THE ORAL CIGARETTES KICK THE CAN
CREWを招きジャンルを超越したツア
ー初日

COUPLING TOUR BKW!! STRIKES BACK 2019 2019.11.11 Zepp Tokyo
「俺らはいろんなジャンルの音楽を皆さんと楽しみたいっていうバンドなので、それを伝えるツアーにしていきたい」
山中拓也(Vo/Gt)はそんなふうにこのツアー『COUPLING TOUR BKW!! STRIKES BACK 2019』をまわる意図を口にした。その言葉通りのジャンルレスで唯一性の高い面々と、全国各地のZeppをわずか2週間程度で走りきる今回のツアー。初日のZepp TokyoはKICK THE CAN CREWを招いてのライブだ。
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
冒頭の言葉に続き、今回の対バン相手がいずれも一世代、二世代離れた先輩たちであることについて山中は、自分が一リスナーとしてどれだけ彼らが出現した時代の音楽に圧倒されてきたのかを伝えたい、そしてそれぞれの時代の音楽は決して切り離して捉えるべきではなく、確実に地続きとなっているもので、その中で先輩・後輩問わず、良いものは良い、カッコイイものはカッコイイと伝えていきたいのだ、とも語っていた。それは今回のツアーの意図を伝えるに十分な説得力をもった言葉であると同時に、ロックバンドに軸足を置きながらも、次々と音楽的にチャレンジングな姿勢を打ち出してきたTHE ORAL CIGARETTESというバンドの、活動そのものの核心にも触れる内容といえる。
KICK THE CAN CREW 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
KICK THE CAN CREW 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
そんな彼らの心意気を真っ向から受け止め、先にステージに上がったKICK THE CAN CREW。先に登場した熊井吾郎によるDJプレイで場内が沸く中、LITTLE、MCU、KREVAの順に現れると、そのまま位置について「千%」からライブをスタートした。
KICK THE CAN CREW 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
数曲終えての客席の反応を見て、「大体そんな感じでいいです」(KREVA)「好きに観てくれればいいんです」(MCU)などとゆるい発言を投げかけつつも、そんな言葉とは裏腹に、3MCの卓越したラップスキルと円熟のステージパフォーマンスは、初見の観客をも一発で巻き込んでしまうもの。立ち位置を入れ替えながら間断なく言葉を放ち、リリックの内容やリズムを踏まえたアクションや掛け合いも差し込むことで、アンプも楽器もなくDJブースと生身の人間3人だけなはずのステージがとても狭く感じられる。まあ、バンドでいうとフロントマンが3人いるようなものだから、それも当然か。
KICK THE CAN CREW 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
KICK THE CAN CREW屈指のメロウチューン「ユートピア」やコール&レスポンスで大盛況となった「住所 feat. 岡村靖幸」、ラストに会場全体を思い切りぶち上げた「マルシェ」など、人気曲・代表曲を惜しみなく盛り込んだセットリストにも、エンターテイナーとしての美学が表れていた。
KICK THE CAN CREW 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
KICK THE CAN CREW 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
そして。大先輩の地力を感じざるをえないライブを目の当たりにしていたはずのオーラルの面々は、冒頭から息つく暇も与えないアグレッシヴなライブを展開していった。まず、照明やレーザーなどの視覚効果にも気合が入っており、視覚と聴覚の双方向から目まぐるしいアプローチで畳み掛ける。
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
ここ最近のアリーナクラスのライブとは比べ物にならないほど客席の近くから繰り出される、重さと歯切れの良さを併せ持った中西雅哉のドラムプレイは迫力満点。鈴木重伸(Gt)とあきらかにあきら(Ba)は、スキルフルなフレーズを難なく弾きこなしながら、機を見てパッと両翼のお立ち台やステージ最前へと躍り出て喝采を浴びる。そんな彼らの盤石の演奏を背負った山中はハンドマイクを手に、激しく、ダンサブルに、エロティックにと、曲に合わせて様々なアクションをつけながら、場内をアジテート。風格たっぷりのステージングであっという間に隅々まで完全掌握してみせた。
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
高まり切った場内のテンションにさらなるリミットブレイクを強いた「狂乱 Hey Kids!!」、紅蓮に染められた舞台を這いずるように歌う山中の高笑いが響いたダークな「PSYCHOPATH」など、“キラーチューン祭り”とは謳わずともそれに等しい爆発力を見せた一方で、自らの活動を“第2章”と位置付けた現在のオーラルの姿も鮮烈に刻まれたこの日のライブ。その一つが「僕は夢を見る(Redone)」だろう。
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
既存曲をリアレンジしたこの“Redone Version”では、打ち込みビートやシンセベースなどシークエンスを大胆に取り入れ、そこに生の楽器がニュアンスを加えるような構造となっているのだが、地鳴りがするほどの重低音や硬質なビートなど通常のバンドサウンドの域を超えた音響の妙や、鳴っている音の中で唯一有機的な山中のボーカルが表情豊かに際立つ様など、新感覚の体験を味あわせてくれた。あまりに圧倒されるあまり息を呑み続けたオーディエンスの様子に、直後のMC冒頭で「……え?何、この静寂。みんな帰ったのかと思った(笑)」と山中が突っ込むくらいに。
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
ちなみにライブと関係はないが、この日・11月11日は“ベースの日”。ということで、あきらのスラップベースとホーンの応酬も楽しめた「ワガママで誤魔化さないで」などが披露されたアンコール。山中の口から自身2度目となるアリーナツアーを埼玉/愛知/大阪で行うことが明かされた。
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTESはこれまでも、先達へのリスペクトとそこからのリファレンスを隠すことなく、それらを自分たちに合う形に組み替えたり進化させたりしながら、貪欲に吸収することで成長を遂げてきたバンドだけに、この『BKW!! STRIKES BACK 2019』で先輩アーティストから学び、盗めるものも大いにあるはずだ。関東はさいたまスーパーアリーナ2DAYS、愛知はポートメッセなごや3号館、大阪は大阪城ホール2DAYSと、一段とキャパシティを大きくして臨む次なるツアーへと、正真正銘のモンスターバンドへと変貌しつつある彼らが、着実に歩みを進めていく。

取材・文=風間大洋 撮影=Viola Kam (V’ z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES 撮影=Viola Kam (V’z Twinkle Photography)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着