写真上段左より、余語隼人、Leoga/中段左より、藤縄雄大、佐藤 匠、中西宥暉/下段左より、黒澤賢吾、後藤 望

写真上段左より、余語隼人、Leoga/中段左より、藤縄雄大、佐藤 匠、中西宥暉/下段左より、黒澤賢吾、後藤 望

【CoLoN: インタビュー】
衝撃的なワードで恋愛模様を
描く3曲入りシングルが完成!

“女心を女言葉で歌うメンズアイドル”として注目を集めているCoLoN:(コロン)がニューシングル「彼女いたんか~い」をリリース! ポップでやるせない心情を描いた歌詞とスタイリッシュな楽曲を融合させたリードトラックはもちろん、新たな顔を見せたカップリング2曲も魅力的だ。意欲作を完成させたメンバー全員へのインタビューをお届けする。

メンズアイドルが
歌うには衝撃の歌詞だと思う

シングル「彼女いたんか~い」はどんな流れで制作が始まったのでしょうか?

後藤
インフルエンサーのもちこさんに作詞をしていただこうという話が出たところから始まりました。もちこさんに恋愛体験談をもとにした歌詞を書いていただいて、それをCoLoN:で表現しようと。つまり、今回は“もちこさんの歌詞ありき”というアプローチだったんです。そしたら自由な感覚で素敵な歌詞を書いてくださって。
余語
そんな切なさもある恋愛模様をポップに描いたもちこさんの歌詞と、カッコ良い楽曲が組み合わさって面白いものになりましたね。僕らの曲はタイトルのインパクトが強い曲が多くて、次はどんなタイトルかと思っていたら「彼女いたんか~い」の歌詞があがってきて、“か~い”ってとことがいいと思いました。シングルの宣伝をするために告知動画を撮ったんですけど、その時はまだ曲を聴く前で、みんなで“か~い!”という明るいノリで喋ったんです(笑)。でも、そのあとに出来上がった曲を聴いたらクールな感じだったので、すごくポップに宣伝しちゃったけど、どうしようって(笑)。でも、タイトルと曲調のギャップが絶妙だし、聴けば聴くほど中毒性があって、すごくいいリード曲ができたと思います。
黒澤
CoLoN:もそうですけど、アイドルのお客さんにとって楽曲や歌詞のイメージは重要なんですよね。その中でメンズアイドルがいきなり“彼女いたんか~い”って歌うと、かなり衝撃だと思うんですよ。僕は毎回お客さんの印象に残る曲であってほしいと思っているので、今回もすごく気に入っています。
Leoga
CoLoN: 曲は歌詞が辛辣というか、激しいことが多いんですよ。“それを言っちゃうんだ”みたいなものが多くて、「彼女いたんか~い」もそういう歌詞になってます。“妊娠”とか“出産”といったワードも出てきて、しかも僕が歌うパートが“出産”だったんです(笑)。だから、どう調理しようか考えました。あまりいやらしくなく、かつ曲調に合わせてセクシーさを出すということを意識して、ライヴでパフォーマンスする時の表現の仕方も考えました…そういう難しさもあった曲を、いいかたちに仕上げることができて満足しています。
佐藤
僕の中では曲調も歌詞も今っぽい印象です。今までのCoLoN:は切なさを歌うことが多かったけど、今回はLINEのやり取りをしている様子も出てくるんですよ。そういうところが新しくて、今の若い女の子たちにも共感してもらえるんじゃないかと思ってます。
藤縄
最初にタイトルを聞いた時は面白い感じの曲なのかなと思ったんですけど、すごくクールな曲調で、振付けは女の子っぽいんですよ。そんなふうに曲調と歌詞、振付けが混ざり合って、独自の世界が生まれてるのかなって。なので、曲を聴いていただくと同時に、ぜひパフォーマンスも観ていただきたいですね。そうすればこの曲をもっと好きになってもらえると思います。
後藤
僕は自分の声とのギャップが大きくてちょっと戸惑いました。デモを歌ってくださっている方が泥臭い感じで強めな歌い方をされていたんですよ。それもすごく良かったけど、ポップにしたらもっと面白くなるんじゃないかってことをグループで話し合って、歌をもうちょっとリズミカルにしたり、ラップに遊びを入れたりしました。そうやって楽曲のシナリオ作りをするのがすごく楽しかったです。定期公演をやっているので、ライヴに毎回来てくださる方にも新鮮さを味わっていただくために、いろいろ変化をつけています。例えば、音源の“いたんか~い”というところは音程が上がっていくんですけど、ずっと高い音で“いたんか~い!”と言ったり、“か~い!”というところを強調したりとか(笑)。そういうことも楽しくて、CoLoN:のいい曲がまたひとつ増えたことを感じています。
中西
僕も今っぽい曲だと思ってて、今はSNSの時代でInstagram、LINE、Twitterが3大巨頭みたいになっているじゃないですか。この曲の歌詞は友達とLINEでやり取りしていたり、Twitterで呟いてバズッていたり、Instagramにストーリーで書いているような感じだったりするんですよね。それはインフルエンサーのもちこさんだからこそ思いついたものなので、もちこさんにお願いして良かったと思います。Twitterを見た人が“いいね”のボタンを押すように、僕らが「彼女いたんか~い」をライヴでやった時に、通りすがりの人にも“いいね”を押してもらえるような曲にしたいなと思っています。
写真上段左より、余語隼人、Leoga/中段左より、藤縄雄大、佐藤 匠、中西宥暉/下段左より、黒澤賢吾、後藤 望
シングル「彼女いたんか~い」【初回盤】(CD+DVD)
シングル「彼女いたんか~い」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着