L→R 西田裕作(Ba)、宍戸 翼(Vo&Gu)、美代一貴(Dr)

L→R 西田裕作(Ba)、宍戸 翼(Vo&Gu)、美代一貴(Dr)

【The Cheserasera】これからのThe
Cheseraseraの“決意表明”

ソリッドなギターサウンド、憂いを帯びた歌声が話題を呼んでいるThe Cheseraseraが、ついに初の全国流通盤となる1stミニアルバム『The Cheserasera』をリリース!
取材:高良美咲

The Cheseraseraの楽曲は爽快で疾走感のあるギターサウンドが特徴的ですが、メンバー3人のもともとの音楽のルーツとは?

美代
いろいろありますが、Blankey Jet Cityですね。
西田
僕もBlankey Jet Cityが大好きです。
宍戸
高校の頃は特に広く浅く聴いていました。その中でもGRAPEVINEはずっと聴いていました。

そんな3人がThe Cheseraseraとして活動を始めたいきさつは何だったのでしょうか?

美代
まず、大学のサークル内で宍戸くんと出会い、前身バンドを結成したんです。その後、程なくしてベースが抜けるということで、僕と昔から一緒にリズム隊をやっていた西田を誘って、今の編成になりました。

やりたい音楽のかたちがあった上でバンドを結成したのでしょうか? また、楽曲作りで意識していることはどんなことですか?

宍戸
大義名分はありませんでした。自分の内から出る言葉やフレーズを鳴らしたい!という動機しかなかったんです。それから評価や感想をもらってるうちに、逆に“こうなんだな”と思ったりも。今では非日常で享楽的なラブソングよりも、生活レベルでの大きな感動や感傷を書き留めていきたいという気持ちです。
美代
常にいいものをというのはもちろんですが、今作は特に取っ付きやすさを意識したように思います。
西田
それぞれの“個”が生きる、“個”を活かすことです。

なるほど。10月にTOWER RECORDS限定シングルとしてリリースした「Drape」は疾走感のあるメロディーに乗った歌詞が少し寂しさを感じさせながらも前に進む勇気をくれますね。もともとはどんな楽曲を作ろうと思ったのでしょうか?

宍戸
リフが効いて、カラッとした力強い曲が作りたかったのがきっかけです。それに加えて、ちょうどその頃に感想としてもらっていた“共感”を大事にしたいという思いで歌詞を書きました。

実際に手に取った方々からの反響はいかがでしたか?

宍戸
初めて知ってくれた方がたくさんいました。とても嬉しいことです。

その「Drape」もリード曲として収録されている、ミニアルバム『The Cheserasera』は初の全国流通盤ということで集大成のような部分もあると思うのですが、まずはどのような作品を作ろうと?

西田
今あるものを全てぶつけてみました。
美代
The Cheseraseraなりの“決意表明”をしようということで制作に取り掛かりましたね。
宍戸
歌詞はひとりで考えて終わるような話をみんなのものにしたかったから、自分の掃き溜めで終わらせず、読み聴きしやすい言葉を探しました。

本作には7曲が収録されていますが、他にも楽曲がある中での選曲なのでしょうか?

美代
他にもいろんな曲があって、その中からメンバーとスタッフの方と相談しながら決めましたね。新曲としてその当時作っていた曲と、以前に発表した曲(「ALL DAYS THROUGH OUT」)なども交えて、まさにこれまでの集大成のような音源にしようということで。

アルバムの幕開けを飾るサブリード曲の「風に吹かれて」は、ソリッドなギター、メロディーに乗ったシニカルな歌詞が耳に残りやすいですね。

宍戸
もともと、自分の話やノンフィクションでしか歌詞を書けなかったのですが、この曲はサラリーマンや学生の葛藤とリンクできるような主人公を描くつもりで書きました。だから、すごく難しくて苦悩したんですが、出来上がったのを見たら結局自分の話みたいになってて複雑な気持ちになりました(笑)。

