トワニワカク」「声明」「イチブトゼンブ」「Still Alive」「デウス」で使用された。
▲<Gibson Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellow prototype #001>

松本孝弘の初号シグネチャとして1999年にリリースされたGibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellowの最新モデルは、<B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”>でステージ初登場。ルックスは初号シグネチャのままに、ネック形状を本人所有のGibson TAK MATSUMOTO 1959 LES PAULと共通化することでプレイアビリティを統一した。

<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->では、半音下げ(6弦のみC#)チューニングの「RED」で使用された。
▲<Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163>
ツアー<B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT->でステージ初登場。自身の長いキャリアの中で初となったフライングVであり、コリーナ材を使用したフライングVが1958年に発売されてから50年後の2008年に100本限定で生産されたアニバーサリーモデルだ。ディープジョイントのセットネック構造に加え、ネックの仕込み角やヘッドアングルもオリジナルが再現されている。サウンドは煌びやかな明るい高域が特徴的で、音抜けが素晴らしい。

<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->では「マイニューラブ」「MR. ARMOUR」「兵、走る」「さまよえる蒼い弾丸」といった半音下げチューニングの楽曲で使用。
▲<Ernie Ball Music Man EVH Model PINK #86255>

1990年代中盤のB'zのライブで活躍したErnie Ball Music Man EVH Model。アルバム『DINOSAUR』レコーディングでは表題曲「Dinosaur」Introductionのアーミング部分でAXIS #88923 (BLACK)が使用されたが、EVH Model PINK #86255は約20年間行方不明となっていたものの、オフィシャルSNSでの情報発信による公開捜査によって発見されたモデル。無事に戻ってきた同ギターは<B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018>で展示され、話題となった。

今回のツアーではアームが必要なナンバー「恋鴉」「ultra soul」「juice」で使用された。
▲<Fender Stratocaster 1969 Reissue>
ストラトキャスター1969リイシューはステージ初登場となるモデル。2016年リリースのソロアルバム『enigma』取材当時、「3年くらい前にLAのギターセンターで見つけて買ったんです。これはレコーディングで使える!って」と松本本人が語った同ギターはアルバム『NEW LOVE』レコーディングにて「兵、走る」「デウス」「SICK」で使用された。

<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->では「マジェスティック」演奏時に使用。ギターテック曰く、松本孝弘がストラトタイプのギターをステージで使用するのは「2008年にサドウスキーのストラトタイプを使用して以来。ここ10年は使用していなかった」とのこと。重量的な程よい軽さはヴィンテージならでは。
▲<Gibson CJ-165EC #02227034>

GibsonJ-200のボディースタイルを小型化したCJ-165は2007年製。1930年代スタイルのワイドスキャロップドX-ブレーシングを採用することで、小さいボディからは想像出来ないワイドレンジなサウンドを響かせる。

<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->では「裸足の女神」のアコースティックパートで使用。
【AMPLIFIER】

これまでのツアーでは、ギターテックチームFATが開発したFAT 80/84の3段積み×8台によるアンプの壁が築かれていたステージ上だが、<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->では「いろんなアンプを置きたい」という松本孝弘のリクエストから新たなものに。松本孝弘の所有アンプをリハーサルで用意し、さまざまなレイアウトを試して決定したとのこと。
▲AMPLIFIER (ステージ上)
左のマーシャル#1959(100W)は、今ではレアとなったAシリアルの極上ヴィンテージ。リー・ジャクソンのモディファイが施されている。左右のフェンダー・バイブロキングは2003年に渚園で開催された<B'z LIVE-GYM The Final Pleasure “IT'S SHOWTIME!!”>のサブステージで使用されたアンプ。当時はクリーンセッティングで歪みはエフェクターで作られていた。中央のフェンダーShowmanは、2017年の松本孝弘の誕生日に稲葉浩志からプレゼントされたアンプの現物そのもの。ライブ中はShowmanの上にデビルマンが座っていた。そのほか、マーシャルの35th Anniversary Limited Edition 1987X WSP(キャビは1960AV WSP Plexi Classic White Stack)やJCM800をセット。

使用キャビは、歪みとクリーン共に中央下段の12インチ2発のFAT製だが、“玲”ロゴの入ったクリーン用のキャビネット(バーチ材を使用)はオープンバック、ブラックネットの歪み用キャビネットがクローズドになっている。スピーカーは歪み用がセレッション製ヴィンテージ30、クリーン用はジェンセン製C12K / 8Ω。
▲AMPLIFIER (メイン)

