L→R ys(Ba&Vo)、Yo-suke(Vo&Gu)、政雄(Gu&Vo)、悠-suke(Dr)

L→R ys(Ba&Vo)、Yo-suke(Vo&Gu)、政雄(Gu&Vo)、悠-suke(Dr)

【REAL REACH】もっとREAL REACHって
バンドを追求したい


取材:ジャガー

タイトル通り、ライヴを彷彿させる衝撃があり、彼らを身近に感じることのできる歌詞に胸が熱くなり、バンドと一体となって楽しめるバイブスが詰め込まれたアルバム『LIVE!! LIFE!! VIBE!!』についてYo-suke(Vo&Gu)と政雄(Gu&Vo)に訊いた。
「僕らの人生、心を揺るがす作品。テーマはなかったんですけど、意識したことはやっぱりライヴ感ですかね。ライヴを観に行く時って、楽しむのはもちろんですけど、どこか悶々とした思いを救ってほしいっていうのがあると思うんですよ。それを俺らの楽曲を聴いて“明日も頑張ろう”とか、そんなふうに思ってもらえるように背中を押せるアルバムにしたかったです」(政雄)
「軸がやっとできた。これまでは周りの影響を受けて揺れながらも成長してきたのが、今は軸がちゃんと通って、影響を受けるものは受けて、いらんものはいらんとはっきり分けることがバンドとしてできるようになりましたね。それで同じ目線に立つことしかできないけど、ありのままの自分を出そうと。言葉を選ぶ時も、普段自分たちがしゃべっているような感じにしてます」(Yo-suke)
「でも、これだけバンドの音が出てて、歌が聴こえるっていうのは日本語の醍醐味と言いますか…単に英語ができないだけなんですけどね(笑)」(政雄)
本作の中で、まず特筆すべきところは1曲目の「By myself」。“自分は自分!”と誰と比べるわけでもなく、自分をしっかり持って突き進んでいけというメッセージが力強く打ち出されている。
「『By myself』は、何も言わずにREAL REACHがどんなバンドなのかが分かる。今作の中心的存在ですね。これをバンドの軸として、ゆったりめなのか、もっとハードでいくのか」(政雄)
さらに、ライヴ会場限定音源『4 color』にも収録されていた「flower」の存在も大きい。
「理想としてあった、ちゃんと歌詞を伝えて、リズムも良くて、ビート感もあるっていうのが今まで再現できなかったんですよ。それが『flower』でやっとできた。アレンジも含め、全てにおいて“こういうことも俺たちはできるんや!”っていうのがかたちになって、バンドとしてひとつ成長できたなって思えましたね。『flower』の前後に来る曲も映えて」(Yo-suke)
「『Sunday』の出だしのアホらしさとか(笑)。でも、ここ最近ですよ、本当にカッコ良いと思える曲ができてきたのも。なので、これからもっとREAL REACHってバンドを追求したいですね」(政雄)
REAL REACH プロフィール

リアルリーチ:2002年、大阪で結成。Yo-suke(Vo&Gu)が歌うストレートに心に響く日本語詞と、4人編成でありながらフロント3人のトリプルヴォーカルを最大限に活かし、楽しませるパフォーマンスが融合した新しいかたちのライヴを炸裂させている。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」