Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents
『Wet Crate』
- 第11回 Prins Thomas -

PrizmaXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?
こんにちは。5月ですね。心なしかウトウトしてしまうのは五月病の前兆でしょうか。
4月から意識的に始めている読書も、3冊目にさしかかりました。
筒井康隆作、『旅のラゴス』という作品を読み始めました。世界観がすんごい。
旅なんかしてみたいですね。ヨーロッパにもう一度行きたいです。僕はフランスの血が入っているのですが、フランスには去年生まれてはじめて行きました。最高でした。
フランス語は全く話せないながら、エセ・パリジャンを気取りたいものです。
さて、日本の5月は大型連休がありますね。5月3日からはじまる『RAINBOW DISCO CLUB』に心を寄せつつ、僕はそれを超えるくらい楽しくライブをする大型連休になりそうです。
大自然のなかでゆったりDiscoを聴いたりするのって最高ですよね?
その気持ちになるこの曲は最近の朝一チューンです。よかったらどうぞ。
写真はまだまだ絞り出します。ミャンマーです。
Tsubasa Shimada(PRIZMAX) プロフィール

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。現在はダンス&ヴォーカルユニット、PRIZMAXのパフォーマーとしてステージに立つかたわら、DJや写真などのカルチャーに没頭する。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。PRIZMAX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。