SWANKY DANK、8ヶ月連続自主イベント
第1弾を地元千葉でスタート

SWANKY DANKが、8ヶ月連続で行う自主イベント<ROAD TO PLAYGROUND>の初回公演<SWANKY DANK presents MUNCHIES vol.4>を5月12日に千葉LOOKにて開催した。
<ROAD TO PLAYGROUND>は対バンやワンマンなどを毎月連続で8公演続け、12月17日に行われる渋谷CLUB QUATTROのワンマンでその企画の集大成を迎えるという企画。初回公演は、タイトルの「MUNCHIES=空腹」という言葉通り、音楽に飢えた観客に音楽を「食わせる」という意図をもって行われた。

まずは対バンアーティスト1組目のSee You Smileがパフォーマンスをスタート。そして2組目のPRAISEへと続き、SWANKY DANKがトリを飾る。ステージに登場するとKOJI(Vo&B)は早速「千葉LOOK、MUNCHIES始めようぜ!」と観客を煽る。
1曲目の「WIMP」の印象的なイントロで幕を開けたステージは「Remember me」「number」へと続き、早くもボルテージの上がった客席にはサークルモッシュが発生する。MCでは出演を快諾してくれたPRAISE、See You Smileへの感謝の言葉を述べ、SWANKY DANKのホームグラウンドともいえる千葉LOOKへの想いを語った。

そして最新のリリース曲である「White Flag」の疾走感あふれるナンバーで一気に観客のテンションを引き上げると、アニメのタイアップ曲にもなった「Infinity」「Amazing Dreams」でKOJIとYUICHI(Vo&G)の歌声はさらに強く、表情豊かになっていく。
「『MUNCHIES』というのは空腹という意味なんだよね。俺たちがメインディッシュ!まだ喰えるな?」というYUICHIの煽りをきっかけに、「Gentleman of Fortune」から「DESTRUCTION」へと、さらに激しさを増していく。「Sink Like a Stone」ではKOJIが「声を聴かせてくれ!」とマイクをフロアに向け、ファンとのシンガロングで会場は一気に最高潮へ向かう。ラストはキャッチーな「Listen to the Radio」で、楽しげな雰囲気の中、本編を締めくくった。

途切れないアンコールの中、最初にステージに戻ったKO-TA(G)が、8月・9月・10月のライブはファンからのリクエストをホームページで募り、その投票によってセットリストを決めることを発表。KOJIが「ファイナルまでの8ヶ月、最後までよろしくお願いします!今日は来てくれてありがとう!」改めて、ファンへ感謝を述べ、ファンの間でも人気の高いアップテンポな「misery」で幕を閉じた。

スタートしたばかりの「ROAD TO PLAYGROUND」。残るは7公演。回を追うごとにどのようなパフォーマンスを見せてくれるのかが楽しみだ。

<SWANKY DANK ROAD TO PLAYGROUND>

5月12日(日)
「SWANKY DANK presents MUNCHIES vol.4」
会場:千葉 LOOK
ゲストアーティスト PRAISE、See You Smile

6月21日 (金)
「SWANKY DANK presents MONSOON RUMBLE」
会場:水戸 LIGHT HOUSE
ゲストアーティスト AIRFLIPBACK LIFT

7月9日(火)
「SWANKY DANK presents THREE PILLARS」
会場:新宿 LOFT

8月9日(金)
「REQUEST LIVE IN TOKYO」
会場:新代田 FEVER

9月21日(土)
「REQUEST LIVE IN KOBE」
会場:神戸 太陽と虎

10月20日(日)
「REQUEST LIVE IN NAGOYA」
会場:名古屋 APOLLO BASE

11月8日(金)
「SWANKY PLAYGROUND」
会場:渋谷 eggman

12月17日(火)
「SWANKY PLAYGROUND ONEMAN SHOW」
会場:渋谷 CLUB QUATTRO

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。