ストレイテナー・ホリエアツシ、フジ
ファブリック・山内総一郎ら“ザ・ビ
ートルズ大好き”ミュージシャンらが
映画『イエスタデイ』を語る

10月11日(金)に封切られる映画『イエスタデイ』を鑑賞したミュージシャンなど著名人のコメントが公開された。
『イエスタデイ』は、イギリスの小さな海辺の町に住むシンガーソングライター・ジャックが交通事故に遭い、昏睡状態から目を覚ますと“自分以外にザ・ビートルズを知るものがいない世界”だった、という設定で展開する物語。主人公のジャックをヒメーシュ・パテルが演じるほか、ジャックの親友で幼馴染のエリー役でリリー・ジェームズが出演。そのほか、『ゴーストバスターズ』のケイト・マッキノンらがキャスティングされている。メガホンをとったのは、『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』などのダニー・ボイル監督。

本作を一足先に鑑賞したのは、“ザ・ビートルズ大好き”を自認するミュージシャンやコラムニスト、映画評論家ら著名人。作品についての感想だけでなく、「もし映画同様、自分以外の誰もビートルズを知らない世界になってしまったら、1曲目にザ・ビートルズのどの曲を歌いますか?」との質問にも答えている。
各著名人の(1)感想コメント (2)「もし映画同様、自分以外の誰もビートルズを知らない世界になってしまったら、1曲目にザ・ビートルズのどの曲を歌いますか?」との質問への答えは以下のとおり。
糸井重里(「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰)
(1)もう思い切って言ってあげよう。ぼくは、そしてきみはビートルズなんだ。さぁ、歌え!
(2)She Loves You/シー・ラヴズ・ユー
じぶんがレコードを買った順で。
佐久間宣行(テレビ東京プロデューサー)
(1)素晴らしい作品を見たときに心の中で思う「これ俺が作ったことにならないかな」が最上級のスケールでやってくる興奮と感動 
同時に切なさと世界の残酷さも見えてくる。これは、才能と誠実さ、そして愛についての映画だと思いました。
(2)I Am the Walrus/アイ・アム・ザ・ウォルラス
世代的にはBeatlesを改めて聞き直したきっかけはOASISです。OASISがとにかく色んな所でこれを歌っていたので、いつの間に好きになってしまった。
(1)昨日まで、世界中の誰もが知っていたビートルズ。今日、僕以外の誰も知らない。という、とんでもないアイデアから生まれた映画。ビートルズ好きなら誰もがクスッとなるシーンの連続。最初から最後までビートルズ愛に溢れた内容に心が温かくなりました。幸せの意味を改めて考えさせられる、大好きな作品です。
(2)Here, There and Everywhere/ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
あまりにも美しいメロディラインと、通常では考えつかないコード進行。みんなをあっと驚かせたい。
ジェーン・スー(コラムニスト)
(1)「あり得ないこと」を「もしかして……」と思わせてくれる天才脚本家、リチャード・カーティスがやってくれた!これは一級品のラブコメ映画。こんなにも「ビートルズが存在する世界に生きていて良かった」と思わせてくれる映画もないかも。
(2)Norwegian Wood/ノルウェ―の森(ノ―ウェジアン・ウッド)
歌詞がわからないから鼻歌で。
渋谷陽一(rockin’ on代表)
(1)笑いながらポップ・ミュージックとは何かという深いテーマまで導かれてしまう映画だ。そこまで導いてしまうビートルズが凄すぎる。
瀬戸あゆみ(モデル・デザイナー)
(1)映画を観た後、ビートルズのどの曲が一番すきか、を模索しているが、いまだ定まらず、やはり全部いいな、という結論に至り、また最初から聴く日々を送っている。ビートルズ、最高!そしてそれを再確認させてくれたこの映画も!
