2017年10月29日 at 東京キネマ倶楽部 撮影:NAITO、渡辺綾

2017年10月29日 at 東京キネマ倶楽部 撮影:NAITO、渡辺綾

【WEBER ライヴレポート】
『WEBER presents
Masquerade Bitter Night
~HALLOWEEN PARTY~vol.3』
2017年10月29日 at 東京キネマ倶楽部

2017年10月29日 at 東京キネマ倶楽部 撮影:NAITO、渡辺綾

 4人組ダンスヴォーカルユニットWEBERが、2015年から定期的に行なっている芝居とライヴを合わせたエンターテインメントステージ『Masquerade Bitter Night』。このシリーズの三作目の公演が10月27日から29日まで東京キネマ倶楽部で開催された。

 『Masquerade Bitter Night』は前半は芝居がメイン。ナレーションは入るがメンバーは台詞がなく、歌と動きだけで物語を表現していく。過去の公演でこれまで3つのストーリーが披露されてきて、今回の主人公はダンサーのJが扮するマジシャン。舞台はあるサーカス小屋。恋人を失ってしまったマジシャンが、お調子者の玉乗り(Hayato/Vo)、猛獣使い(Taka./Vo)、臆病なピエロ(little Skeet/ Dancer)の励ましによって立ち直っていき、もう1度サーカス団を作り上げていく物語だ。音楽はドラム、ベース、キーボード、ギターの生バンドが演奏。Jは小道具としてステッキを使いながら心の苦悩を表すダンスを、またlittle Skeetはタップダンスなど、ふたりが持つ幅広いパフォーマンス力を発揮した。歌では「2年後の君へ」をTaka.がアカペラで披露したり、Hayatoがレ・ミゼラブルの「アイムドリームアドリーム」を感情を込めて歌うなどしてステージを彩った。

 そして、Hayatoが“ハロウィンパーティー、最後まで楽しんでいきましょう!”と盛り上げると、「異次元ライダー」から後半のライヴパートがスタート。ハロウィンらしく、バンドメンバーが特殊メイクで顔にスカル模様が浮かびあがる演出も。MCでTaka.は“いろいろなことに気付かされたけれど、人間はひとりじゃ何もできない。いろいろな人が力を貸してくれたからこそできた”と語った。以前Jがインタビューで“ただ歌って踊れるグループじゃなくて、人として何かを伝えられるグループになりたい”と語っていたが、その言葉通り、随所に遊び心がありながらも“人との絆”というメッセージをしっかり伝えるステージだった。

撮影:NAITO、渡辺綾/取材:桂泉晴名


セットリスト

  1. 【LIVE パート】
  2. 1. 異次元ライダー
  3. 2. Summer Volcano
  4. 3. Wonderland(ハロウィンver.)
  5. 4. as one
  6. 5. モノクローム
  7. 6. 雨上がりの君と僕
  8. 7. 大切なひと。大切だったひと。
WEBER プロフィール

ウェバー:2013年6月に結成された4人組ダンスヴォーカルユニット。美麗な容姿と実力重視のダンス、魅惑のヴォーカル力が集結したグループとして注目を浴びる。2017年1月にZepp Namba、Zepp DiverCityのワンマンライヴを経て、同年2月にシングル「オオカミの涙」でメジャーデビュー。19年2月20日に移籍第一弾シングル「READY」をリリース。そして、6月26日にメジャーデビュー後、初となるフルアルバム『deception』をリリース。WEBER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」