Hilcrhyme「ROAD to 武道館」
-第三回 Hilcrhyme crew-

TOCです。 3月ですね。卒業式を終えた学生の皆さん
卒業おめでとうございます。
ツイッターをやっていて感動する呟きをたくさん見ました。
学生生活で得る最大の財産は「友」です。
勉強も部活も友達がいたからこそ楽しかったんじゃないかなと思います。
その財産は大事にしていれば一生なくならないものです。
出会いが人を成長させます。新しい環境に身を置き
また新たな出会いを楽しんで下さい!


さて先日、Hilcrhymeの5枚目のオリジナルアルバム
『FIVE ZERO ONE』が発売されました。
アルバムの解説はokmusic UP'sの違うページでやってるので
ぜひご覧下さい。けっこう深いところまで書いてあります。


今回、“ROAD to 武道館”ということで
武道館に向けて改めて紹介したい人間がいます。
HilcrhymeのLIVEに来てくれてる方にはお馴染みなんですが
CLOP、そしてTHUG-HOMEYという二つのダンスチームです。


世間一般の方は、Hilcrhymeは2人組という認識だと思いますが
LIVEという場になるとダンサーが6人加わり
Hilcrhyme crewとなって8人でLIVEを行なっています。
バックダンサーを付けてパフォーマンスを行なうアーティストは沢山いますが
こういった形でツアーやLIVEを展開してるアーティストは
なかなかいないんじゃないでしょうか。
僕らも初期の頃、バックダンサーを付けてパフォーマンスをした事があります。
いわゆる外注です。当然、百戦錬磨のプロのバックダンサーは仕事を完璧にこなし
こちらの要望以上のものを魅せてくれました。


でも僕がHilcrhymeでやりたいSHOWとは少し違いました。
欲しかったのはバックで踊るダンサーではなく
自分と前後差なく同じ位置で踊るようなダンサーでした。
そしてそれは同じ新潟でやってきたクラブ仲間であってほしかった。


そんな時にCLOPとTHUG-HOMEYという2チームが名乗りを上げてくれて
彼らを「LIVEメンバー」という形で迎え入れる事になりました。
新潟という土地で前例のない事をやる。やっぱり最初はしんどかったです。
情報の収集、練習場所の確保、Crewとして立ち位置の確立、などなど課題が山積みでした。


しかし練習と研究を重ね、LIVEやツアーをこなしていくうちに
最初は否定的な意見も少なからずあった中
ファンの皆さんはCrewを好意的に受け入れてくれました。
その頃には自分の求めていたものが徐々に輪郭を帯び始めました。


結果、現状のHilcrhymeのLIVEは唯一無二なものとなりました。
「2+6」ではなく「8」
後ろで踊るダンサーではなく一人一人が2時間半の物語の登場人物として
受け入れられるようになりました。
今となっては欠かせないLIVEメンバーのCLOPとTHUG-HOMEY。


新潟の小さなクラブで歌って、回して、踊ってた8人が
日本最高峰の大舞台、日本武道館に立ちます。
そういった経緯を踏まえて見て頂ければ
また違った楽しみ方が出来るんじゃないかなと思い書きました。


これからもどうぞ8人をよろしくお願いします!
Hilcrhyme Crew で武道館にて

Hilcrhyme Crew で武道館にて

シングル「Lost Love Song」の撮影時のオフショット

シングル「Lost Love Song」の撮影時のオフショット

「Message to Hilcrhyme」

From スタイリスト・SUGIさん

初めてHilcrhymeを観た・聴いた時の印象はどんなものでしたか?

SUGIさん
初めて会った時の印象は、いかにも昔ヤンチャをしていましたという風貌な二人でした(笑)。
初めて聴いた時の印象は、その見た目からはとても想像が出来ないような歌声と楽曲で、また新たにすごいアーティストが現れたなぁ~と思ったことが、今でも記憶に残っています。誰もが僕と同じく感じたことだと思いますが、春夏秋冬を初めて聴いた時は、日本全土に響き渡る永遠の曲になるに違いないと思いました!

Hilcrhymeの魅力とはどんなところですか?

SUGIさん
ヒルクライムの二人は、その見た目とは裏腹にとても真面目な性格で、音楽に対する熱い思いが人一倍感じられるアーティストだと思います。その姿はまさしく、妥協という言葉が見当たらない!
僕自身も仕事上で何度も意見がぶつかり合ったことがあるくらい(笑)。
あとは、なんと言っても、ライブでのパフォーマンスが格好良過ぎるんです!
ヒルクライムの音楽はきっと素肌で体感することによってその魅力を最大限に感じることが出来るアーティストだと思います。ヒルクライムのライブパフォーマンスをまだ目にしたことがない、そこのあなた!!!
一度ライブへと足を運べば、たちまち二人の虜になること間違いないでしょう。

Hilcrhymeのふたりにメッセージをお願いします!

SUGIさん
僕もヒルクライマーの一員として、これからもずっと応援していきますので、武道館の成功はもちろんのこと、その先もずっと予に響き渡る、みんなのパワーになる歌を届けていって下さい!
それがあなたたちのやらなければいけない役目です!!
Non-Stop MIX CD『BOOST UP! ~Hilcrhyme Non-Stop MIX vol.1~ Mixed by DJ KATSU』 4/2発売 UNIVERSAL J
    • UPCH-1969
    • ¥2,000(税込)
Album 『FIVE ZERO ONE』2/26 発売 UNIVERSAL J
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • UPCH-9921 ¥3,680(税込)
    • ※初回限定盤DVDにはインディーズ時代から現在までの秘蔵映像&秘蔵写真で構成した「History of Hilcrhyme」を収録。
    • 【通常盤】
    • UPCH-1963 ¥3,059

ライブ情報

『Hilcrhyme TOUR 2014』

4/06(日) 埼玉・戸田市文化会館 

4/12(土) 静岡・静岡市民文化会館 中ホール 

4/13(日) 栃木・栃木県総合文化センター 

4/19(土) 京都・KBSホール 

4/25(金) 長野・ホクト文化ホール 中ホール(長野県県民文化会館) 

4/26(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(名古屋市民会館) 

4/29(火) 宮城・仙台電力ホール 

5/03(土) 福岡・Zepp Fukuoka 

5/05(月) 広島・CLUB QUATTRO 

5/06(火) 岡山・岡山市民会館 

5/09(金) 東京・TOKYO DOME CITY HALL 

5/18(日) 北海道・Zepp Sapporo 

5/24(土) 大阪・オリックス劇場
5/25(日) 香川・高松オリーブホール

5/27(火) 新潟・新潟県民会館

★日本武道館公演決定!
9/06(土) 東京・日本武道館

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」