実際に鳴らしていたアンプシステムはこちら(上の写真)。クリーンのソロやアルペジオ等で使用するアンプ“FAT 70/75”は、ゲイン1、トレブル、ミッド、ベース、ボリューム1、オーバードライブ、オーバードライブボリューム、ゲイン2、トレブル、ミッド、ベース、ボリューム2、マスター、プレゼンスの2チャンネル仕様、100W出力のチューブアンプだ。一方、ギターソロやバッキングなどの歪み系で使用する“FAT 80/84”は、ゲイン1、ゲイン2、トレブル、ミッド、ベース、ボリューム1に加え、ボリューム2、マスターボリューム、プレゼンスの2チャンネル仕様、こちらも100W出力のチューブアンプだ。

上の写真右列の2台のFAT 80/84は歪み用。上段がバッキング用で下段はソロ用となる。左列の2台が主にクリーンで使用するFAT 70/75。フレーズによってEQを調整しつつ、上下の2台を使い分けている。なお、一番左の3台のアンプヘッド(上からFAT 70/75、FAT 80/84、FAT 70/75)が収納されたラックはバックアップ用。

アンプ下部のラックはチャンネルコントローラー。アンプ上部のラックはレベルセレクター+パワーアンプセレクター、コルグ製ラック・チューナーDTR-1 ToneWorks、ディレイセレクター兼ミキサー、シュアーのワイヤレス受信機UR4D。アンプラック裏にはTHDのアッテネーターHotPlateをセットしている。
▲SWITCHER

今回のツアーから新導入されたKEIHINJIMA LAB MANUFACTURED by FATDiv.によるシステムステーションPLUS ULTRAが、集中コントローラーシステムとなるもの。32のコントロールが可能で、タッチパネルは曲名表示やプリセットごとに色を変えることもできる。昨年の<B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI->で試験的に採用、今回のツアーより松本孝弘のシステムに合わせたカスタムが施されている。

ギターから送られた信号はワイヤレスを経由してラインセレクター、ループセレクター、アンプセレクターへ。アンプセレクターでは4台のプリアンプを切り替える。このアウトからレベルセレクター+パワーアンプセレクターへ。また、レベルセレクター+パワーアンプセレクターはセンドリターンでVCAへ(ラック左下)。足元のボリュームペダルで制御。パワーアンプからの信号はスピーカーキャビネットへ。これら信号はシステムステーションPLUS ULTRAで一括制御する。

   ◆   ◆   ◆

【EFFECTOR and more】
▲EFFECTOR

アンプヘッドが収納されたラック上部にはコンパクトエフェクター類をセット。上写真の上段右から時計回りに、BOSSのデジタルディレイDD-500が3台。これら3台はソロ用、深いディレイ用、ディレイにオクターブ成分を混ぜたサウンド用など1曲のうちに3つのディレイが必要となることもあるため。その隣がFATのラインセレクター、テック21 MIDI MOUSE(ディレイテンポを制御)、フリーザトーンのAMBIスペースデジタルリバーブAS-1R、フリーザトーンのミディスルーボックスMB-3とDCパワーサプライPT-3Dをセット。

下の写真は上段右から時計回りに、デジテックのワーミーRicochet、今回初登場となるビートロニクスのオーバーハイブは松本自身が持ち込んだオーバードライブで「デウス」「Da La Da Da」のクリーンにブースターとして使用。FATのコンプレッサー214.K、FATの514.D(主にソロ用歪み系)、ワウの半止め状態を再現するFATのワウコントロール515.W、FATのブースター514.D、FATのアナログコーラス318C、ループセレクターの上にフリーザトーンのDCパワーサプライPT-3D、今回初登場のFATのフランジャー118FとFATのツアーサンプル(トレモロ)、MXRのフェイズ99。
▲FOOT PEDAL

ステージ上の足元には左から、ジムダンロップ製TM95 / TAK CRY BABY、FATがカスタマイズしたBOSS製ボリュームペダルFV-500L、コルグのチューナーDT-10をセット。
▲FOOT PEDAL+DRILL

写真左はアコースティックギター用のフットペダルで、FATがカスタマイズしたBOSS製ボリュームペダルFV-500L。ラディアルのアクティブダイレクトボックスJ48もセットされていた。

写真右は「裸足の女神」のギターソロ最後に稲葉浩志が松本孝弘に手渡す電気ドリル。ドリルのモーターノイズをギターのピックアップが拾ってサウンド出力する。
▲MIC STAND

ギタープレイの邪魔にならないよう湾曲したスタンドには“玲”の印とトライバルの模様。「デウス」等で使用したスライドバーもセット。
▲PICK

ティアドロップ型ピックは“Whole Lotta NEW LOVE”ロゴや“玲”ロゴがプリントされたエレキギター用。一方のセルロイド製オニギリ型ピックはアコースティックギター用。
▲TABLE and more.

