【片平里菜】『片平里菜2ndワンマン
ツアー2014〝amazing sky〟』2014年
11月24日 at 恵比寿 LIQUIDROOM

撮影:オノツトム/取材:桂泉晴名

 自分を育んでくれた周囲の人や、故郷である福島に対する率直な想いを綴った1stアルバム『amazing sky』。作品のリリースを経て、11月16日から待望の2ndツアーがスタートした。東京公演のこの日、彼女の新たな一面を見たと感じたのは、ヘビースモーカーの男に惹かれる女性を描いた新曲「煙たい」。持ち味である透明感に満ちた声に切なさと甘さが加わり、恋人同士の体温や息遣いまでも感じさせる。その一方で、田村玄一のスティールパンと片平のアコースティックギターで演奏された新曲「子供時代」は、ふたりが発する柔らかな音が心地良く響き合い、幼い時に見た景色や無邪気な気持ちを思い起こさせてくれた。また4つ打ちの衝動的な楽曲「HIGH FIVE」や「CROSS ROAD」では元気な彼女のパフォーマンスにオーディエンスもクラップで応え、会場は大いに盛り上がる。

 ライヴ後半、片平は4月から東京で暮らし始めて、久しぶりに福島に帰った時の体験について語った。“平和ボケしていた”という言葉に、オーディエンスも記憶が風化していくことの怖さにハッと気付かされる。観客の心を導くように、彼女は“悲しみの中でも光を信じよう”と伝えてくれる楽曲「心は」をじっくり歌い上げる。“私しか歌えない歌をこれからもどんどん歌っていこうと思っているので、必要だなと思う人は、曲を聴いて、また歌を聴きにきてください”。自分の決意を語り、ラストの「始まりに」をマイクレスの弾き語りで披露。マイクを通さない分、彼女から生まれたものを直接手渡しされているような温かい感覚を残し、ステージは幕を閉じた。

セットリスト

  1. この空を上手に飛ぶには
  2. amazing sky
  3. tiny room
  4. 女の子は泣かない
  5. HIGH FIVE
  6. CROSS ROAD
  7. 夏の夜
  8. teenage lovers
  9. 子供時代
  10. 煙たい
  11. あなた
  12. 小石は蹴飛ばして
  13. Hey boy!
  14. Oh JANE
  15. 心は
  16. Come Back Home
  17. <ENCORE>
  18. baby
  19. 始まりに
片平里菜 プロフィール

カタヒラリナ:1992年生まれ、福島県福島市出身の女性シンガーソングライター。高校3年生の09年に音楽活動を開始。13年1月、配信限定シングル「始まりに」をリリース。同年8月、シングル「夏の夜」でメジャーデビュー。14年1月にリリースした2ndシングル「女の子は泣かない」は、オリコン週間ランキング初登場18位を記録した。そして、同年8月に待望の1stアルバム『amazing sky』を発表。片平里菜 オフィシャルHP
片平里菜 オフィシャルブログ
片平里菜 オフィシャルTwitter
片平里菜 オフィシャルfacebook
片平里菜 オフィシャルインスタグラム
片平里菜 オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」