【魔法少女になり隊】『ワンマンツア
ー2017 〜メロディア王国にさよなら
バイバイ ワタシはみんなと旅に出る
〜』2017年1月29日 at TSUTAYA O-WE
ST

取材:帆苅智之

 何かすげぇもんを観た、というのが率直な感想だ。強いて二の句を継ぐなら、このバンドの本領が発揮されるのはライヴである。早くからチケットはソールドアウト。8ビット機のゲーム音楽を模したSEが流れる場内は開場間もなくから、まさに立錐の余地もないほど。2階には業界関係者だろうか、階下のステージをジッと見つめる人、人、人。気付けばこちらもびっしりで、彼女たちへの注目度の高さがうかがえた。オープニング「KI-RA-RI」から会場のボルテージはマックス。以降、「火遁の術」から「RE-BI-TE-TO」まで、演奏や歌唱はもちろんのこと、gari(VJ&Vo)が操る映像、オタ芸、ヴォーカルふたりによるパラパラ、さらには観客のモッシュ&ダイブ、サークルと見るべきところ=情報量が多すぎw こんなライヴはなかなかない。“私は喋れないけど、いつもありがとう。気持ち込めて歌っているよ。皆に届くように今日も歌うね”。すっかりお馴染みとなった火寺バジル(Vo)の筆談MC、その後の「革命のマスク」新曲1は若干テンポが落ちたので会場全体がひと息付いたような気もしたが、新曲2からラスト「BA・BA・BA ばけ~しょん」までは再びバンド&オーディエンスともに怒涛の勢い。アンコール「冒険の書1」ではサビの《魔法少女になりたい!!》で場内が割れんばかりの大合唱と、最後の最後まで熱いテンションが途切れることはなかった。今春にはニューシングルがリリースされることも発表された。2017年、この日のすげぇ熱狂はさらに広がっていくことに間違いない。

セットリスト

  1. KI-RA-RI
  2. 火遁の術
  3. ☆☆☆☆クエスト
  4. 狂騒曲ザラキ
  5. Believe
  6. ハレ晴れユカイ
  7. おジャ魔女カーニバル!!
  8. RE-BI-TE-TO
  9. 革命のマスク
  10. 新曲1
  11. 新曲2
  12. テッペン伝説
  13. MEGA DASH
  14. BA・BA・BAばけ〜しょん
  15. <ENCORE>
  16. 冒険の書1
魔法少女になり隊 プロフィール

マホウショウジョニナリタイ:2014年結成。ヴォーカルの火寺バジルが魔女にかけられた呪いを解くために冒険している女2&男2のパーティー。ラウドでポップでファンタジー。全ての針が振り切れたRPG系プロジェクト。8bit映像を使い、モッシュ、ダイブ、ヘドバン、ヲタ芸、パラパラが巻き起こるカオスなショーを繰り広げる。ジャパンカルチャーの美味しいところてんこ盛りな彼らにUSA・台湾公演など海外も夢中。16年9月メジャーデビュー。彼らの冒険は始まったばかり。※バンドです。魔法少女になり隊 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」