吉沢亮×若葉竜也、二人の視線が熱く
交わる 「男と男が見つめ合うだけで
グッとくる」と評された映画『AWAKE
』予告編を公開

12月25日に封切られる映画『AWAKE』から、予告編が公開された。
『AWAKE』は、配給会社・キノフィルムズによる映画監督発掘プロジェクト『木下グループ新人監督賞』の第1回で、241本の企画の中からグランプリに選ばれた企画。2015年の将棋電王戦FINAL第5局で行われた、元奨励会員が開発したAI“AWAKE”と棋士の対局に着想を得て、山田篤宏監督が脚本を書き下ろした作品だ。乃木坂46のミュージックビデオや短編映画で実績を積んできた40歳の山田監督は、本作で商業映画デビューを飾る。
劇中で描かれるのは、天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた大学生が、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす物語。主演に、映画『キングダム』やNHK大河ドラマ『青天を衝け』主演を控える俳優・吉沢亮。共演に、若葉竜也、寛 一 郎、馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まことらが名を連ねている。

解禁された予告編では、吉沢演じる主人公の英一が、奨励会で棋士を目指していた幼少時から、同世代のライバルに完敗する様子、そして、プログラミングを覚えて将棋ソフトを開発していく姿が収められている。友達づきあいが苦手そうな幼少時の英一の様子や、人工知能研究会の先輩・磯野(落合モトキ)とイキイキとやり取りする様子、そして、かつてのライバルである若手棋士・陸(若葉竜也)との将棋盤越しに熱く視線を交わす本作には、犬童一心監督が「男と男が見つめ合うだけでグッとくる」との評を寄せている。果たして、本編ではどのような対局が描かれるのか。
『AWAKE』12月25日、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着