【Keita The Newest】僕にとって、ア
ートは
ありのままを出せないと意味がないか


取材:荒金良介

ヴォーカルに演奏、作詞作曲、エンジニアまでひとりでこなすマルチプレイヤー、Keita The Newestが前作から1年9カ月振りになる2ndアルバム『chaotic innocence』を完成させた。まず、彼の一風変わった生い立ちと華やかな経歴について話を訊いた。

父親の仕事の都合でメキシコで生まれて、4歳の時に日本に来ました。ギターは中2で始めて、当時はWHITE SNAKE、BON JOVI、OZZY OSBOURNEとかハードロックバンドを聴いてて。高校ではギターと同時にキーボードもやり始めて、家でインストを作ってました。高2でまたメキシコに行って、音楽が好きだからバークリー音楽院に行ってみようかって。当時はそんなに難しくなかったんですよ(笑)

バークリーでは興味のあった作編曲を専攻し、音楽理論の基礎を勉強。そして、再び日本に戻り、吉井和哉に見い出されると、YOSHII LOVINSONの1st、2ndアルバムの制作に携わる。また、菊地英昭がプロデュースするbrainchild’sではプログラミング、フィーチャリングアーティストとしてメインヴォーカルも担当。

吉井さんはすごく自由で、“プロだからこうしなきゃ”みたいな固定概念にとらわれてなくて。それを見て、僕も自由に音楽を作るようになりました。

確かに今作は、前作よりもさらに自由度が増している。ジャンルを越境した抽象画的な筆が強まり、一曲一曲が強烈な色彩を放っている。

前作は綺麗に作りすぎたから、今回は生々しさを出そうと思い、より好きにやってますね。ロック、クラシック、ジャズ、ワールドミュージック、映画のサントラ…本当何でも聴くので。それらが細かく散りばめられて、1曲の中に入ってるかもしれない。

ポップにストレンジにセンチメンタルに振り切れた曲調とともに、歌詞も内面をさらに掘り下げたものになっている。

前作は優しい人だったけど(笑)、もっと皮肉や自分の脆さを歌詞にしました。自分はこう考えてて、こういう寂しさも持ってるよと。自分の底を掘り下げた感情のほうが、実はみんなの底にある部分にも通じるんじゃないかと。僕にとって、アートはありのままを出せないと意味がないから。“僕はこういう人間なんですよ”というのを分かってほしいですね。
Keita The Newest プロフィール

ケイタ・ザ・ニューエスト:メキシコ生まれ、神戸育ち。YOSHII LOVINSONのアルバム『at the black hole』『WHITE ROOM』に参加。菊地英昭(ex.THE YELLOW MONKEY)がプロデュースするbrainchild'sでは、プログラミング、ギター、アレンジ等を担当。裏方には収まり切らないそのアーティスト性とサウンドで、2010年に1stアルバム『Keita The Newest』を発表した。オフィシャルHP
YouTube
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着