(2)Here Comes the Sun/ヒア・カムズ・ザ・サン
Twist and ShoutやI Saw Her Standing Thereをかっこよく歌い上げたいものだけど、自信がないのでここは“Here Comes the Sun”で…。
曽我部恵一(ミュージシャン/サニーデイ・サービス
(1)ビートルズってこういうことだよなぁってしみじみ思ったよ。素敵な映画を作ってくれて、ありがとうダニー。
(2)Rock and Roll Music/ロック・アンド・ロール・ミュージック
(カバーですが)しょっぱなは元気よく、ガツンと行きたいので。
ダイアモンド☆ユカイ(ロックシンガー・俳優)
(1)ビートルズを知らない世界に流れるビートルズのメロディがこんなに愛おしいものだって事を肌で感じることが出来るチャーミングな映画に乾杯。
(2)Yesterday/イエスタデイ
ギターを覚えて初めて人前で歌ったイエスタデイを忘れない。まるで世界の全てが魔法を見ているみたいだった。
※☆は六芒星が正式
田中和将 (GRAPEVINE)
(1)誰もが経験によって、ちょっとした「コツ」を学びます。人生にはたくさんの「選択」があり、そこで「コツ」を活かしたいのですが、私達はこれからもジャック以上に様々なヘマをするでしょう。そんな時、時代を越えて「Yesterday」が聴こえます。
(2)I Saw Her Standing There/アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
劇中のように友達の前で初披露するなら、しっとりしたパーソナルなものは気恥ずかしいですから、こういう方がいいですね。
平間至(写真家)
(1)中1の時に出会った初めてのビートルズは、僕に新しい扉を開けてくれた。そして、この映画は今の僕にまた新しい扉を開けてくれるだろう。
(2)Get Back/ゲット・バック
初めてバンドで演奏した曲だから
(1)音楽、映画、本…自分の人生に大きな影響をもたらしたもの達に、もしも出逢っていなかったら。そして、今改めて初めて出会えるとしたら、何を思うのだろう。そんな素敵な妄想をくれる映画だった。
(2)Let It Be/レット・イット・ビー
中学生のとき、初めてのライブハウスのステージで、ピアノとボーカルでカバーした曲が"Let It Be"でした。
町山智浩(映画評論家)
(1)ビートルズ信者として、この映画に不満は山ほどある。でも、あのシーン1発ですべて許す!涙があふれてとまらなかったから!
(2)Happiness Is a Warm Gun/ハピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
ジョン・レノン以外の誰にも作れない曲
光村龍哉(NICO Touches the Walls
(1)好きな子のことで昼も夜もアタマがいっぱい、、、そんな感覚でビートルズを聴きまくった中学生の頃を、映画を観ているあいだ何度も思い出した。どんな時代、どんな世界であろうと、きっと僕はビートルズの曲たちに何度だって恋してしまうんだろうなあ。この映画に出てくる「ビートルズを知らない世界」の人たちのように。
(2)In My Life/イン・マイ・ライフ
この世で一番のバラードを知らない世界なんて僕は許せない!!(笑)
(1)観終わった後はビートルズの曲を歌いたくなり、そしてまた新しい曲が作りたくなりました。昨日から明日へと、繋がっていくものがはっきりと感じられる映画です。
(2)Lady Madonna/レディ・マドンナ
聴いて楽しい、演奏して楽しい、まさにライブ曲なのでどの会場でも、初見でも盛り上がりそうだからです。
山崎まどか(コラムニスト)
(1)レイ・ブラッドベリが書きそうなスウィートなポップ・ミュージックのおとぎ話!リリー・ジェームズの“最高なガールフレンド”ぶりも際立っています。
(2)Your Mother Should Know/ユア・マザー・シュッド・ノウ
「本当はみんなビートルズを知っているべき」という裏のメッセージを込めて。
※50音順
また、THE BAWDIESが同作の魅力を語る動画も公開。THE BAWDIESは、ザ・ビートルズへのリスペクトを込めたアートワークのシングル「HAPPY RAYS」を過去にリリースしており、ザ・ビートルズを敬愛してやまないバンドとして知られている。
メンバーのROY(Vo,B)は「ザ・ビートルズの楽曲を改めてスゴいんだよ!っていうのを知識がまっさらな方にも伝えられる映画!! 」と、TAXMAN(G)は「アレンジも現代風で聴きやすい」とコメント。JIM(G,Cho)は「ザ・ビートルズは偉大なんだけど、一番スゴイのは曲なんだ!ってなるから説得力があるよね!!」と力説している。また、最後にROYは「ザ・ビートルズを知らない人もむしろ観てほしい。みんなに観てほしい!!」と熱くアピールしている。
映画『イエスタデイ』は10月11日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着