高橋 優主催<秋田CARAVAN MUSIC FE
S>、柳葉敏郎とアンセム「秋田県民
歌」歌唱も

高橋 優主催の野外音楽フェス<秋田 CARAVAN MUSIC FES 2019>が9月14日、9月15日に秋田県 大仙市・サン・スポーツランド協和野球場で開催された。

◆ライブ写真

秋田県内の13ある市を毎年キャラバンしていく<秋田CARAVAN MUSIC FES>の4回目の開催地となった大仙市は、日本三大花火に数えられる「大曲の花火」があることでも有名だ。
トップバッターを飾ったのはベリーグッドマン。こってり風味なコール&レスポンスやヒューマンビートボックスなど、手数の多さと笑いのツボを正確に押すテクニックで会場を盛り上げていく。代わってステージに登場したみはるは、光浦靖子の顔マネ&声はDREAMS COME TRUE吉田美和というトリッキーなモノマネを披露した。
強い日差しで気温が上昇するなか登場したのはクリープハイプ。ポップ・ミュージックのフレイバーをロックバンドのフォーマットで解釈した振り幅の広いサウンドは、様々なジャンルの音楽からお笑い芸人までが一堂に会するこの秋田キャラバンフェスにぴったりだった。
ふかわりょうは、25年ぶりに「小心者克服講座」をターバンスタイルの高橋優とのコラボで披露。さらに「とんぶりの唄」で一度引っ込んだ高橋優がとんぶりの被り物&とんぶりを食べながら登場し、ダンサーとして駆けつけたトミタ栞と3人でとんぶり兄弟になりきった。
ゴスペラーズは、「れ」「い」「わ」にパート分けし会場全体でハーモニーを響かせたのに続いて、「ひとり」を高橋優とコラボレーション。高橋は、「人生で初めて」というアカペラに挑戦した。また、西日が照りつけるなか、元気に登場したのはCOWCOWだ。高橋優が用意した(かもしれない)というボックスからお題を引いて一発芸を披露し、あたりまえ体操でフィニッシュした。
高橋優のライブは、秋田弁ファンク「Harazie!!」でド派手に始まった。このフェスでの一体感は半端なく、「福笑い」のイントロが鳴るやすかさず会場中からクラップが打ち鳴らされ、続く「泣ぐ子はいねが」のコール&レスポンスではお返しとばかりに秋田魂に火をつけるようなアジテーションを展開した。「秋田って場所はいろんな面でワースト1位っていう数字が出てたりするんでしょ。でも秋田が大好きでいい場所だって信じてるからみんな笑ってる。ただヘラヘラ笑ってるんじゃないよね。秋田の熱い魂を、決意して笑っている声を聞かせてくれ!」などと語り、最後は残った出演者全員で「明日はきっといい日になる」を歌って1日目が終了した。
◆2日目の模様


チケットがソールドアウトとなった2日目は、とびきりのサプライズが用意されていた。<秋田キャラバンフェス>“影の管理官”こと柳葉敏郎がついに登場。二人が歌う秋田県民のアンセム「秋田県民歌」でスタートした。
続いて、「秋田ーー!」の掛け声でライブをはじめたのはKANABOON。ダンサブルなビートのロックがあっという間に会場を飲み込んでいく。一方で、ウクレレとDJの歌謡漫才で知られるきつねのイントロクイズは、サザエさんに見せかけてのfeat.JAY-Zなど、音楽性の高さとクイズとしての難易度で笑いと驚きをハイブリッドしたものだった。
また、秋田初上陸となった阿部真央のステージはとにかくエネルギッシュなものだった。高橋優と「ロンリー」でコラボし、女の子の切ない恋心を歌い上げる高橋優が新鮮だった。一方、“ひとり女性シンガーフェス”の様相で松任谷由実椎名林檎などを歌い上げた荒牧陽子の脇を固めたのは、地元の高校生二人。堂々としたパフォーマンスを披露した。
スカパラが現れるや会場は一気にヒートアップし、「秋田が生んだミスター・ソウル・ダイナマイト!」というGAMOの呼び込みで高橋優もステージに。スカパラと同じスカイブルーのスーツでキメて「太陽と心臓」を歌い上げた。続いて、大切な仲間との関係を思って書いたという「メモリーバンド」を高橋のボーカルでセッションした。
ダース・ベイダーのテーマで登場したのは和田アキ子のモノマネのMr.シャチホコ。和田アキ子の振りでスカパラの「リボン feat.桜井和寿Mr.Children)」を歌まねでフルコーラス披露し、その途中でスカパラメンバーとMr.シャチホコの奥さんで前日に出演していたみはるがステージに乱入するというサプライズもあった。
ピアノのイントロから一転、疾走感のあるロックへなだれ込む「STARTING OVER」から「虹」へ。高橋優の最終日のライブが始まった。MCを挟んで「アイアンハート」「産まれた理由」でグッドメロディを響かせ、「象」から「泣ぐ子はいねが」までの流れでスパートをかける。「4年間やってきて思うのは、このフェスっていうのが明日からの日々のために存在するものであってほしいって願いがあるんです。日々の中で今自分はどこにいるんだろうって思う時があったりするかもしれない。でも<秋田キャラバンフェス>はずっと続くから。何があっても。皆さんの人生の中で、少なくとも<秋田キャラバンフェス>がある人生だったって思ってもらえるようにするから」── そんな力強いメッセージとともに「プライド」が響いた。

