L→R 小林祐介(Vo&Gu)、吉木諒祐(Dr)、高松浩史(Ba)、ケンゴマツモト(Gu)

L→R 小林祐介(Vo&Gu)、吉木諒祐(Dr)、高松浩史(Ba)、ケンゴマツモト(Gu)

【THE NOVEMBERS】“試み”が僕たち
に残した贈り物


取材:土内 昇

バンドの進化&深化であり、挑戦に驚かされた3rd EP『GIFT』。本作を制作する上で、どんなビジョンを持って臨んだのかを小林祐介(Vo&Gu)に語ってもらった。

作品の持つ価値観として、これまでで一番シリアスさ(真剣さ)に裏付けられたポジティブさを表現しようと思っていました。慢性的なオプティミスティックや、思考停止的な価値観への風刺、問いかけを自分なりのやり方で表現できたと思っています。音楽的な意味では、朝日が似合う作品を作りたいと考えていました。前作2枚は当時の自分にとっての“気付き”のドキュメントだと考えていて、それを経て、自分以外の何かと関わること、交わること、干渉することに対して興味が沸きました。“自分以外の何か”への興味と言ってもいいし、“自分以外の何かと関わる自分”への興味と言ってもいいかもしれません。音楽に関わらず、それ自体が僕にとって“試み”の連続でした。それがあらゆる部分でダイレクトに出たのが『GIFT』だと考えています。

となると“試み”を前提した上で、本作の楽曲作りも行なわれたのだろうか?

いいえ、前提にはしませんでした。自身の好奇心が赴くまま作業をしていたことが、結果的に“試み”だったのです。“試み”はあくまで、“きっかけ”や“手法”と捉えています。その中での一番の“試み”はライヴレコーディングしたものを基に、ライヴ盤でない作品を作ることでした。僕にはこれまでにやらなかったこと、やれなかったことが山ほどあります。それらに対する興味が“きっかけ”で、それを実行することでの刺激が“理由”ですね。

そんな本作を作り終えて、見えたもの、掴めたものについて尋ねてみた。

他人への興味と感謝です。それと、何かしかの“美しさ”を表現しようとする時に同じくらい“そうでないもの”…つまり、“美しくないもの”に対する認識が大事だということを再認識しました。
聴き終えた後、希望というか、優しい光を受け取ったような感覚が残る本作。メンバー自身は、どんな作品が完成したと実感しているのだろうか?
“試み”が僕たちに残した贈り物ですね。感じてもらいたい特定のものはありませんが、リスナーの方自身の感じ方で好きに楽しんでもらえたら嬉しいです。自身も含めて、関わった人自身の“豊かさ”を祈っている作品なので。
『GIFT』
    • 『GIFT』
    • UKDZ-0135
    • 2012.11.07
    • 1890円
THE NOVEMBERS プロフィール

ザ・ノーベンバーズ:2005年より活動開始。同年、吉木諒祐(Dr)、ケンゴマツモト(Gu)が加入し、現メンバーとなる。08年、1stアルバム『picnic』をリリース。09年3月には2ndミニアルバム『paraphilia』をリリースし、そのツアーファイナルの渋谷CLUB QUATTROワンマンはソールドアウトとなった。オフィシャルHP
YouTube
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着