スピーカー脇には“玲”の印が彫り込まれたテーブルが。その上部はドリンクホルダー。B'z仕様のリポビタンDも。

   ◆   ◆   ◆

取材・文◎梶原靖夫(BARKS)
撮影◎土居政則
■<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->2019年9月3日(火)@幕張メッセ 幕張イベントホール SETLIST/使用ギターLIST

01. マイニューラブ
 Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163
02. MR. ARMOUR
 Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163
03. WOLF
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
04. 俺よカルマを生きろ
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
05. トワニワカク
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
06. 今夜月の見える丘に
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
07. 有頂天
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
08. ultra soul
 Ernie Ball Music Man EVH Model PINK #86255
09. 恋鴉
 Ernie Ball Music Man EVH Model PINK #86255
10. ゴールデンルーキー
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
11. Rain & Dream
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
12. SICK
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
13. マジェスティック
 Fender Stratocaster 1969 Reissue
14. 裸足の女神
 Gibson CJ-165EC #02227034 ~ Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
15. きみとなら
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
16. RED
 Gibson Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellow prototype #001
17. イチブトゼンブ
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
18. Still Alive
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
19. デウス
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
20. 兵、走る
 Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163
encore
21. juice
 Ernie Ball / Music Man EVH Model PINK #86255
22. さまよえる蒼い弾丸
 Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163


■<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->2019年9月4日(水)@幕張メッセ 幕張イベントホール SETLIST/使用ギターLIST

01. マイニューラブ
 Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163
02. MR. ARMOUR
 Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163
03. WOLF
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
04. 俺よカルマを生きろ
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
05. トワニワカク
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
06. OCEAN
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
07. 有頂天
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
08. ultra soul
 Ernie Ball Music Man EVH Model PINK #86255
09. Da La Da Da
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
10. ゴールデンルーキー
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
11. Rain & Dream
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
12. SICK
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
13. マジェスティック
 Fender Stratocaster 1969 Reissue
14. 裸足の女神
 Gibson CJ-165EC #02227034 ~ Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
15. きみとなら
 Gibson Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood #10
16. 声明
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
17. イチブトゼンブ
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
18. Still Alive
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
19. デウス
 Gibson Les Paul Gold Top 1957 Reissure 1991 #1-8283
20. 兵、走る
 Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163
encore
21. juice
 Ernie Ball Music Man EVH Model PINK #86255
22. さまよえる蒼い弾丸
 Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163


■<B’z LIVE-GYM 2019>

6月08日(土) 鹿児島アリーナ
6月09日(日) 鹿児島アリーナ
6月14日(金) 三重県営サンアリーナ
6月15日(土) 三重県営サンアリーナ
6月19日(水) 神戸ワールド記念ホール
6月20日(木) 神戸ワールド記念ホール
6月22日(土) 神戸ワールド記念ホール
6月23日(日) 神戸ワールド記念ホール
6月28日(金) サンドーム福井
6月29日(土) サンドーム福井
7月03日(水) 大阪城ホール
7月05日(金) 大阪城ホール
7月06日(土) 大阪城ホール
7月09日(火) 横浜アリーナ
7月10日(水) 横浜アリーナ
7月16日(火) Zepp Nagoya
7月18日(木) Zepp Nagoya
7月19日(金) Zepp Nagoya
7月26日(金) 愛媛県武道館
7月27日(土) 愛媛県武道館
7月30日(火) さいたまスーパーアリーナ
7月31日(水) さいたまスーパーアリーナ
8月03日(土) Zepp Fukuoka
8月04日(日) Zepp Fukuoka
8月08日(木) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
8月10日(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
8月11日(日) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
8月24日(土) 高崎アリーナ
8月25日(日) 高崎アリーナ
8月30日(金) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
8月31日(土) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
9月03日(火) 幕張メッセ 幕張イベントホール
9月04日(水) 幕張メッセ 幕張イベントホール
9月07日(土) 広島グリーンアリーナ
9月08日(日) 広島グリーンアリーナ
9月10日(火) マリンメッセ福岡
▼新サポートメンバー
BRIAN TICHY(Drums) / YUKIHIDE “YT” TAKIYAMA(Guitar) / MOHINI DEY(Bass) / SAM POMANTI(Keyboard)


■<B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE->ライブ・ビューイング

▼ディレイ上映
9月14日(土) 13:00開演
9月15日(日) 18:00開演
9月16日(月祝) 18:00開演
【会場】
全国の映画館 ※詳細はB'z公式HPにてご確認ください
【チケット】
4,800円(全席指定 / 税込)
※3歳未満のお客様は膝上鑑賞無料です(保護者1名に対し1名まで)が、座席が必要な場合はチケットをお買い求めください。
※3歳以上はチケットが必要となります。
※映画館でのツアーグッズのお取り扱いはございません。
▼一般発売・ディレイ上映 (先着販売)申込受付期間:9月11日(水)12:00~

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着