ヒステリックパニックメンバー全員で
選ぶプレイリスト。「春、新生活に聴
いてほしいプレイリストはこれだ
!」

現在AWA OKMusicオフィシャルアカウントで公開中のプレイリストに、ヒステリックパニック選曲のプレイリストが追加された。

ヒステリックパニック

超絶ハイトーンのTack朗×凶悪スクリームのとも×極上コーラスの$EIGOのトリプルヴォーカルが織りなす唯一無二のハーモニーは中毒性抜群。ラウド、エモ、ハードコア、メタル、J-POPと、ジャンルの垣根を気軽に飛び超えながら音を紡ぐ、通称“ヒスパニ”が新たに生み出す、これが最新式のエクストリームなJ-POP。

「春、新生活に聴いてほしいプレイリ
ストはこれだ!」

この春新生活を迎える人に是非聴いてもらいたい曲をヒステリックパニックメンバー全員で選んでみましたー。これを聴いてキラキラした春を満喫してみてくださいね~。

1. Dandelion/RIP SLYME(とも選曲)

永遠の憧れ、大好きなRIP SLYMEさんの春ナンバー。桜並木を歩きながら聴きたい一曲。宮崎あおいさん出演のMVもほんわかしていて大好きです。

2. 春の海/砂崎知子(とも選曲)

春の晴れた日にドライブする時の定番ソングとなっております。心地よいギターのカッティングと乗れるリズムと爽やかなメロディがドライブを楽しくさせてくれます。目的地に行くのにわざと遠回りをしてまで聴いている一曲です。

3. Love Foolosophy/Jamiroquai(おか
っち選曲)

2016年、正月に行なわれたヒステリックパニック『オトナとオモチャでアソボウゼー!!TOUR』ツアーファイナル公演の開場BGMとして使用された事は余りにも有名である。同じビクターです。

4. POW/Larry Graham & Graham Centr
al Station(おかっち選曲)

高校生一年生の春にベースを始めて、スラップという技法を知った時に聴いていた一曲です。今でも色褪せないファンキーで耳に残るスラップフレーズは当時の自分に衝撃を与え、現在の自分のベーススタイルの原点でもあります。

5. 桜/河口恭吾(TACK朗選曲)

ふざけてると思うかもしれないけど、中学生の頃ロックのロの字も知らない僕はこの「桜」に出会ってすごくエモい気持ちになっていました。

6. Make It Personal/Sonny Alven($
EIGO選曲)

リラックスしたいけれどアンビエントは苦手な人も
季節の変わり目を感じさせる美しいメロディがフロウしてくる
心地よいLow Beatを体感せよ

7. Fall Out Boy/The Phoenix($EIGO
選曲)

2008年に活動休止してから5年
2013年に発売した復帰アルバムの中の一押しアンセム
新生活をエネルギッシュに迎えたい人にオススメ

8. Isn't She Lovely(Album Version)
/Stevie Wonder(やっち選曲)

あまり春とか関係はありませんが、春になると何故か聞きたくなるのでこの曲をチョイス(笑)。邦名が“愛しのアイシャ”でスティービー・ワンダー自身の娘の事を曲にしており、中盤からは入ってくる愛に満ち溢れたホームビデオのようなトラックは新生活にむけてはやる気持ちを落ち着けるにはちょうどよいのではないでしょうか。

9. 振り向けば…/Janne Da Arc(やっ
ち選曲)

春という事で一番に思い浮かんだのがこの曲、いかにもな感じの曲調と歌詞ではありますがテーマがテーマなのと個人的にもこの曲はよく聞くので選びました。素晴らしい歌メロと生のストリングスを聞いていただければと思います。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着