LUNKHEAD 山下 壮が選ぶプレイリスト
。「梅雨時に聴きたくなる曲たち」

現在AWA OKMusicオフィシャルアカウントで公開中のプレイリストに、LUNKHEAD の山下 壮(Gu)選曲のプレイリストが追加された。

LUNKHEAD

1999年に愛媛県で結成され、2004年1月、シングル「白い声」でメジャーデビュー。10年4月にオリジナルメンバーの石川 龍(Dr)が脱退するも、桜井雄一(ex.ART SCHOOL)を迎えての新体制となる。15年に入りレコード会社を徳間ジャパンに移籍し、アルバム『家』を発表。小高の切迫感に満ちた歌詞とエッジの効いたサウンドが真っ直ぐに聴く者の心を撃つ。

「梅雨時に聴きたくなる曲たち」

雨っていうのは嫌なものですが、雨の日に聴く音楽はオツだったりします。そんな曲たちを個人的な嗜好から選んでみました!

1. November Rain / Guns n’ Roses

ノーベンバー(11月)ですが、雨といえばまずこの曲しかありません!! PVも最高ですね!!

2. Goodbye To Romance / Ozzy Osbour
ne

アンニュイなイントロが雨の日にぴったりだと思います。ギターソロもたまりません!!

3. Banana Pancakes / Jack Johnson

ジャックジョンソンを初めて聴いた時軽くカルチャーショックを受けました。この曲の入っているアルバムは一番聴いたかも。

4. Calls / Robert Glasper Experimen
t

とにかく鍵盤が心地良いのと、ゲストヴォーカル陣がカッコ良いです!

5. Midnight In Harlem / Tedeschi Tr
ucks Band

勢いを増した太平洋高気圧が梅雨前線を押し上げるかのような、徐々に感情を爆発させるスライドギターが大好きです。

6. The Rain Song / Led Zeppelin

ツェッペリンの懐の深さを見せつけられる曲だと思います。ジョンポールジョーンズ恐るべし!!

7. Naked In the Rain / Red Hot Chil
i Peppers

雨っぽくはないですが、レッチリです! アルバム『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』はめちゃくちゃ聴きましたね。

8. I Think It’s Going To Rain Toda
y / Randy Newman

ノラ・ジョーンズのカバーで知ったと思うんですが、歌詞の物悲しさがジーンときます。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。