矢野顕子 80年代の代表作がアナログ
盤で再発決定

矢野顕子の『オーエスオーエス』(1984年発売)と『峠のわが家』(1986年発売)が、2019年11月27日(水)にアナログレコードで再発売される。
『オーエスオーエス』は共同プロデューサーとして坂本龍一が参加した、1984年発売の7枚目のオリジナルアルバム。東京とロサンゼルスで録音が行われ、ベースにウィリー・ウィークス、ドラムスにカルロス・ベガなど米国人ミュージシャンを起用している。坂本龍一がシンセサイザーを担当するほか、細野晴臣高橋幸宏といった、散開後のYMOメンバーの参加もみられる。
『峠のわが家』は1986年2月発売、MIDIから発売された第1弾のオリジナルアルバムで、坂本龍一共同プロデュース。高橋幸宏、大村憲司もレコーディングには参加するもののテクノポップ感がうすれ、ジャズ回帰色が明確になった作品だ。
アナログ化に際しては、米国バーニー・グランドマン・マスタリングによるカッティングが施され、国内プレス、完全生産限定盤での発売となる。
また、先月の立川シネマシティに続き、11月22日(金)に1日限定で、矢野顕子のドキュメンタリー映画『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。~』(2017デジタル・リマスター版)が渋谷パルコ8階、ホワイトシネクインにて再上映されることも決定している。

◆矢野顕子コメント
こうやって聴くと、自分がたくさんの人々の力を借りて、
めちゃいいものを作っていたんだということに気がつきます。
その時の矢野顕子しか作れない音です。
今の耳で聞いても心が踊る。
さあ、共に踊るべー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着