L→R ジョン・カッター(4弦と高い叫びと色んな声)、ロンドンタナカ(歌と6弦)、ガワ(雑用)、アラウンドザ長老(上手い方の8弦)

L→R ジョン・カッター(4弦と高い叫びと色んな声)、ロンドンタナカ(歌と6弦)、ガワ(雑用)、アラウンドザ長老(上手い方の8弦)

【アラウンドザ天竺 インタビュー】
ローン地獄にならないように
頑張ります!(笑)

始動から1年10カ月で初のベストアルバム『「Welcome to アラテ部。 2017-2018」~目指せ!2019年8月8日、QUATTROワンマン!500人来ないとローン地獄!~』を完成させたアラウンドザ天竺。13曲入り500円という赤字覚悟で勝負に挑む彼らの決意とは?

アラウンドザ天竺としての始動から1年10カ月でベスト盤というスピード感に驚きです!

タナカ
学生の時、放課後に話してたようなことをかたちにしている感じで、“結成1年でベスト出したら面白くない?”“わははははは! 面白い! やろう!”みたいな。男版の『けいおん!』…“放課後バカタイム”です(笑)。ファンも一緒に俺らの仲間として楽しんでほしくて、同じ部活の仲間ってことで“アラテ部”って呼んでますし。

いろいろなイベントへの出演も増えてきたり、反響を受けていると実感できることも多かったと思いますが、何か変化はありましたか?

カッター
曲作りに対する意識ですかね。以前は楽曲メインで作ってたんですけど、ライヴのことはあんま考えてなかったので。だから、ライヴで披露しても難しすぎてポカーンってなられることも多かったです(笑)。最近は、ファンが知らない曲でも聴いた瞬間に一瞬で俺らと一緒に笑ったり踊ったりできることを考えながら曲作りするようになったと思います。自分たちのカッコ良さをごり押しするんじゃなくて、クラスの友達みたいに一緒に笑えるように、歌詞もアレンジも分かりやすさはすごく大事にしはじめました。変わらないのは、今でもライヴ前に緊張してお腹が痛くなることですね(笑)。

初のベストアルバム『「Welcome to アラテ部。 2017-2018」~目指せ!2019年8月8日、QUATTROワンマン!500人来ないとローン地獄!~』は、いつ頃から話があがっていたのですか?

ガワ
夏前くらいにスタジオで、いきなりロンドンさんが“次はベストで行こうと思うんだよね”って言い出して、何言ってるんだと思いました(笑)。渋谷CLUB QUATTROワンマンも同じくらいの時期に話が出ていたので、1年かけて頑張っていこうということになって。今回のベストとワンマンはセット…あ、バリューセットです(笑)。

13曲入りで500円という破格だけにとどまらず、ワンマンの500円割引券を付属…渋谷CLUB QUATTROでのワンマンに来る人にとっては実質タダという太っ腹ぶりで。

ガワ
500円っていう価格に関しては、ファンへのメッセージというか、恩返しというか。全国のアラテ部が僕らのバンドTシャツを着ていろいろなフェスに行ったり、時にはTVのニュースの天気予報に出てくれたり、友達に広めたりしてくれてるのをSNSでもたくさん見掛けるんです。それを見て“僕らが何もしないわけにはいかない!”って思ったんですよね。たくさんの人に手に取ってもらいたいし、もう赤字でもいいから感謝の気持ちを込めて500円にしたほうがいいなと。今回のベストアルバムを手に取ってくれた人には、絶対にワンマンにも来てほしいんですよ。その気持ちを伝える手段のひとつとしてワンマンの500円割引券をCDに入れました。ぜひCDを買ってワンマンに来てほしいです!

8月のワンマンの告知をそのままタイトルに入れてしまうという貪欲さもアラ天ならではですね。

ガワ
バンドの内情はタイトルそのままなので、ローン地獄にならないように頑張ります!(笑)

今作にはこれまでにリリースした楽曲の大半が収録されていますが、『タイトルなんでもいい』収録曲の「ヤバイ、新聞屋さん。」を1曲目に持ってきたのにはどういった想いが?

タナカ
THE BLUE HEARTSの「リンダリンダ」、BLANKEY JET CITYの「赤いタンバリン」、銀杏BOYZの「BABY BABY」みたいな曲だと思っていて。アラ天の代名詞みたいな曲だと思ってるし、そういう曲に育ってほしいからですね。ちなみにTHE BLUE HEARTSはベストから入ったんですが、やっぱり1曲目の「リンダリンダ」は衝撃的でしたし。サビだけを持って行ってみんなで好き勝手に作ったんですけど、よくこんな曲が作れたなぁと思うくらい好きなんで1曲目にしました。打首先輩(打首獄門同好会)にTwitterでリツイートしてもらったのにYouTubeの再生回数2万回もいってないですけど(笑)。でも、僕の中では5億回再生です。キテます!

