小倉 唯

小倉 唯

【小倉 唯 インタビュー】
今までのライヴから
成長している部分などを
感じていただけたら嬉しい

最新Blu-ray&DVDは2021年7月4日にパシフィコ横浜 国立大ホールで開催した『小倉 唯 LIVE 2021「#Re♥LOVEcall」』と、2020年12月24日に配信した『小倉 唯 ONLINE クリスマス ライブ2020 ~Winter Twinkle Magic~』を収録。初の配信ライヴ、そして久しぶりの有観客ライヴというふたつの特別な公演について、彼女はどんな想いで挑み、何を掴んだのかを語ってもらった。

みんなと一緒にハプニングも
乗り越えて作り上げたライヴ

2020年12月24日に行なわれた『Winter Twinkle Magic』は小倉さんにとって初の配信ライヴとなりましたが、このライヴを開催しようと決めた背景を教えていただけますか?

昨年開催予定だった『#LOVEcall』というツアーが中止となってしまい、初めての試みとなる配信ライヴでした。12月24日のクリスマスイブに開催されるので、冬の世界観をテーマに、タイトルにある“Twinkle”はキラキラ輝くという意味で、ライヴパフォーマンスを観ていただいた時に輝いて見える演出を取り入れようと考えました。それから、配信ならではの演出をということで、観ている人をハッとさせられるようなサプライズ的な要素である“Magic”という言葉を用いました。全体を通して、観ている方にびっくりしていただける演出プランが組み込まれています。

みなさんが一番びっくりされたのはマジックの部分でしたよね。これまでマジックに挑戦されたことは?

人並み程度の知識と経験しかなかったので、パフォーマンスとしてマジックを披露するのは今回が初めてでした。

挑戦されて何が一番大変でしたか?

どれも違う難しさがありました。ステッキを出すマジックと、持っていたハンカチが卵に変わるマジックが特に難しかったです。ステッキのほうはコツを掴むまでにすごく時間がかかって、何百回も練習しました。当日は曲を歌いながら、しかも後ろにいるダンサーのみんなと同時にステッキを登場させるという難しいシチュエーションだったので、ハラハラしましたね。自分の目線でタネがバレないように気をつけなければならないし、マジックを完成させることは歌やダンスとは違う難しさがありました。カメラワークは事前に決め込んでいて、リハーサルではスタッフさんのスマホで撮影しながら移動の導線やマジックの段取りを念入りに確認していました。

ステッキを出すところは本当に息ぴったりでした。

成功して良かったです(笑)。

前半は可愛いらしい楽曲が続いていましたが、後半はドラマチックでシリアスな曲が並んでいました。セットリストの曲順はどのように決めたのでしょうか?

ライヴのタイトルに“Winter”という言葉が入ってるから「winter tale」は必須で、1曲目に置いています。また、配信日がクリスマスイブ当日だったので、最後は「Very Merry Happy Christmas」で締められたらいいなって。あとは、初披露の楽曲も溜まっていたので、ここで披露しておきたい曲もいくつか決まっていて。セレクトする楽曲の枠が狭まったところで、“やっぱりこの曲はみんな聴きたいかな?”とか、せっかくなのでカバー楽曲も入れさせていただいたり、全体のバランスを見てセレクトしていった感じですね。

ロックパートの時にこだわったところは?

ロックパートに限らずかもしれませんが、今回は配信ライヴということで、いつもよりも顔の表情変化などを意識して歌っていました。

配信ライヴは普段のライヴとどんな点が大きく違いましたか?

普段のライヴとは全然違っていて…途中で小休憩をはさんだり、着替えの時間があったり、カメラの調整が入ったりしたので、かなりの時間と体力が奪われました。最終的なかたちとしては一本のライヴに見えますが、撮影はブロックごとに行なっていたので、一日中ず〜っと収録している状況でしたね。MV撮影も同じく大変ですが、配信ライヴだと実際に歌いながらの収録になるので、それよりもさらにハードでした。体力もモチベーションも本当に維持するのが難しかったですね。

そんなご苦労があったとは…

かなり大変でしたが、本番までにリハーサルや練習を重ねて挑んだので、本番ではスムーズに撮影することができて。みんなで練習を重ねた甲斐があったなと思いました。それに加え、配信だからこそできる演出をふんだんにお届けすることができたので、撮影が終わった後は気持ち良い達成感に浸れました。

小倉さんの配信ライヴを初めて体験したお客さんからの感想はいかがでしたか?

私がみなさんに届けたかった想いやこだわりをしっかりと受け取ってくださっていて、それが本当に嬉しかったです。実は、配信中に映像が止まってしまうというハプニングに見舞われたりもして。ファンの方にとってはフラストレーションが溜まってしまう状況だったと思うのですが、それを上回るくらい“ライヴの完成度がすごかった!”という声が多くて驚きました。みなさんからの愛情を感じましたし、素敵な内容を届けられたということを実感でき、すごく嬉しかったです。
小倉 唯
小倉 唯
Blu-ray&DVD『小倉唯 LIVE 2020-2021「LOVE & Magic」』【Blu-ray】
Blu-ray&DVD『小倉唯 LIVE 2020-2021「LOVE & Magic」』【DVD】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着