(笑)。例えば、その「風に吹かれて」なら《1と2と3と4と5と それ以外何か言えないの? つまらない人ね》というところなのですが、他の楽曲も通して、憂いを含んだ楽曲が多いですよね。そこがThe Cheseraseraの特徴だと思うのですが。

宍戸
正直、狙いはありません。自分の自然な言葉から生むという共通点しかなくて、悪く言えば気まぐれでもあります。そのどこかで生まれる矛盾も人としてのリアルだと思うので、まったくもって肯定的です。

他にもアグレッシブな「LOVERS」、ロックバラード調の「Finale」「涙あふれてた」など、さまざまな曲が詰め込まれていますね。

宍戸
やれることを全てやりました。
美代
バラエティー豊かな一枚になったと思います。
西田
我々のいろいろな部分が見えるのではないでしょうか!?

メンバーそれぞれ、思い入れのある楽曲はありますか?

宍戸
「風に吹かれて」は先述の通り新しい挑戦だったので、印象に残ってます。
美代
「カナリア」は今までの僕らになかったアプローチが面白くて好きですね。Aメロの語り口調とか。「涙あふれてた」もそうなんですが、ギターリフとドラムの絡みが気持ち良い曲が多くて、そんなところが個人的には気に入っています。
西田
「フィナーレ」はどういうアプローチにするかを全員で苦戦して、結果いろいろなものが詰まっているように思います。

本作に“The Cheserasera”というセルフタイトルを名付けた理由は?

美代
きっかけはマネージャーさんからの提案です。先ほど言ったように、これからのThe Cheseraseraの“決意表明”っていうテーマがあったので、それにぴったり当てはまるタイトルだなと思い、これでいこうと決めました。

制作を終えて、何か得られたものはありましたか?

美代
いろいろありましたね~! 単純な技術とかもそうですし、何より次の作品はこうしたいとか、そういう熱とか意欲が沸いて出ている状態です。
西田
自らの甘さを痛感しました。
宍戸
歌詞をみんなによく読んでもらったりして、どれだけの距離感で書けばいいのかとか、よく考えることができました。

それを生かして、今後はどのようなことをしていきたいですか?

美代
より良い状態でバンドを続けていくことと、そのためにしっかりと結果を出すことです。
西田
全国の、より多くの人に僕らのライヴを届けたいです!
宍戸
バンドとして楽しい活動を、たくさん考えていきたいです。

なるほど。今作はぜひたくさんの人に聴いていただきたい一枚ですね。

美代
ぜひ聴いてもらいたいです! 『The Cheserasera』をどうぞよろしくお願いします!
西田
そしてライヴ会場で会いましょう!!
宍戸
暮らしの中で、聴いてください。
『The Cheserasera』
    • 『The Cheserasera』
    • PFCA-0030
    • 2014.01.08
    • 1680円
The Cheserasera プロフィール

東京で結成されたロックバンド。2009年、大学内でメンバーが出会って前身バンドが始動。2010年2月、渋谷屋根裏との共同レコ発企画を開催するとともに、1stデモCD『夜も消えない』をリリース。同年11月、初の自主企画『曇天ケセラセラ』を開催し、バンド名をThe Cheserasera(ザ・ケセラセラ)と改名する。2011年4月、渋谷屋根裏でレコ発自主企画を敢行&2ndデモCD『empty,empty,dream』を発表。同年12月には、『rockin'on presents「RO69JACK COUNTDOWN JAPAN 11/12」』の入賞アーティスト16組に選出される。2012年5月、3rdデモCD『さよなら光』をリリース。エモーショナルな歌声とギター・サウンド、憂いのある歌詞がじわじわと人気を集め、2013年3月の下北沢SHELTERでの初のワンマン・ライヴは、見事ソールドアウトを記録する。同年10月、タワーレコード限定1stシングル「Drape」を発表。2014年1月には、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『The Cheserasera』をリリース。同年6月、ミニアルバム『WHAT A WONDERFUL WORLD』でついにメジャーデビューを果たす。“センチメンタル・ギター・ロック”と形容されるそのサウンドでさらに知名度を上げている。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着