今作が初収録の「サークルモッシュに入ろう」はタイトルの通りサークルモッシュが起こりそうな勢い重視の楽曲ですね。

長老
この曲、ライヴ中にどこをやってるのか分からなくなるんですよね。ゲシュタルト崩壊(笑)。でも、ものすごい破壊力がある曲だからやってて楽しいです。曲を作る時にRage Against the Machineの「Guerrilla Radio」みたいなイメージがありました。ライヴ中はアラテ部がずっとサークルモッシュをしてるので、“負けられねぇ!”って感じで俺らも演奏してます。

同じく新曲の「LOUD体操第一」の《毎回違うことをやっている俺たちのライヴに来てくれ》という歌詞は、まさに今のアラ天の意識を明確に表した言葉ですよね。

タナカ
「LOUD体操第一」は完全にタイトルから浮かんだ曲なんですけどね(笑)。ライヴでやっていくうちに“自由な体操ゾーン”が自然とできたんですけど、もともと僕らは昔からライヴ中にコントやモノマネをやったりするのが好きで。月に何本かライヴがある時に毎回同じ曲で同じようなライヴをしても、ファンもメンバーもつまんないだろうし、ライヴに来なかった人に“うわー、今日行けば良かったー!”って言わせたいんです。“毎回違うから、毎回観逃せない”っていうライヴ目指してます! 来ない奴には損させます(笑)。

今作を締め括る「ロンドンタナカLOUD弾き語りメドレー」は9分を超える超大作になりましたね。弾き語りだからこそのアドリブ感があって、叫びまくって途中で疲れ切っていたりと全力さも伝わってきました。

長老
これは自分がレコーディングしたんですけど、ちょうどロンドンが弾き語りのアルバムを録りたいって言っていたので、そのついでに録ったんです。ツイキャスしながら公開録音みたいな感じで。ちなみに、後ろで叫んでるのは俺です(笑)。

面白さを追求するアラ天らしさを改めて感じられる一枚で、やっているメンバー自身がどこまで振り切れるかという可能性を楽しんでいるんだろうなと思いました。

カッター
振り切りすぎて、誰か偉い人に怒られるのが正直怖いですけどね(笑)。ギリギリを狙う楽しさみたいなのはあります。今回のベストアルバムを何周かリピートして聴いてたんですけど、単純に“うちら元気だな”って思いました。30代の仲良しのおっさんたちがこんな頑張ってるのを聴いて何人か泣くんじゃないですかね? 俺は最後の弾き語りメドレーで泣きましたよ(笑)。

リリース後には8カ月連続主催ライヴ、そしてタイトルにも掲げた8月8日の渋谷CLUB QUATTROワンマン『BEST ALBUMリリース記念・アラ天仲間大集合!8ヶ月連続主催Tour final「Welcome to アラテ部。」』を予定していますね。

タナカ
今、イープラスが4枚売れていて(笑)。でも、手売りチケットが50枚売れていて、合わせて54枚なんで、渋谷CLUB QUATTROに神輿を持って行けるくらいのスペースがあるんです。それを埋めるためにもっと面白いことをやって、アラ天に知ってる人みんなを連れて行きたいですね。どうなっても面白いし、全部楽しみですけど、どっちかって言うと怖いです。つまり“QUATTRO怖い”。でも、いっぱいCD買ってくれた人もおるし、毎回ライヴ来てくれる人もおるし、遠くて来れない人も、興味あるって人もみんなアラテ部だ! 偉い人から今ひとつ不評な俺たちだけど、放課後スタイル貫いていくから、全力で参加して全力で応援してくれ! 言いたいことはひとつだけ! アラテ部、いつもありがとう!

取材:高良美咲

アルバム『「Welcome to アラテ部。 2017-2018」~目指せ!2019年8月8日、QUATTROワンマン!500人来ないとローン地獄!~』2018年12月12日発売 Low-Fi Records
    • LFRR-0010
    • ¥500(税抜)
アラウンドザ天竺 プロフィール

アラウンドザテンジク:前身バンドを経て2017年2月始動。バンド名は公募から決定。7月にミニアルバム『タイトルなんでもいい』、18年3月に小日向結衣とのコラボシングル「男男男子」を発表。12月に初のベストアルバムをリリース、19年8月には渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライヴを予定している。アラウンドザ天竺 オフィシャルHP

L→R ジョン・カッター(4弦と高い叫びと色んな声)、ロンドンタナカ(歌と6弦)、ガワ(雑用)、アラウンドザ長老(上手い方の8弦)
アルバム『「Welcome to アラテ部。 2017-2018」~目指せ!2019年8月8日、QUATTROワンマン!500人来ないとローン地獄!~』

「男男男子」MV

「チャージは恥だが役に立つ」MV

「ヤバイ、新聞屋さん。」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」