そして、オールラインナップによる「福笑い」の後、薄闇に450発の花火が上がった。
またMCでは、12月から28箇所33公演に及ぶ全国ツアー<高橋 優 LIVE TOUR 2019-2020「free style stroke」>を開催することも発表された。なお高橋 優は、来年2020年にデビュー10周年を迎える。

■<高橋 優 LIVE TOUR 2019-2020「free style stroke」>

・12月20日(金)埼玉県・戸田市文化会館 【FC限定販売公演】
OPEN 17:00 / START 18:00

・12月24日(火)山口県・下関市民会館 大ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・12月26日(木)愛知県・名古屋国際会議場センチュリーホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・12月27日(金)愛知県・名古屋国際会議場センチュリーホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・1月10日(金)岡山県・倉敷市民会館
OPEN 17:30 / START 18:30

・1月12日(日)兵庫県・神戸国際会館 こくさいホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・1月13日(月・祝)滋賀県・びわ湖ホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・1月16日(木)北海道・カナモトホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・1月19日(日)京都府・ロームシアター京都 メインホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・1月25日(土)山形県・シェルターなんようホール(南陽市文化会館)大ホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・1月26日(日)宮城県・東京エレクトロンホール宮城
OPEN 16:30 / START 17:30

・1月29日(水)千葉県・市川市文化会館
OPEN 17:30 / START 18:30

・2月2日(日)群馬県・ベイシア文化ホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・2月3日(月)茨城県・ザ・ヒロサワ・シティ会館
OPEN 17:30 / START 18:30

・2月7日(金)埼玉県・大宮ソニックシティ 大ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・2月9日(日)新潟県・新潟県民会館
OPEN 16:30 / START 17:30

・2月11日(火・祝)三重県・四日市市文化会館第1ホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・2月17日(月)東京都・LINE CUBE SHIBUYA
OPEN 17:30 / START 18:30

・2月18日(火)東京都・LINE CUBE SHIBUYA
OPEN 17:30 / START 18:30

・2月24日(月・祝)青森県・リンクステーションホール青森
OPEN 16:30 / START 17:30

・2月26日(水)秋田県・秋田市文化会館 大ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・2月27日(木)秋田県・秋田市文化会館 大ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・2月29日(土)長野県・サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)
OPEN 16:30 / START 17:30

・3月1日(日)静岡県・静岡市民文化会館大ホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・3月5日(木)神奈川県・神奈川県民ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・3月14日(土)鹿児島県・宝山ホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・3月15日(日)熊本県・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
OPEN 16:30 / START 17:30

・3月19日(木)福岡県・福岡サンパレスホテル&ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・3月20日(金・祝)福岡県・福岡サンパレスホテル&ホール
OPEN 15:00 / START 16:00

・3月22日(日)鳥取県・米子コンベンションセンターBiGSHiP
OPEN 16:30 / START 17:30

・3月24日(火)香川県・レクザムホール 大ホール
OPEN 17:30 / START 18:30

・3月28日(土)大阪府・フェスティバルホール
OPEN 16:30 / START 17:30

・3月29日(日)大阪府・フェスティバルホール
OPEN 15:00 / START 16:00

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着