A.B.C-Z河合郁人主演、乃木坂46井上
小百合ら共演 ミュージカル『天国の
本屋』上演が決定

ミュージカル『天国の本屋』が2020年1月より東京・大阪にて上演されることが決定した。
ミュージカル『天国の本屋』は、松久淳氏と田中渉氏原作による同名小説シリーズ初のミュージカル化作品。ひょんなことから“天国の本屋”で働くこととなった主人公・さとしと、少女・ユイの物語を描いた作品だ。
さとし役でA.B.C-Zの河合郁人が主演するほか、ヒロインのユイ役で乃木坂46の井上小百合が出演。物語のキーとなるヤマキ役をブラザートムが演じる。そのほか、末次美沙緒、佐々木 崇らがキャストとして名を連ねている。脚本・作詞・演出を、菅野こうめい氏が手掛ける。
主演の河合のコメントは以下のとおり。
河合郁人(A.B.C-Z)
この度、舞台「天国の本屋」で主演を務めさせていただきます。この作品はファンタジーでもあり、現実でもあり得るようなストーリーです。僕は実際に神様にお会いしたことも天国に行ったこともないので、この作品で天国の世界を存分に楽しみたいと思っています!観に来て頂くお客さまには絵本の素晴らしさ、人間の素晴らしさ、そして河合郁人の素晴らしさを感じて頂けるよう頑張ります!
ミュージカル『天国の本屋』東京公演は2020年1月17日(金)から1月25日(土)までよみうり大手町ホールにて、大阪公演は2020年1月31日(金)から2月2日(日)までサンケイホールブリーゼにて上演。最新情報は、公式サイトにて随時公開される。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着